カテゴリー別アーカイブ: DIARY

5期目の御礼、並び夏季休暇ご案内

株式会社ヴェルナー wernher inc弊社株式会社ヴェルナーは5期目に突入致しました。皆様に感謝!今季の正念場を踏ん張り、6期目からの次のステップ”エピソードⅡ”に移行、、と、モロモロ構想はあるのですが、地の利、地に足をつけた商売を心がけて参ります。今週は夏季休暇となりますので、お休み明けから引き続きよろしくお願い申し上げます。 日々精進

法人税を納める準備

株式会社ヴェルナー昨日で4期目が終了。弊社製品をご購入下さった皆様に感謝!販売店様に感謝!取り次ぎさせて頂いているメーカー各位に感謝。本日から正念場の5期目がスタート致します。 日々精進

ツツジの選定

ツツジの選定年に数回、庭の石垣手前にあるツツジを短く選定。切り出しの浅間火山岩より少し低く高さを抑えるように刈込み状態を維持<庭を組んで下さった職人さんのアドバイス通り容赦なく刈り込みます。石垣とのクリアランスは私のセンスって感じで”きっちり仕上げる几帳面さをアピール”。今回もまたモニタを見続けて居る方向けのグリーンイズナイス画像。金属も草木も大地からの産物です。 日々精進

5月終了

ヴェルナー 2019年の5月が無事終了。200万近いバックオーダーを抱え来月以降に持ち越し故、出来高(月内売上)は厳しく。なかなか上手く行かないのが現実であります。こんなんでいいのかな?とモロモロ考えるのでありますが、先ずはお支払が出来た事でOKとします。今月も弊社をご利用下さいまして、ありがとうございました。画像は”空も飛べるはず”のPVカットで凄いなーと思う作品です。 日々精進

DIGITAL

DIGITAL VW今日の朝一番で父母から泣きながら電話があり、「弟(私の叔父)がなくなった。」と。親族で一番の出世者と母の自慢の弟でした。長年の闘病生活の傍ら、専門書の翻訳に積極的に取り組み”現役を離れても未だエンジニア”のあるべき姿勢を見せて下さいました。勿論、私が幼かった頃から憧れた存在でもあります。今こうしてインターネットを介し、テキストや画像を簡単に掲載する基礎を築いた1人であり、50年も前から電算の荒野を開拓し、パンチングシートや磁気テープを使いハードウエアとソフトウエアを開発、後にスティーブウォズニアックやスティーブジョブス、ビルゲイツ等のスキルを身につけるきっかけとなったパーソナルコンピューターも叔父の居た会社の製品で、今は無きデジタルでした。デジタル社の日本事務所設立が私の生まれた年1968年。その創業メンバー7名の内の1人が亡くなった私の叔父。パーソナルコンピューターがまだ無い時代、私が子供の頃に知るコンピューターはバビルの塔内に有る巨大な機械(アニメバビル2世)でありコンピューターイコール”何だか解らないけど凄い!格好いい!”の対象で、叔父のコンピューターの仕事も”超格好いい”と。バビル2世のコンピューター認識の次に私が本格的にコンピューターを意識したのが1982年の映画TRON(TRON1)で、作り話と解っていても、叔父の仕事の先にある出来事だと中学生時代に確信していました。この頃既に社内では電子メールが使えていたそうな、、その後叔父は本部長に就任、日本国内にそれ以上のポストが無かったのか?いよいよニューヨークへ栄転、、と言う矢先に病気で引退。直後9.11テロで勤務予定地のツインタワー崩壊。「同僚が何人も一瞬で命を失った、、。」と、後で聞きました。もっと話を聞きたかった。創成期からの仕事、AI、AISO存在の可能性、、全て聞けずに逝ってしまった。”自分で見極め、確かめろ。”と言う意味かもしれません。今は孤独なデジタルフロンティアを歩んだ叔父に、心から感謝と敬意を。長くなりましたが画像のワーゲンゴルフ、確かパイクスピークスヒルクライムのスペシャルマシンでツインエンジンだったと思います。スポンサーがスモールブルー(IBMがビッグブルーと呼ばれ、その対抗で命名)ロゴが輝かしいデジタル。もちろんこの話も聞けず仕舞いでしたが、デジタルとワーゲンを繋ぐ唯一のキーマンが私の知人”ジャーナリストの生方さん”。生方さんとはヘクトパスカル(VW専門誌ブリーズ編集部)時代からの知り合いで、前職がデジタル池袋サンシャイン勤務だったそうで、これも何かのご縁だと思いますし、最近ヒルクライムのツインエンジンゴルフもレストーションが完了したらしく、何時かマシンを取材しつつ、当時のデジタルにもフォーカスして頂ければ嬉しいです。 日々精進

第十二旅団創立六十八周年

第十二旅団創立六十八周年村の自衛隊こと第十二旅団の基地祭を観てきました。基地内の桜もご覧の通り満開で、良い花見が出来ました。

第十二旅団創立六十八周年釣り下げ系(空中機動)が日本で一番得意な訳でありまして、それ故第七空挺団の”虎の子部隊(実動部隊)”と呼ばれていたりします。

第十二旅団創立六十八周年久々の爆音と火薬の匂いに密かに興奮。

第十二旅団創立六十八周年基地内の様子、タイトル”カオス”。

第十二旅団創立六十八周年未だオリンパスズイコーレンズの使い方が解らず、、。

第十二旅団創立六十八周年お気に入りの一枚。

第十二旅団創立六十八周年五味太郎先生作”ヘリコプターたち”のイメージで一枚。

第十二旅団創立六十八周年金属構造に萌える方向け。

第十二旅団創立六十八周年滑走路の色がいい感じに出ました。ここら辺がズイコーレンズの味ですかね?

第十二旅団創立六十八周年地域密着型自衛隊。村民の皆さんに丁寧に装備説明。血税の無駄使いは見当たらない気がします。因みにこれは浄水機です。

第十二旅団創立六十八周年ハンガーとコントロールタワーと。

第十二旅団創立六十八周年幌の止め金具等、教材です。

第十二旅団創立六十八周年状況終了。小隊長大忙しの一日でありました。 平和を仕事にする。 自衛隊隊員皆様に感謝。ご来場下さった皆様の国防へのご理解に感謝申し上げます。 日々精進

で、未来よし。

東海林さだお たんま君 伊藤忠商事昨日の新聞、伊藤忠商事の全面広告。新元号”令和”発表前に新時代対応をアピールした素晴らしい広告と私は思います。東海林さだお先生作”永遠の平社員、たんま君”にも響きました。とんとん拍子に出世している島耕作より断然親近感がありますし、立ち位置を替えず、世間の流れ、時間の流れにアクティブに対応する姿勢が覚悟のある企業(伊藤忠商事)として格好良く思います。実は私、学生時代のバイトで青山本社ビルにほぼ毎日通っていた時期がありまして、好景気に沸くオフォス、ビシッと3ピーススーツを着込み、ジュラルミンのゼロハリバートンを抱え飛び回る社員皆さんが格好良く見え”商社は素敵な仕事場”と青春時代の刷り込みに至った訳であります。と、言ったような事を前職の後輩に淡々と言い聞かせ、給料日の日夕方銀座に出向き2人でゼロハリバートンアタッシュケースを購入しました。私はスリムな方を選び、後輩がワイドサイズを選択。ワイドサイズを選んだ後輩が現弊社の親方、株式会社ハンズトレーディング代表取締役川上社長であります。世の中が代わり、流通も変わりました。エンドトゥエンド(中間業者を介さないメーカーとユーザーの取引)がスタンダードとなりつつある今、上伊藤忠商事広告文言の通り、仕事を創造する事が中間業者(商社)の使命であり、取り扱いに関しては”三方良し(ユーザー、メーカー、変化する社会性)”が絶対条件、、、ひとり伊藤忠商事こと株式会社ヴェルナーは本日も日々精進。

岡崎夜景その2 小野印房本店付近

小野印房 株式会社ヴェルナーオリンパスズイコーをセットしたカメラを携え、深夜の岡崎商店街を”斜めに横切る孤独で危険な写真行為”の続き。あ!小野印房さん発見っ!確かに岡崎の名門でありますが、通りかかって偶然本店がありビックリ!

岡崎夜景 株式会社ヴェルナー小野印房さんの印鑑は商品としても取り扱わせて頂いてますし、なにより弊社株式会社ヴェルナーの会社印鑑一式が小野印房さん謹製でご縁を感じました。製品は下記リンクご参照願います。

小野印房

岡崎夜景 株式会社ヴェルナー岡崎夜景(危険で孤独な写真行為)続きです。緑青(ろくしょう)が美しい壁面にうっとり。

岡崎夜景 株式会社ヴェルナーバンクシーも少しはこの作品を見習って欲しい。シャッター芸術をシャッターに収め自己満足。可愛いっ。

岡崎夜景 株式会社ヴェルナーイトウスポーツ!看板のフォントも素敵。岡崎夜景終了。日々精進