THREE COLORS

3色の86画像を並べて掲載してみました。3カラーの共通点はSACHS(ZF&ZF-RE)ダンパー。

ASM 86 SACHS ザックス ドレクセラーオートバックスモータースポーツASMさんの86。いよいよオリジナルZFレースエンジニアリング社製SACHSレーシングダンパーキットのリリースと聞いております。待っていらっしゃる方、、いよいよですね!この赤い86、以前インプレッションを書かせて頂きまして”誰もが感じているけど言葉(文字)にはしなかったASMパッケージの秘密(かもしれない?)”がご覧いただけますので、是非復習しておいてください↓※ASM-86のタイトルをクリックでリンクオープンします。

ASM-86

86 ザッカー SACHS ザックス赤の次は黄色っ!お馴染み交通タイムス社XaCAR別冊86&BRZマガジンさんのデモカーっ!発売前からSACHS純正ダンパーをテスト装着していたマシンです。で、イベント当日”タイムスのケンさん”こと、広告部の高橋さんとお会いできまして、次号の広告とページ指定まで完了!引き続き宜しくお願い申し上げます。

86 ブルー限定車 SACHS ザックス青。信号のイメージだったんです。こちらもSACHSダンパー標準搭載の限定車。46M3とほぼ同じ発色の86。スピッツの”青い車”を聴くたび、これが欲しくなる夏の一日で日々精進

SUBARU BRZ

BRZ STI CONCEPT2018-86スタイルウイズBRZネタが続きます。今回はBRZの方と86の方、駐車場が別れていたようで、BRZはメインスタンド裏イベント広場に静かに集合していらっしゃいました。で、久々コンセプトマシンを拝見しましてモロモロ考えてしまいました。発表当時の少し先を見越した造形が既に風化している風に見えて元のカタチに追加造形(面&アール構成と質量)する難しさを体感。賞味期限が永い、いつまでも格好よく、もしくは違和感なく普通に見える仕立ては出来るだけシンプルに、創りての感情を抑えて(100の想いを30%に凝縮する感じ)選んで研ぎ澄ます事が大事なのかもしれません。個人的感覚です。

BRZお台場広場の蒼い軍団(BRZ群馬産の群馬車を選択)の皆様に感謝!日々精進

TOYOTA GR BOOTH

86 TOYOTA GR RACING 7月末日にも関らず、朝からブログを書き込む余裕があります。つまりご請求書発行件数が少ない月でした。気持はまだ頑張る(粘って売上を伸ばす)と言ってますので、サササと書き込みますね。<これも日々の仕込みの一つ、、。

GRMN86 GR86 GR-SPORTS86左からGRMN86 , GR86 ,  GR-SPORTS86。簡単に説明すると左手前から奥に向かい買いやすい車両となっております。手前GRMN86は既に販売終了。現在の中古車流通価格は680-650万前後かと思われます。真ん中&奥の車両は共にSACHSダンパー純正装備の素敵な仕立てですのでオススメの逸品です。

GRMN86 GR86 RAYS WHEELSGRMN86&GR86に採用されている純正ホイール拡大図。製造メーカーはレイズさん、フル鍛造もしくはフォローフォーミング製法の7.5&8.5の17インチセット販売(GRパーツとして販売中)。7.5+8.5のリム幅と特殊なインセットで同じようなサイズで社外品を探す事が難しい現状です。リム幅を8+9に変えれば比較的入手しやすいですが、タイヤの面圧変化もありますので、ナカナカ。弊社の試乗車86も前後セットアップの変更を考えておりまして、基準となるのはやはりこのサイズです。先日乗ったGR86のリアタイヤ(ミシュランPS4-235/45-17)、ワイズもそーなのですが、外径を大きく取る事の恩恵はイロイロ感じました。リアスタビ位置をブルーエリアさんのパーツで改善した弊社86であれば、その効果は更に上がりそうな、、全てはSACHS車高調整ことザックスパフォーマンスコイルオーバーサスペンションセットを売り続ける(継続して同じ製品を販売する)地道な努力の一つです。で、話は画像に戻りまして、ご覧の通りナット座面は平面です。VIA+JWLの認証よりもトヨタ純正基準の方が厳しいのかもしれませんね。日々精進

マルマンモーターズさんの86

マックス織戸 エアロ 86 うしくん マルマンモーターズ まんねんさん86&BRZ方面の皆さんには説明不要のマルマンモーターズさんのデモカー86っ!MAX織戸選手デザインのボディキットを装備してのブース展示でした。はっきりいいまして本家MAX織戸さんブースより全然目立ってまして、それもそのはずマルマンモーターズのまんねん社長のカリスマパワー(又はフェロモンなのか?)で皆を引き寄せられて来る感じです、、、。輸入車方面の方々は「、、、汗。」かもしれませんのでドイツ車方面の方に解りやすく説明すると、この”うしくん柄の86”は、ニュル24常勝チーム”HARIBO(くまが目印の黒くて速いPorscheやAMG)”的なアレ(とんでもない高性能を可愛さで隠す)と考えておいて下さいっ。Everyone in the FT86 Forum ! 86’s charisma “Maruman Motors” is the New version ! (Design of MAX Orido san  Body-kit installation)

マックス織戸 エアロ 86 うしくん マルマンモーターズ まんねんさんマックス織戸 エアロ 86 うしくん マルマンモーターズ まんねんさんマックス織戸 エアロ 86 うしくん マルマンモーターズ まんねんさんマックス織戸 エアロ 86 うしくん マルマンモーターズ まんねんさんまんねん社長様に感謝!大先輩の仕立てを見習いつつ、日々精進。

2018 FUJI 86STYLE WITH BRZ 視察

FUJI 86STYLE BRZ 2018 富士スピードウエイ 86イベント WERNHER ヴェルナー今年も参加ではなく視察となりました。富士スピードウエイ、86STYLE with BRZイベント。曇天>大雨>晴天の一日、皆様ご苦労様でした。これが終われば今度の日曜日、ネッツ東埼玉ブルーエリア店さんでのドライヴィジョンECU施工&モロモロ体感試乗会です!引き続き宜しくお願い申し上げます。

FUJI 86STYLE BRZ 2018 富士スピードウエイ 86イベント WERNHER ヴェルナー今年のダイジェスト版として、下記スライダーに画像をまとめました。詳細アレコレは随時掲載して参ります。最下部には昨年2017年のイベント風景のリンクを付けましたので、再確認してみて下さいね。

  • FUJI 86STYLE BRZ 2018 富士スピードウエイ 86イベント WERNHER ヴェルナー

2017 FUJI 86STYLE WITH BRZ 視察

KLAMPER-PAUL

paul2 WERNHER 釣りの道具(リール)にも見えそうですが、自転車の部品です。シングルスピード用チェーンテンショナーかな?最初に見た時はそう思いました。で、テンショナーではなくディスクブレーキ用機械式キャリパーだと判明して”凄い!”と思いました。自転車の部品(比較的詳しいです)を見て、この歳になって形から性能が判断できない製品があった事も嬉しく、自転車市場の臨界飽和説を覆す”逸品”と感じます。多くは売れないかもしれない、、けどその方向性の趣味人にターゲットを絞った造型+ファンクション+実性能は私のお手本になりました。クルマのパーツもまだまだ創造の余地はありそうですね。

paul WERNHER ポール社製、クランパー展開図。クランパー機械式(ワイヤー引き)キャリパーの利点はイージーメンテナンス性能でインアウト両方のパッドクリアランスも手動調整可能。フルードによる各パーツの腐食劣化も皆無。リムを挟んで止める全てのブレーキに求められる造形は、フレームに沿うようシンプルにデザインされています。対するディスクブレーキは車体の片方(主に左側)に装着され、非対称における”ある程度の存在感(質量)”があった方が格好いい。と個人的に思ってますので、そこに”コレ(PAUL-KLAMPER)”を装備したい>このパーツに似合うフレームが欲しい>クルマ選びも先ずパーツから、、そーゆー流れで引き続きお願い申し上げますw で、展開図面の各パーツにおけるアールの取り方(曲面構成)を見ていて、なんとなくaFe(アドバンスフローエンジニアリング)社のデザインに似ている感じを受けました。ヨーロッパとは違う、アメリカ特有”グラマーな線”を持つデザインですね。aFe詳細は↓日々精進

aFe TAKEDA MOMENTUM

 

試乗車86近況

ヴェルナー トヨタ86 SACHS ザックス サスペンション弊社ヴェルナーでは、目下法人決算報告書(青色)製作の真っ最中で数字と電卓とサクサク記載しつつ、はっ!と、気が付けば”注文の電話もメールも全然ナイ(汗)”のであります。ま、弊社製品は全て趣味の買い物ですので、これだけ暑いとクルマに乗り込む事すらアレですので仕方ありません。雇用者時代は常に「売れないのは営業が悪い!」説で責められ続けられましたが、経営者になった今「売れないのは買わないから。誰が悪い訳でもない」とあきらめつつ、仕事(市場)の潮時と、自分の熱量を図りながら淡々と熱風の荒野を行く感じを楽しんでおります。全ての納税を毎年終戦記念日までに納めて、次は次号XaCAR誌別冊86&BRZマガジンの単独広告作成。電卓を打ち数字を追う思考野も、どんな広告にするのかイメージする思考野も私の場合ほとんど同じ領域にあるような気がして、つまり見えない(考えつかない)モノをカタチにすることは出来ないので実体験の経験値(年の功とも言うw)、決算報告書で言うバランスシート(貸借対照表)のような感じです。さて、本題の試乗車86の近況でありますが、、フロントウインドが飛び石でひび割れましてガラスの交換と。作業工期を考えても29日の富士86&BRZイベントに乗って行くことは不可能です、、現場には向かいますので各位宜しくお願い申し上げます。29日の翌週日曜日、8月5日ドライヴィジョンECU施工&SACHS車高調整併せた体感試乗会には間に合わせますのでどうぞ宜しくお願い申し上げます!(詳細は下記ご参照願います)話は86に戻りまして、タイヤサイズの見直し案がだいたいまとまりました。先日キッチリ管理されたGR86(実は広報車)を運転させて頂きリアの235/45-17(ミシュランPS4)を体感。タイヤ外径を大きくした恩恵と、ワイズ235の旋回負荷(面圧変化の感覚)にも納得。日々精進

DRIVISION ECU 体感&施工会

UP-GTI & 86

COX UP-GTI 86 SACHS WERNHERドイツ民芸の神髄、、正式名は?ですがフェルトの帽子。スナフキンがドイツ民族だった証とも考察します。タイトルのGTI、、ゴルフではなくUP(アップ)GTIと86に関して少々。ゴルフ1GTIの再来と呼ばれるUP-GTI、一方AE86の再来が現86?その再来までの期間どちらも25年。

COX UP-GTI 86 SACHS WERNHER富士の帰りに秦野中井のCOXさんに訪問。COXさん敷地となりに建設中のTRD新社屋工事進行状況をお伺いしつつ、今ワーゲンのスポーツモデルにおける最も熱いUP-GTIのパーツ開発現場で打ち合わせさせて頂きました。皆さんご存知の通り、現ワーゲンチューニングの主軸はGOLF-R(7R&7.5R)で350PS越えの動力&応力制御+質量(クルマの重さ大きさ)ですので気軽さは全くありません。もはやポルシェ、、それもそのはずでRの仕立てはワーゲングループのポルシェヴァイスアッハ(中央研究開発)ですからそー言ったクルマが気負いに感じる方向けのライトウエイトスポーツがUP-GTIだと私は考えております。5ナンバー+6速マニュアルトランスミッション+軽い車体+3枚ドア+3発ターボ110ps+電子制御の介在が少ない、、そしてなにより純正SACHSダンパー搭載。合理的な道具感がワーゲン最大の魅力ではありますが、UP-GTIには道具でくくれない魅力があるように感じます。身の丈感と言う意味では86&BRZに通じる”日常生活の溶け込むスポーツカー”のイメージです。COXさんでのパーツ開発が楽しみですね。

COX UP-GTI 86 SACHS WERNHER刈谷アネブルさんにてオーバーホール済のSACHSパフォーマンスコイルオーバーのチェックとIRPシフターファンクションの確認しして頂きまして、モロモロOK頂きました。

COX UP-GTI 86 SACHS WERNHERIRPシフターを装着した際のステアリング>シフトノブ位置の参考に。ステア左手10時付近に近くなったシフトノブ(IRPシフターはノブとシャフトがジュラルミンの一体成型)の恩恵は様々です。モデルCOXカスタマーセンター佐藤さん。ありがとーございます!

COX UP-GTI 86 SACHS WERNHER別件、試乗車86、、飛び石でフロントウインドがひび割れました。29日の富士に86で行けない可能性がありますが関係各位宜しくお願い申し上げます。ヒビ精進?

GO MOUNTAIN ! 2018

GO MOUNTAIN 2018 伊香保空冷ワーゲンが得意なゴーモーターサービスさん主催、ゴーマウンテン2018視察。フラットフォー(水平対向4気筒)つながりで86も置いていいような気がしましたが、それはまた別の機会に。伊香保運動公園広場、ラリー時のパルクフェルメでありまして、群馬県はクルマのイベントに寛容であります。で、当時(昨日午前10時前)の外気温40℃超え、、カメラが誤作動する程の暑さの中、皆様ご苦労様でした。日々精進

  • GO MOUNTAIN 2018 伊香保