カテゴリー別アーカイブ: DEFENDER

昔に見た新型

株式会社ヴェルナー ディフェンダー今回の台風で思い出した一枚の画像。撮影場所はドイツフランクフルトアムマインIAA会場。日本の残暑を抜け出し、ドライな秋を先取りする事が9月初旬のドイツ渡航唯一の楽しみでした。ドイツの水が私に合っているって事もあり、ぐだぐだしながら成田に向かい、エコノミーの12時間半をひたすら耐え、到着して荷物を待つ間の一服(アムマイン空港内バケッジクレームにキャメル印の喫煙所がありました)でくらくらしながらリモワを引きずり涼しい夕暮れと共に体がスッキリと!私、前世はドイツ人だったのかも?とモロモロ思い出します。そんな7-8年前のIAA会場に展示された一台がコチラ、International Federation of Red Cross and Red Crescent Societies仕様のディフェンダースタディモデル。洗練されつつもタフな道具感を感じさせる造形は流石の逸品で、そろそろ販売開始なのか?お蔵入りなのか?、、話は台風に戻りまして、この画像を撮影して数件の打ち合わせの後、再び機上の人となりドイツから一路日本へ。通常航路なら往路より2時間速い10時間で成田着ですが、当時の台風で成田着陸が出来ず千歳へ迂回-無事着陸>フランクフルトからここまでの時間13時間。千歳臨時税関で飛行機から降りられると考えてましたが甘かった。千歳機内待機6時間つまり缶詰です。台風をやり過ごし再び成田へ。合計20時間以上かかりました。千歳待機中、私含むエコノミー軍団へ”カニ飯弁当一つ”が配られまして、客室乗務員に投げつけたい感情を抑え泣きながら食べた記憶があります(笑)。午前3時半に本郷の実家に辿り着き、朝から本牧へ出勤。ご苦労様と打ち合わせの手応えもつかの間、数か月後にその企画が頓挫&担当辞任(SACHSブランドと全国BOSCHサービスセンター&販売店における国内販売流通の提携が頓挫)。昔の失敗を糧に日々精進

オトナの社会科見学

株式会社ヴェルナー ディフェンダーNATOにて運用されていた実車。ランドローバーミリタリー?名前を聞きましたが忘れてGoogle画像検索しましたが、出てくるのはミニチュアカーのみっ、、日本に1台、、本国英国でも希少なマシンである事は間違いありません。汗出ます。

株式会社ヴェルナー ディフェンダー続いて後ろ姿はこんな感じ。素敵過ぎです。

株式会社ヴェルナー ディフェンダーこちらは整備中のディフェンダー。素晴らしいグラフックと大胆な配色のステッカーに萌え萌えです。

株式会社ヴェルナー ディフェンダー英国的風景。

株式会社ヴェルナー ディフェンダースポーツカーもオフロードもその両極を極めた人間にとって、最後に辿り着くクルマはやはり英国製だと確信した次第であります。目下弊社ヴェルナーではディフェンダー用パーツ構成を明確にラインナップ(ダンパーとかクラッチとかパワーフレックスとか)して、その筋の趣味人皆様にご活用頂くべく準備しております。今回訪問させて頂きました専門店ツインランドの高松取締役店長様には大変お世話になりました。男は常にオーバークオリティと、自分の寿命より長く使えるであろうタフな性能に憧れを抱きます。忙しくて何処にも行けないけど、いざと言う時、道なき道を進む為の道具(ディフェンダー)を万全の整備状態で手元に置く行為。全てに憧れました。日々精進