カテゴリー別アーカイブ: 8BIT

GRガレージさいたま中央店、試乗会のご案内

GRガレージさいたま中央店GRガレージさいたま中央店さんでの試乗会日程が決まりました!来月6月9日、日曜日のワンデイで朝から晩まで張り付きで常駐致しますので、助手席同乗走行でザックスパフォーマンスコイルオーバーサスペンションセットや、ドライビジョンECUの動力性能を体感できると思います。ドライビジョンECUの実施工会は7月21日に開催致しますので、早期のご予約、ご質問等ございましたらGRガレージさいたま中央店、高木さん宛てにお問い合わせ頂ければ幸いです。

GRガレージさいたま中央店一応弊社ホームページスライダーにもダイレクトリンクバナーを張りました。リンク先は下記同様です。ザックス、ドライビジョンECUの他、ドイツDTE社製スロコンPPT-GEN4のお試し等も企画中です。インディケーターメーターkit、パワーフレックス、CPMロアブレース、P3マルチゲージ、タケダモメンタムエアクリーナー(在庫わずか)、パーソナル診断機8BITのデモンストレーションも可能。またまたA90スープラチューニングの早期ご相談も私の守備範囲なので皆様どうぞよろしくお願い申し上げます!あ!86&BRZ用ザックスパフォーマンスコイルオーバーサスペンションセットの国内在庫ラスト1台はココ(GRガレージさいたま中央店)にあります。 日々精進

SACHS86体感試乗会

8BITでフォルト消込み

警告灯 消す 86 BRZ パーソナル診断機 8BIT 8ビット86デモカーメンテ強化月間でありまして、先月はネッツ東埼玉ブルーエリアさんにてスパークプラグとバッテリーの交換が完了。試乗会シーズンイン直前ですので静かに押せ押せです。今回はメーターの掃除とアウターリングの粘着力が弱った両面テープの交換。画像は完成図。

警告灯 消す 86 BRZ パーソナル診断機 8BIT 8ビットで、クリアパネルの内側も静電&曇り防止材を塗って組み込み完了>カプラーをつないでダッシュボードに収めエンジン始動、、エンジンチェックランプ点灯(画像黄色パイロットランプ/E.CHECK)。このまま乗り続ければ警告灯は消えますが、ECUに記憶されたフォルト(警告)は消さない限り残ります。故障の原因になるような事ではないのですが、個人的に気持ちが良くないので消込み作業を開始。物理的作業が完成しても”ECUに直しました!”の申告をしないといけないのが現OBD世代。「面倒だよね」なんて言ってられないのが約半年後から始まるパーツ同士の通信システム。交換したパーツと付随するパーツ&ECUが勝手に通信して相互認識出来れば作業完了。で、認識できない場合を考えると社外品パーツ(通信システム未対応)だからって事が考えられます。国産車への導入は当分後でしょうが、ドイツ車の一部はディーラーの設備(通信環境)の強化真っ最中だそうです。時代ですね。

警告灯 消す 86 BRZ パーソナル診断機 8BIT 8ビット話は現OBDに戻りましてフォルトチェックの図。株式会社ヴェルナーが自信を持ってオススメする”86&GRMN86,BRZ用パーソナル診断機8BIT(エイトビット>命名ヴェルナー東海林)を86のステアリングコラム左下のOBDポートに差し込み8BITを起動。車両選択で86&BRZとGRMN86の2つのECU選択が出まして86を選び出た画面がこちらです。項目の全自己診断をタップすると自動で全てのチェックが始まりフォルトを検出します。

警告灯 消す 86 BRZ パーソナル診断機 8BIT 8ビット診断結果です。エンジン-1 DTC、エンジン関連に1つのフォルトアリと出ます。OK項目はフォルトありません。健全です。と言う表示です。

警告灯 消す 86 BRZ パーソナル診断機 8BIT 8ビット警告灯の意味を確認したく、故障コードの読み取りを選択。

警告灯 消す 86 BRZ パーソナル診断機 8BIT 8ビット故障詳細。U0155/メーターECU通信異常。メーターを外した結果です。因みにフォルト(故障)コードと、その内容は100%ディーラー診断機と同じです。

警告灯 消す 86 BRZ パーソナル診断機 8BIT 8ビット故障内容を確認しましたし、物理的に直した(メーターを付け直した)のでフォルトを消します。自己診断の消去>実行。

警告灯 消す 86 BRZ パーソナル診断機 8BIT 8ビット再びエンジン始動。チェックランプは消えました(ECUに記憶されたフォルトが消えました)。これで作業終了っ!8BIT便利ですよ。

警告灯 消す 86 BRZ パーソナル診断機 8BIT 8ビット診断ついでにエンジンのご機嫌伺いも。エンジンはアイドリング回転中でして、見る人が見れば「え?違う!謎!何コレ?」みたいな驚きがあるかもしれませんね。ドライヴィジョンECUは確実にプログラム補正(チューニング)を行い環境性能と運転する楽しさを両立しつつ、使い手(私)もプログラムと良い関係である、、と言う証拠の断面? パーソナル診断機8BIT製品詳細は下記↓リンクご参照願います。前もってご連絡頂ければ3/10GRミーティングでのお渡しも可能です。  日々精進

8B-IT

8BITでリアルタイムモニタリング

8BIT WERNHER上画像(トヨタさんオートサロンの展示品)はイメージとして掲載。メイドインUSAのP3マルチゲージが一時受注中止となりまして、モロモロ考えコレ(上手法)も、ありかなと。8BITを使いタブレット端末を追加モニターとして、走行中に車両データを”チラ見で確認”。FA20の4発各気筒を常時モニタリングも可能です。その行為に意味があるのか?って大多数のご意見もございますでしょうが、意味は自分の中にある趣味行為ですのでご安心を。8BIT本来の目的は100%ディーラー診断とマッチする(項目と言語)パーソナルな診断機です。フォルトのチェックや消込み、例えばメーターケースを外した、ステアリングを外した、物理的に作業が完了しても、その作業自体のフォルトはECUに記録されます。その際のフォルトを8BITを使って”直しましたよ”と、チェック>消込み完了となります。趣味の常時モニタリングで得られる事を私的に考えてみました。1)何かやってる開発車両風に見られる。2)怪しまれる、内容を説明しても理解されないでしょうから引かれる。3)MFゴーストを越える濃いクルマとの関係性を構築出来る。4)ブログのネタが増えるw こんな感じです。製品詳細は下記↓ご参照願います!業販歓迎!通販歓迎!で日々精進

8B-IT

 

TGRF2018ご案内

TGRF WERNHERトヨタガズーレーシングフェスティバル2018のご案内、、と言っても弊社の出展は無く、お取引先様”ネッツ東埼玉ブルーエリア店”さんの告知後方支援的なご案内です。ブルーエリア店各オリジナルパーツ&主要取り扱い製品の一部が特別価格(詳細は現地にて確認して下さい)!またほぼ完売(予約済み?)の14R60専用SACHSレーシングダンパーの増産も予定しておりますので、14R60オーナー皆さんも宜しくお願い申し上げます。また弊社独占販売中の86&BRZ&14R&GR86用SACHSパフォーマンスコイルオーバー(減衰調整式+車高調整)サスペンションセットもブルーエリア店さん在庫ラスト1+弊社在庫ラスト1となりました。で、当日の私は午前中にハンズトレーディングさんのカメラ班で甲府近辺に朝から>昼前に甲府を出て”佐の川”で定食>富士入りしますので宜しくお願い申し上げます。更に画像の説明、昨年の富士で撮影したアルミコンテナの中身はTS050一式です。レースよりロジスティクス&裏方方面に萌える方向けです。 日々精進  ↓お知らせ、ネッツ東埼玉ブルーエリア店オリジナルパーツの一部が弊社でも取り扱い可能となります。製品ページ完成後に再度ご案内申し上げます。

BLUE AREA ORIGINAL PARTS

8BIT

8BIT 86&BRZ 診断機 ヴェルナー86(TRD14R/14R60)&GRMN86&BRZ専用パーソナル診断機8BIT(エイトビット)が発売元アトラクションさんで未だ絶好調らしく、弊社も在庫分を頑張ってうらなくてわっ!と、思い画像を掲載。弊社のブログ記事で商品を確認して通販で買う>それも代理店(製品を広める)の役目でありますので仕方ないのですが、今月弊社が決算で”在庫品を売りたい症候群”。その一環として8BITの数量限定&期間限定(今月末まで)のモニタープライスを決行致します。勿論販売店皆様には更なる特別仕切りをご用意致しますので、お取組みのご検討を頂ければ幸いです。モニタープライス応募条件は下記ご参照↓

8BIT 86&BRZ 診断機 ヴェルナー

■8BIT、ヴェルナー限定”モニタープライス”のご提案(数量&期間限定)

■竹コース>税込み&送料込み¥32,000-(通常税込み価格¥35,640-+送料)>御礼終了!

■松コース>ご自身のブログ&ソーシャルネットワークにて8BIT使用記事を掲載して頂く事で、上記”竹コース”ディスカウントから更に割引っ!>御礼終了!

お申し込みお問い合わせは>8BITモニターに関して株式会社ヴェルナーにメール。

勿論業販も頑張りますので、販社皆様も宜しくお願い申し上げます。日々精進↓製品詳細

8B-IT

性能実証機

86 ヴェルナー wernher sachs毎度お馴染み”弊社の性能実証機”ことY氏の86。下面翼効果TRDスワンネックウイングを装備して外装をリファイン。ARMAモノブロックブレーキ、クランクプーリー、OBD診断機、2セットのSACHSパフォーマンスコイルオーバーサスペンションと弊社製品を装着して頂いておりまして、つまり弊社のVIPクライアントさんであります。Y氏曰く「ショージ君、もう買うモノ無いのかな?」と言われる度に”では弊社ヴェルナーのBS(非公開普通社債)等如何でしょうか?”と、進言してしまいそうな私が居ます(汗、、冗談です)。で、Y氏とY氏の86における性能実証は今後も続くのでありますが、目下の共通の話題は100%BMW製90スープラをどうするのか?で、あります。F80M3乗り(勿論SACHSパフォーマンスコイルオーバー装着)でもあるY氏は”両方を身銭を切って熟知した”私の良き理解者ですので90スープラの時は開発に参加して頂く事になるかもしれませんっ!その際は引き続きご指導宜しくお願い申し上げます!

86 ヴェルナー wernher sachs実証機のモディファイはドンドン続きまして、現在ARMA製モノブロックブレーキキットのリフレッシュを兼ねた前後フローティングローター化と、2セットご購入頂いたSACHSパフォーマンスコイルオーバーの1セットを減衰変更してピロアッパー化して装備したアイバッハERSのレートを変更するご相談を頂いております。Y氏の86に搭載されているアイバッハERSの前後スプリングレート、、、今仕立てている中央発條SFCスプリングのレートにとても近いんです。Y氏とメンテ主治医のGRコンサルタント橋本さん(GR-Garage豊田元町店)から聞いた”好印象のインプレッション”が記憶にあったのか?私の出した希望レートと、サイドフォース設計者のアネブル蘇武さんの意見が合致して静かに最終テスト中です。で、純正形状(純正アッパーマウント対応)じゃなく、ピロ化が希望の方々の製品はコチラ↓ 日々精進

SACHS P-Coilover Option Parts

パーソナル診断機 8BIT

OBD診断機 86 BRZ 14R 14R60 GR86 GRMN86 ヴェルナー「全然知名度がないからもっと宣伝しないとダメです!」とご指導を受けて再度宣伝ブログに掲載。私が手に持つ小さい白い筐体は誰がどう見てもアイコス、、じゃなくパーソナル診断機”8Bit(エイトビット命名>私)”で、発売元は前職の後輩の会社”株式会社アトラクション(命名>私)”さんの凄い製品です。何が凄いのか?、、それは”完全専用品”と言う事で、言語と全ての表示がディーラー診断機と全く同じで、つまり同じ(トヨタ86&スバルBRZダイアグノスに100%マッチ)です。、、ここまで書くと危険な匂いに感じますが、正規にデータを購入して製品化しておりますので、ご安心下さい。

OBD診断機 86 BRZ 14R 14R60 GR86 GRMN86 ヴェルナー使い方は至って簡単。製品に付属の取り扱い説明書通りにアプリをダウンロード(タブレットにインストール)。完了後にココの位置(ステアリングコラム下のOBDポート)に8Bitを差し込みソフトを起動するだけでOK。

OBD診断機 86 BRZ 14R 14R60 GR86 GRMN86 ヴェルナー車両選択!弊社デモカー86はGRMN86の要素プログラムがインストールされておりますので、もしかしたらGRMN86を選択して見れるかな?とトライしましたが認識しませんでした。86を選択して自動診断開始!で、横浜のASMさんから「バタフライ位置のゼロ補正出来ますか?」と聞かれて調べましたが、この8Bitでは不可能でした。他の手法(主にツールを使わずECUのヒューズを抜いて数分放置>初期化>ただしECU表面階層にある自己学習用域が全てクリアになりますのでご注意を!)で試してみて下さい。バタフライ内部の洗浄も忘れずに!

OBD診断機 86 BRZ 14R 14R60 GR86 GRMN86 ヴェルナーざっくり、モロモロ見れます。勿論診断も出来ます。汎用診断機の方が使いやすい。と言うご意見はごもっともでありますが、この8Bitはそもそもパーソナルユース(86&BRZのユーザーさんが使う)として開発しました。ココに私も発売元アトラクションの野田君も未来、、と言いますか”今を感じて”販売を続けております。機械の言う事を聞ける喜びって書くと大げさかもしれませんが、愛車が今どういう状態なのか?8Bitで解ります。診断&確認が機械とのコミュニケーションとまで言いませんが、相互の理解には欠かせないツールだと思います。弊社在庫あります!通販も可能です!勿論業販も可能です!皆様宜しくお願い申し上げます。↓8Bit製品詳細 日々精進

8B-IT

GENESIS-2.0(PROTO)

アニョキング ドライヴィジョンECU 86 BRZ FA20 GENESIS ジェネシス86&BRZ用FA20ドライヴィジョンECU最新版のチェックを水面下で続けております。86&BRZ用ドライヴィジョンチューニングECUの現メインストリームであるV3とGENESIS。この2つのプログラムの開発経過にも携わり、数回のプログラム変更(マイナーチェンジ)を経た完成された製品があり、私もドライヴィジョン今市社長もコレが最高!と、そして各ユーザー皆様に評価されておりますので、再度の新規開発は必要ないんじゃないか?と、当初は考えておりました。しかし、開発の手を止めちゃダメだって事に気が付きまして、86に乗る度、全域の回転&フィール、アクセル開度指数モニタリング>8bitを使って各項目をチェックしております。目下チェック中のGENESIS-2.0に関してザックリ説明致しますと、製品版GENESISにGRMN86の要素をプラスしたって事のようです。皆さんご存知の通り、86&BRZとGRMN86のエンジンは全く別物でありECUも同じく違います。GRMN86の物理的チューニング要素、主に吸排気系(マニフォールド&エキマニ)をノーマルの86&BRZの数値に置き換え、高回転側のダイナミックなパワー感を追加した感じです。ドライヴィジョンECUエンジニアの馬先生が興奮気味に「GRMN86は凄い!新しいチューニングの側面が見えた!」とおっしゃって居たので従来手法プラスαのプログラムなんでしょう、、、詳細は聞いても理解できませんでした(スイマセン)。アイドリング時の音も変わり、エンジンオフ時の機械ノイズ(スロットルポジション強制戻し?)も何となく欧州車のスポーツカー風です。低回転でのリッチなトルク感とグイグイ前に進む感覚はそのままに、踏み続け3,400rpm辺りから”乗って来る感じ”が非常に気持ちいいですね。エンジン回転速度も前より少し早くなった気がします。その間の電子スロットル開度指数は踏んだ分開け続けるリニアタイプ(ノーマルは途中閉じ方向に動きます)です。リミッターまでの到達速度は、変わらない気がしますが、気持ちの良さ、ダイナミックなパワー感が演出されています。美味い言葉が見つからないのですが元のGENESISにエンターテイメント性wを追加したって感じですかね?GRMN86を乗っている方に是非ご試乗頂いて感想を聞きたいところであります。これが即製品になる訳ではありませんが、”次の一手”を常に考えスタンバイしている事は評価されてもいいと思いますし、なにより現ドライヴィジョンECUユーザー皆さんにとって、止まらないブランドである事がご理科頂ければ幸いです。ドライヴィジョンECUのご案内と、86&BRZとGRMN86専用OBD診断ツール8bitの製品詳細は下記ご参照願います。

FA20 ECU Tuning by Drivision

8B-IT

今年のハチロクは、

ヴェルナー 86 BRZ SACHS PERFORMANCE ザックスサスペンション IRPシフター今年の86方面の予定をざっくりとご案内致します!先ずは弊社のメイン商材でありますSACHS-Performance-Coiloverこと減衰調整式車高調整サスペンションセットの継続販売っ!相変わらず一本調子な感じでありますが、前期後期の86&BRZユーザーさんにアピールし続けて参ります。実装着から約3万キロを越えましたがダンパーはまだまだ大丈夫ですが、もしかしたら今シーズン中に一度オーバーホールしようかな?とも考えております。施工の際にはアネブルさんに訪問して密着取材します!”スーパーフォーミュラ用SACHSダンパーのオーバーホールを手掛けるエンジニアの86ダンパー施工風景”、、86SACHSのオーナーさんだったら見てみたい風景ですよね。基本撮影NGですが、オーバーホールで末永く使って頂ける製品です!のアピールをしたいので関係各位に企画書を出して検討してもらいます。また年末からの宿題となっていたドライヴィジョンECUのプロトタイプレポートと性能検証の為の数値をですねP3ゲージの表記をメモしておくよう心掛けます。そして017年末に予定しておりましたブルーエリア(ネッツトヨタ東埼玉)さんでの体感試乗会を今月末から来月早々にとブルーエリアの高木さんと相談してきました。今度は浦和美園店じゃありませんので皆様ご注意して下さいね!旧さいたま東店舗跡にブルーエリアさんが移動のようです!詳細決まりましたら再度ご案内申し上げますので宜しくお願い申し上げます。↓今なら即納在庫OKですっ。

SACHS Performance Coilover 86&BRZ

明日の富士TGRFに関してのご案内

TGRF 2017 86 BRZ ブルーエリア ヴェルナー明日の富士スピードウエイにて開催されるToyotaGazooRachingFestival(TGRF2017)に関してのご案内です。、、と言っても弊社は出展ではなくネッツトヨタ東埼玉ブルーエリアさん(イベントブースにて出展)の販促フォロー部隊であります。画像上のタグが凄い事になっておりますが、他にもまだまだ展示&商談&ご予約/ご購入可能な製品がございますよっ!先ず話題のGRMN86純正トランスミッションASSY(展示予定)&ミッション乗せ換えに伴うシフトインジケーターの補正も可能となりましたので迷う事無くオススメです(自社商品じゃないですが私も欲しいと、、)。英国パワーフレックス社のブッシュ、CPMブレース、ブルーエリアオリジナルチタンメンバーボルト、スタビブラケット等、お持ち帰り可能な商品もあります!試作中のタワーバー&リアブレース&新作の逸品もお見逃しなく!そしてブース前に展示される高木さんの14R60に装着してあるP3マルチゲージブルーエリアオリジナルブルーゲージ、IRPスポーツシフター(必見!)、14R60専用SACHSレーシングダンパーはシリアル番号001がオーナーさんを待っておりますっ!そして即納OKのSACHSパフォーマンスコイルオーバーも展示っ!あと限定5セットの16インチ対応4ポッドモノブロックブレーキkitアスリートエディションも展示です。と、まだまだありまして盛沢山でお待ちしております。また年内から年明けにかけてSACHSパフォーマンスコイルオーバーの試乗会とか、ECU施工&ミッション交換に伴うインジケーター補正会とかを検討中ですので、ご興味がある方は積極的に現場の高木さん、三好さんにお声がけ下さいっ!それとドライヴィジョンECUの施工会も組み合わせてご提案したいと思います。では明日皆様宜しくお願い申し上げます。日々精進