カテゴリー別アーカイブ: POWERFLEX

QUEEN`S AWARDS

POWER FLEXSメイドインUKの逸品、パワーフレックススポーツブッシュ86&BRZ用デフマウント左側用の2タイプを並べてみました。左の黒い方、その名の通りBLACKシリーズと言いまして、硬度Aショア95を保持する高硬度。一方の黄色い方はパワーフレックスのベーシック製品で硬度は明確されておりませんが、推定純正比25-35%の硬度UPとなっております。取り付けは至って簡単、純正ブッシュに差し込んで完了!デフの動きを制御する事により、旋回時だけじゃなく、直進安定性と、デフから伸びる左右のドライブシャフトの回転運動もスムーズになりますので、ツーリング派ユーザーさんにもオススメです。

POWER FLEX 86&BRZ用パワーフレックスのリア廻り構成品は差し込みタイプが特に人気です。純正ブッシュの硬度を生かしてプラスアルファの”動きを抑える性能を追加”が可能。英国製ブライアンジェームストレーラー同様、英国クィーンズアワードを保持した逸品です。適合詳細は下記リンクご参照願います。あ!欧州車の取り扱いもございますので、ドイツ車の方々も宜しくお願い申し上げます。日々精進

POWER FLEX

GRガレージさいたま中央店、試乗会のご案内

GRガレージさいたま中央店GRガレージさいたま中央店さんでの試乗会日程が決まりました!来月6月9日、日曜日のワンデイで朝から晩まで張り付きで常駐致しますので、助手席同乗走行でザックスパフォーマンスコイルオーバーサスペンションセットや、ドライビジョンECUの動力性能を体感できると思います。ドライビジョンECUの実施工会は7月21日に開催致しますので、早期のご予約、ご質問等ございましたらGRガレージさいたま中央店、高木さん宛てにお問い合わせ頂ければ幸いです。

GRガレージさいたま中央店一応弊社ホームページスライダーにもダイレクトリンクバナーを張りました。リンク先は下記同様です。ザックス、ドライビジョンECUの他、ドイツDTE社製スロコンPPT-GEN4のお試し等も企画中です。インディケーターメーターkit、パワーフレックス、CPMロアブレース、P3マルチゲージ、タケダモメンタムエアクリーナー(在庫わずか)、パーソナル診断機8BITのデモンストレーションも可能。またまたA90スープラチューニングの早期ご相談も私の守備範囲なので皆様どうぞよろしくお願い申し上げます!あ!86&BRZ用ザックスパフォーマンスコイルオーバーサスペンションセットの国内在庫ラスト1台はココ(GRガレージさいたま中央店)にあります。 日々精進

SACHS86体感試乗会

UP GTI POWERFLEX

VW UP GTI WERNHER「フォルクスワーゲンアップGTIはスポーツカーなのか?」のこたえは”当然YES”。オール電化プラットフォームMBEがリリース直前のVW社にあって、このクルマが販売された事が奇跡のように感じます。電気化ゼロ+電子化はほんの少し(2世代前程度)3ペダルマニュアル6速トランスミッション、ライトウエイト性能、怒涛のトルク200N/mをアイドリング付近で発生。最先端性能を抑えた(控えた)ファンな組成はトヨタ86のFF版と言った感じです。お値段210万はお買い得ですよお客さん!と言う訳でありまして、ぼちぼちVW Up Gti用パーツのピックアップを開始致します。先ずはパワーフレックススポーツブッシュから。

POWER FLEX VW UP GTI WERNHERフロントセクション。

 

POWER FLEX VW UP GTI WERNHERリアセクション。 各VW専門店さんに詳細ご案内申し上げますので、お取組み頂ければ幸いです。 日々精進

POWER FLEX

MADE IN UK

86 BRZ パワーフレックス86&BRZデフマウント、リア側左右の図です。黄色いブッシュが英国クィーンズアワードを保持したパワーフレックスのプラグイン(純正ブッシュに差し込むだけで完了)式です。純正のブッシュを抜いて再度圧入する手間(サブフレームを下ろす作業)がないのでお手軽、、の割りには体感効果は絶大です。プロペラシャフトの回転軸をぶれずにしっかり保つ事でドライブシャフトの入力伝達もクリアに、直進安定性も向上します。で、左右で何故留め方が違うのか?プロペラシャフトの回転方向とデフギアに掛かる力の位置(ジャイロ応力は力の方向の45°先に向かう)から左側の方が負荷が高いって事かもですね。製品詳細は下記リンクご参照願います。差し込み(プラグイン)式のパワーフレックス表記は”IN”タイプとなっております。 日々精進

POWER FLEX

オトナの社会科見学

株式会社ヴェルナー ディフェンダーNATOにて運用されていた実車。ランドローバーミリタリー?名前を聞きましたが忘れてGoogle画像検索しましたが、出てくるのはミニチュアカーのみっ、、日本に1台、、本国英国でも希少なマシンである事は間違いありません。汗出ます。

株式会社ヴェルナー ディフェンダー続いて後ろ姿はこんな感じ。素敵過ぎです。

株式会社ヴェルナー ディフェンダーこちらは整備中のディフェンダー。素晴らしいグラフックと大胆な配色のステッカーに萌え萌えです。

株式会社ヴェルナー ディフェンダー英国的風景。

株式会社ヴェルナー ディフェンダースポーツカーもオフロードもその両極を極めた人間にとって、最後に辿り着くクルマはやはり英国製だと確信した次第であります。目下弊社ヴェルナーではディフェンダー用パーツ構成を明確にラインナップ(ダンパーとかクラッチとかパワーフレックスとか)して、その筋の趣味人皆様にご活用頂くべく準備しております。今回訪問させて頂きました専門店ツインランドの高松取締役店長様には大変お世話になりました。男は常にオーバークオリティと、自分の寿命より長く使えるであろうタフな性能に憧れを抱きます。忙しくて何処にも行けないけど、いざと言う時、道なき道を進む為の道具(ディフェンダー)を万全の整備状態で手元に置く行為。全てに憧れました。日々精進

買占め御礼

POWER FLEX 86 BRZ WERNHER ヴェルナー先月6月が決算月の株式会社ヴェルナーでありまして、末の末、、実は今もバタバタやっております。売上と決算用の貸借対照表(BS)を見ながらと、我ながら慣れて来た感じで決算報告書の準備も同時進行です。で、在庫の86&BRZ用パワーフレックス全部、買い占めて頂きました。ネッツトヨタ東埼玉ブルーエリア店さんに感謝っ!と言う訳でありまして、お買い求めはブルーエリア店さんまでお願い申し上げます。日々精進

あ!ブルーエリア店さんWEBページが移行しておりますので、こちら>ブルーエリア-ウエブショップでお願い申し上げます。

POWER FLEX

POWERFLEX G-SERIES/BLACK

86 BRZ POWERFLEX G BLACK硬度ショアA95、英国パワーフレックスブラックのGシリーズ(エキセントリック式)サスペンションブッシュです。レースレギュレーション範囲内の最大効果を狙いつつ、クライアントさんからご注文頂いた製品です。飛び道具的な質感が私もお気に入り。メイドインUKで女王陛下認証のロイヤルアワードを保持した逸品です。

86 BRZ POWERFLEX G BLACK今回クライアントさんの86にセットする片側一式。左上からフロントロワアーム前側>フロントロワアーム後側>リアロワアーム前側>リアロワアーム後側。各ブッシュの調整範囲は+-1°取れます。製品詳細は下記↓ご参照下さい。日々精進

POWER FLEX

POWERFLEX+GRMN-PARTS

ブルーエリア BLUE AREA POWERFLEX 86 GRMN 86&BRZのリアサスペンションは、ざっくり4本のアームを介してボディとホイルキャリア(ナックルアーム)を結合したマルチリンク式。配置された各アームのスキマにダンバー&スプリングが縦に配置され、トップ(車体側)とボトム(メインロワアーム)に懸架されています。サスペンション構造でこの”懸架と言う言葉”を初めて採用した人は凄いなー”と思う訳でありまして、つまり”吊るされている状態”を理解出来る人はダンパーのどの部分が固定されて、どの部分が常時可動なのか?これが瞬時に理解出来る人は倒立式ダンパー(86&BRZ用SACHSパフォーマンスコイルオーバーは前後倒立)の優位性も解るはず!と一人納得して本題に入ります。上記画像左のアームがGRMN86純正品でご覧の通りピロボール化されたGRMNスペシャル。このアームを搭載するに辺り、アッパーアームを除く各アームジョイントの硬度を合わせて気持ち良く86を動かしましょう!と言うのが毎度おなじみネッツトヨタ東埼玉ブルーエリアさんからの提案です。GRMN86用パーツ転用は大物はトランスミッションAssyから小物は様々で、輸入車方面の方々に解りやすく説明するとですね、素のBMWにMのパーツ、もしくはモータースポーツパーツを組み込むって感じです。

ブルーエリア BLUE AREA POWERFLEX 86 GRMN 左>GRMN86専用パーツピロボールコントロールアーム。中央>前側ロワアーム&パワーフレックスブラックシリーズブッシュ圧入。右>後ろ側メインロワアーム&パワーフレックスブラックシリーズブッシュ圧入。ブラックシリーズのパワーフレックスはショアA95の硬度を保持しております。デルリン(ジュラコン)よりも柔らかく、ほぼゴルフボールと同等の硬さでピロ硬度とのバランス化を図ったセットアップになりました。

ブルーエリア BLUE AREA POWERFLEX 86 GRMN 製品詳細(価格&取り付け作業等)はネッツトヨタ東埼玉ブルーエリアさんにお問い合わせしてみて下さいねっ。電話:048-885-1016 担当 高木さん宛てでお願い申し上げます! 製品の詳細はコチラから↓。今回搭載したパーツは図中⑥と⑨です。

POWER FLEX

仕事納め

ヴェルナー wernher先ほど今年最後の入荷貨物を無事引き取りました。一件は刈谷のアネブルさんからのパワーフレックス相当数。そしてもう一件はリトアニアのIRP社からシフターの入荷、、、あと数日早かったら嬉しかったのですが、発送は来年に持ち越しです。お待ち頂いている皆様、初荷の準備を致しますので宜しくお願い申し上げます!と言う訳でありまして、本日を2017年の仕事納めと致します。一人親方株式会社なので、洗車から製品案内準備、ウエブページ更新等、仕事はきりなくありますが、法務局さんとか社会保険事務所担当さんから”不当労働”とか”不法就労外国人労働者雇用の疑い(ないデス)”とか電話や書式提出とかが面倒なので明日からお休みします。

TGRF2017-6

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル ブルーエリア高木さんの14R60っ!ブームの兆しは来春かな?と思っていたドイツ経由リトアニアの超超ジュラスポーツシフターIRP-Shifterが突然動き始めたようで嬉しい限り。86&BRZ各オーナー皆さんがボーナスでご購入だったそうで、国内在庫が完売になりました。先ほど追加オーダー分のお支払をドイツに送金致しましたので、もーしばらくお待ちください。入荷の目途、スケジュールは随時ご案内申し上げますっ。

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル 大盛況のブルーエリア高木さんのブースっ!何時もありがとうございます!パワーフレックスの追加分は手配済みです(`・ω・´)ゞ

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル 高木さんの14R60。来年に向けてモロモロ再チューンと聞いておりますっ!まだまだ進化しますので、お楽しみにっ。で、86がリリースされて5年目って事もありますので、今後はメンテナンスパーツ+αの追加機能を持ったご提案にも心がけて参ります!詳細はブルーエリアの高木さんまでっ。

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル こちらはブルーエリアのレース部隊。レースもあって(ノウハウとテクニックとセンス)店舗もある。と、86乗りの間では理想的な環境(奇跡のディーラーとも言われているようです)であります!レースご苦労様でした!引き続き宜しくお願い申し上げます。

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル 一方早めのレース部隊撤収だったネッツ群馬さんの関口室長と、来季のレーサー活動がほぼ決まったらしい荻原選手。関口室長の近々展望も良い方向で、親子鷹の戦いも続くようですので一安心。自分も競女(キョウジョ)こと競争女子関係を勉強してですね、お金稼ぎたいw(ともちゃん写真集とかキャラクターステッカーとかクリアファイルを売るw)と思ってますので、来季も関口さんと荻原選手について行きます!2017年12月の中旬、ツルブルクリンクスタートの少し手前。

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル 輸入車のお客さんにも解る有名人レーサー登場!アデナウ代表取締役社長兼レーサー密山社長っ!毎度お世話になっておりますっ!年末の物入り時期にドレクセラデファレンシャル等大物受注に感謝しつつ、来シーズンに向けてS耐TCRのパーツ営業も始めますので、どーぞ引き続きご指導宜しくお願い申し上げます。

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル ゼッケン番号328(ミツヤ)は来季も続投っ!埼玉方面のトヨタは熱いっす!

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル 交通タイムス社XaCAR別冊86&BRZマガジンの大野田編集長。最新号を会場内でじゃんじゃん手売りする姿を見て流石だなーと思いました(自分で作って自ら売る姿勢は尊敬であります)。で、今後の構想(ドイツの某ファクトリーで輸入車じゃなくて86レーサーがあった件w)モロモロ”タイムスの健さんこと広告部の高橋さん”にお伝えしておりますので、ご検討宜しくお願い申し上げます!

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル やっと今回の本命に辿り着きました。GR86(ジーアールハチロク)とGR開発統括部の宍戸さんのツーショットっ!今回はありがとーございました!まだ乗れていないのでナントもなのですが、いいに決まってます!SACHS(ザックス)ダンパー専用チューンとミシュランのPS4の17インチっ!GRMN86&14R60はそもそもタイヤサイズが違いますからベーシックの86へのお手本には出来なかった(主にサスペンション&フットワークチューニング方面)のですが、GR86はほぼ実現可能なディメンション!フロント7.5Jx17&215/45-17+リア8.5Jx17&235/45-17!デビュー5年目を見越して、そろそろ動力チューニングも一段落したからリアタイヤを太くしてみたいな、、な方って多いと思います。このGR86がズバリのお手本ですね。問題は8.5Jのワイズでありまして、GR86には以前の車両規定対策のフェンダーガードが追加されております。規制緩和された現車両法ではどーなのか?モロモロ検証しながら弊社デモカー86試乗車にも取り込んで行こうと考えております。ワークス(トヨタGR)と弊社(欧州スタンダードを目指すスタンドアローン)手法(使う部品)がかなり似て来てます、、汗。寄り添うって感じではないのですが目的の為のパーツ選びって考えますと、やはりザックスとミシュランになりますよね。GR86に大いに期待しつつ、弊社デモカー86の2018年ヴァージョンにもご期待下さいねっ。

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル 通りすがりの86ラリーマシンを一枚。いまだカメラの設定が合わず解らず(*´з`)

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル 毎年のルーティーン的にポスター。ひし形の2色とバックの黒。綺麗ですね。