カテゴリー別アーカイブ: SACHS Racing 14R60BLUE-AREA

GRガレージさいたま中央店試乗会御案内

GRガレージさいたま中央店 ザックス SACHS ZFGRガレージさいたま中央店さんでの試乗会&商談会が近付いてきましたのでご案内です!今度の21日(日曜日)午前10時~午後5時までのワンデイ一試合完全燃焼で挑みますっ!21日の翌週はいよいよ86&BRZ史上最大のイベント”FUJI-86Style-withBRZですね。大集合の前にチューニングアップデートやキッチリメンテをGRガレージさいたま中央店さんで是非!

GRガレージさいたま中央店 ザックス SACHS ZF弊社86デモカーに装備のザックスパフォーマンスコイルオーバーの同乗体感走行をはじめ装備パーツのご説明と商談が可能です。”史上最弱のスプリングレート(F3.8k/R4.2k)”による車高調整サスペンションセット!都合の良すぎるフットワーク性能を是非とも体感してみて下さい。またセットされるタイヤはミシュランパイロットスポーツ4サイズ215/45-17(前後共)をGR86より先に(ココ大事)採用致しました。ホイールサイズ/リム幅は17インチの7.5JでGR86のフロント用と同じです。で、つい最近知ったのですが私が使っている空気圧2.3がGR86フロントの推奨値でびっくり。ぼーっとしながらも何となくクルマのツボを押さえているようで一安心。さて、ザックスとミシュラン!「使っているブランドがトヨタ&GRと同じじゃないのぉー」はおっしゃる通りでこの組み合わせで私は20年以上やってきました。欧州FIA基準のレースカーの組成のように、搭載するパーツでその性能が決まるのは乗用車(86&BRZ)も同じです。先ずはベースとなる性能(ザックス&ミシュラン)を装備した上で、どう仕立てて行くのか?がチューニング(調律)です。結果、性能目標の到達地点は近い所になりますが、そこに辿り着くまでの制御工程や手法(クルマの動きに対して減衰の出し方や、その収束反力の時間や体に感じるアタリ)により印象が大きく変わります。トヨタ-SACHS、GR-SACHS、弊社扱いドイツZFレース社製-SACHSどれが正解なのか?は当たり前ですが全てに正解があります。ですので先ずは体感してみて下さい。

GRガレージさいたま中央店 ザックス SACHS ZF21日はドライビジョンECU今市社長自らチューニングプログラムをインストール施工致します。お試しインストールOK!「これじゃない」と思えばノーマルに戻します。お金はかかりません。「これ買います!」であればオーナーさんからヒアリング頂いた状況をインストールするプログラムに反映します。ベースプログラム+個別調整=ほぼワンオフのドライビジョンECUを搭載可能で追加コストは頂きません。※価格は下記リンクご参照

GRガレージさいたま中央店 ザックス SACHS ZF日本刀とクロエリさんと。※当日クロエリさんが来ることはありません(念の為)。

GRガレージさいたま中央店 ザックス SACHS ZF現在のところ21日、日曜日の天候は雨。翌週の”富士86スタイルに備えてゆっくり休む”と言う手もありかと思いますが「このワンデイで決める!」と言う作戦をご検討頂ければ幸いです。86&BRZ用ザックスパフォーマンスコイルオーバーは予約ご注文となりまして、次回入荷はお盆前後。ギリギリ消費税増税前にご用意出来そうです。

GRガレージさいたま中央店 ザックス SACHS ZFここ最近、ドライビジョンECU施工会のお問い合わせを数件頂きましたが、皆様遠方の方で社交辞令のような”次回に是非”とメールご返信致しましたが現在のところドライビジョンECUの販売可能GR店舗さんはココGRガレージさいたま中央店さんしかありません。万が一、遠方ご来店&ご購入の場合、私にできるサービスは一つ、上画像、高木さんのマシン14R60奥に見える本格激美味カレー専門店のランチを弊社持ちでご用意させて頂きます! では21日、皆様宜しくお願い申し上げます。 詳細↓ 日々精進

SACHS86体感試乗会

SACHS X SACHS

GRガレージさいたま中央店 ザックス SACHS ZFSACHS(ザックス)ダンパーセットを並べて撮影。左2本はGRガレージさいたま中央店さんオリジナルブランド”ブルーエリア別注TRD14R60専用SACHSレーシングダンパーキット”。開発責任者はTRD14R60オーナーでGRガレージさいたま中央店の高木さん。製造元はドイツZFレースエンジニアリング社オフィシャルテクニカルパートナーアネブルAPの蘇武さん。トータルコーディネートが弊社ヴェルナーであります。私は製造工程において何をしたのか?の答は簡単で、レーサーのようなスキルも無く振動工学の知識も無くただただ日本人で誰よりもSACHSのダンパーチューニングに永く関わり近い存在と言うポジションを生かし、毎回進化する車両に対し”このセットアップがSACHSと言えるか(ザックスライドになっているか)?そしてアップデートの余地と5年先も通用するか?”を判断しました。、、「お前何様なんだよ!」と多方面から怒られそうですが、19歳で高崎COXさんが組んだBMW-E28コンプリート(ザックススポーティングセット装着)を初体験してからはや30年以上。私の体に揺るぎないSACHSライド感が蓄積され更新されています。TRD14R60特有のハイレートのスプリングであってもSACHSライドを保つブルーエリアオリジナル製品は現在まで2名のオーナーさんに大好評です。一名は開発責任者の高木さんで、創ったからには自分で買わないとなのか?自分で欲しかったら開発したのか?はどちらも正解のような気がします。で、そのお値段は50万を超えまして、ホイホイ売れるような代物ではないのですが、レース関係者からみたら破格なんですね。一番左がリアダンパーでウルトラライトウエイトアルミシェル+アルミアウターケース採用。全長調整式にありがちな”ずっしり重たい”何て事は全くありません。フロントはパフォーマンスコイルオーバーにそっくりですがフルタップ+アジャスタブルナックルアームのレース品番を持つダンパーで前後共100%FIA基準のレースに向けたパーツ構成製品。これとほぼ同じダンパーをヴァイスアッハ(ポルシェモータースポーツ)から購入すると2.5~3倍の価格になると思います。事実、トヨタ本社の用品開発担当者もザックスレーシングダンパーの採用が気になって訪問していると、、。86&BRZだけじゃなく、TRD14R60オーナー皆さんも是非次回のGRガレージさいたま中央店さん試乗会にご来場頂き、専用設計されたダンパーセットの導入に向けてご説明&商談させて頂ければ幸いです。 日々精進

GRガレージさいたま中央店、試乗会のECU施工会ご案内

来る6月9日、GR Garageさいたま中央店さんにて当日のドライビジョンECU施工が可能となりましたので、再度のご案内です。

ドライビジョンECU アニョキング FA20 ECU TUNING 86 BRZ パワーアップ「本流の道を知らずしては、我一流の道慥(たしか)にわきまえがたし。」宮本武蔵/五輪書-風の巻より抜粋した一文で、ドライビジョンチューニングECUの組成を物語っているように思い掲載致しました。FA20に搭載されたECUプログラムを全域(全面)に渡り検証、一つのプログラムとその指令の相互関係を全てチェックし開発用紐付けデータを構築。開発当初は「果てしない荒野を彷徨うような遠いゴールを目指す作業」と、ドライビジョンECUの今市社長(上本人画像)談。プレバージョンのプログラムが完成すると同時にテスト車両にインストールしてログデータを回収するためにひたすら走る、、ただ走るだけではなく様々なシチュエーション(車速、エンジン回転速度、エンジン回転数、アクセル速度&開度、シフトチェンジ、クラッチリリース)を元に、一般道路で想定される渋滞や、あえてラフな操作や、低回転走行負荷等等、どんなスキルの方が乗っても綺麗にスムースに快適に速く走る事が出来る柔軟性能を実現出来る数値を構築して行きました。「、、、テストドライブまで今市社長がやったんだ、、こんなおじさんなのに大丈夫?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんので念の為に書きます。今市社長のドライビングスキル、、一例ですが袖ケ浦フォレストレースウエイのタイムでルマンドライバー澤圭太選手より遅れる事1秒以内(ロータスエキシージ)です。関東圏3か所のサーキットに通い、ドライビングレッスンをむさぼり、ランボルギーニ、ポルシェ、ロータス、AMG等ハイエンドスポーツカーで修行を積み上げた敏腕です。その修行の中で見えた理想は”ノーマルを越えたノーマル性能”、、言い方を変えればメーカーのマイナーチェンジの1.5先を行くユーティリティーを持った先進性でつまりドライビジョンECU-FA20が理想であり、その使い易さから現在まで多くのドライビジョンECUに共感頂いたユーザーさんが居ます。6月9日、GRガレージさいたま中央店にて是非お越し下さい。 詳細は↓ 日々精進

SACHS86体感試乗会

GRガレージさいたま中央店、試乗会のご案内

GRガレージさいたま中央店GRガレージさいたま中央店さんでの試乗会日程が決まりました!来月6月9日、日曜日のワンデイで朝から晩まで張り付きで常駐致しますので、助手席同乗走行でザックスパフォーマンスコイルオーバーサスペンションセットや、ドライビジョンECUの動力性能を体感できると思います。ドライビジョンECUの実施工会は7月21日に開催致しますので、早期のご予約、ご質問等ございましたらGRガレージさいたま中央店、高木さん宛てにお問い合わせ頂ければ幸いです。

GRガレージさいたま中央店一応弊社ホームページスライダーにもダイレクトリンクバナーを張りました。リンク先は下記同様です。ザックス、ドライビジョンECUの他、ドイツDTE社製スロコンPPT-GEN4のお試し等も企画中です。インディケーターメーターkit、パワーフレックス、CPMロアブレース、P3マルチゲージ、タケダモメンタムエアクリーナー(在庫わずか)、パーソナル診断機8BITのデモンストレーションも可能。またまたA90スープラチューニングの早期ご相談も私の守備範囲なので皆様どうぞよろしくお願い申し上げます!あ!86&BRZ用ザックスパフォーマンスコイルオーバーサスペンションセットの国内在庫ラスト1台はココ(GRガレージさいたま中央店)にあります。 日々精進

SACHS86体感試乗会

GR Garageさいたま中央店訪問

GRガレージさいまた中央 86 BRZ GR86先週A90スープラ展示会と同時にオープンされたGRガレージさいたま中央店に2度目の訪問。ネッツトヨタ東埼玉の特殊部隊ことチームブルーエリアさん、浦和美園店>浦和太田窪店を経て無事GRガレージが完成!太田窪の暗い地下ガレージも魅力的でしたが、こちらのクリーンで明るいガレージも素敵!GR Garageさいたま中央店皆さんおめでとうございます!弊社のWEB記載も旧店舗から更新します。で、従来からの名称”ブルーエリア”は今後もGR Garageさいたま中央店のおりじなる製品の”ブランド名”として継続活用(高木さん談)されるようです。

GRガレージさいまた中央 86 BRZ GR86鉄骨とレースマシン。

GRガレージさいまた中央 86 BRZ GR86店舗前展示スペースにて。

GRガレージさいまた中央 86 BRZ GR86黄色い86は販売車両のようです。ご興味ある方は是非GRガレージさいたま中央店にお問い合わせしてみて下さいね。

GRガレージさいまた中央 86 BRZ GR86おかげ様で弊社取り扱い製品のアイランド式ショウケースもセットして頂きました。唯一の国内在庫86&BRZ用SACHSパフォーマンスコイルオーバーもディスプレイ中!もちろん販売取り付けOKです。この先の魅惑の10連休み前に装着可能な唯一の物件です。ここ最近弊社WEBの86&BRZ用SACHSパフォーマンスコイルオーバー製品ページのPVが急増しておりますので、心で決めた方は実行に移した方が良いかもしれませんよ。次回の入荷は6月ですから。

GRガレージさいまた中央 86 BRZ GR86側面はこんな感じ。

GRガレージさいまた中央 86 BRZ GR86ショウルーム側面、ウインド越しのブルーのBRZは目下あの製品を装着中! 日々精進

SACHS RACING DAMPER FOR 14R60

TRD 14R60 SACHS RACING DAMPER BLUE AREA某日の埼玉太田窪。その窪地の最深部がブルーエリア部隊の地下(窪地の最谷)ファクトリーに位置しており、メインテナンス&ライトチューニングから深い趣味をお持ちの86&BRZオーナーさんが静かに集う場所であります。で、本日もTRDの限定車14R60が早朝よりご入庫。オーナーさんは今年秋頃に軽井沢にて「高木さんのところのザックスのレーシングダンパー買います!12月に!」と宣言下さった今回2足目のSACHSユーザーさん。一足目のSACHSダンパーキットはこちら>14R+SACHS PCO

TRD 14R60 SACHS RACING DAMPER BLUE AREAこちらがフロントセクション。外したTRD純正14R60専用ストラット(KYB製)と、これから装着するSACHSレーシングダンパーストラット。独立したナックル接合部により全長調整が可能。100%ドイツ製ですと全長調整が法律により不可能なのですが、ドイツ製レーシングダンパーパーツを国内でセットすれば可能。

TRD 14R60 SACHS RACING DAMPER BLUE AREAサクッとフロントストラット装着完了!いい景色ですね。

TRD 14R60 SACHS RACING DAMPER BLUE AREA半分(片側前後)換装完了!タイヤが無くても格好良く見えるクルマは正しい造形を保持している証拠。いい景色が続きます。

TRD 14R60 SACHS RACING DAMPER BLUE AREAこちらはリアセクション。外したTRD純正14R60専用リアダンパー(KYB製)と、これから装着するSACHSレーシングリアダンパー(アルミシェルのウルトラライトウエイト)。設計思想を重視して、元のスプリングレート(リア14kg)を忠実にトレースしたまさに14R60専用品。

TRD 14R60 SACHS RACING DAMPER BLUE AREAリアダンパーもサクッと装着。またまたいい景色。

TRD 14R60 SACHS RACING DAMPER BLUE AREAPCCJ(ポルシェカレラカップジャパン)関係者が見たら一目瞭然、カレラカップ用ダンパーとほぼ同じ仕立ての14R60専用SACHSレーシングダンパーキット。ほぼ同じパーツ構成なので当り前なのですが、そのパーツ構成にもFIA-世界最速、最高峰のポルシェカレラカップ(997/991)のバックグラウンドを持つ製品です。で、話はポルシェに移りまして、ZFレースエンジニアリング社ではポルシェカレラカップ純正レース用ダンパー(ポルシェモータースポーツ専売品)の他、自社製品として、カレラカップアップデートダンパー(減衰調整式)をリリースするとか、しないとか?レースでは使えない製品(CUPもCUPチャレンジも使用不可能。レギュレーションを変えれば可能)ですがパーツだけなら使えそうな気がします。次期A90スープラ用ダンパーパーツに丁度良さそうで(妄想)。

TRD 14R60 SACHS RACING DAMPER BLUE AREA14R60+SACHSレーシングダンパーキットのユーザーさんに感謝!2足目のSACHS(ザックス)この度もありがとうございました! 「俺も14R60乗ってて欲しいのだけれど、、」な方向け製品情報(本気で買って頂きたいので、減衰展開もスプリングレートも全て公開しました)はこちら↓ 日々精進

14R60 SACHS RACING DAMPER

TGRF2018ご案内

TGRF WERNHERトヨタガズーレーシングフェスティバル2018のご案内、、と言っても弊社の出展は無く、お取引先様”ネッツ東埼玉ブルーエリア店”さんの告知後方支援的なご案内です。ブルーエリア店各オリジナルパーツ&主要取り扱い製品の一部が特別価格(詳細は現地にて確認して下さい)!またほぼ完売(予約済み?)の14R60専用SACHSレーシングダンパーの増産も予定しておりますので、14R60オーナー皆さんも宜しくお願い申し上げます。また弊社独占販売中の86&BRZ&14R&GR86用SACHSパフォーマンスコイルオーバー(減衰調整式+車高調整)サスペンションセットもブルーエリア店さん在庫ラスト1+弊社在庫ラスト1となりました。で、当日の私は午前中にハンズトレーディングさんのカメラ班で甲府近辺に朝から>昼前に甲府を出て”佐の川”で定食>富士入りしますので宜しくお願い申し上げます。更に画像の説明、昨年の富士で撮影したアルミコンテナの中身はTS050一式です。レースよりロジスティクス&裏方方面に萌える方向けです。 日々精進  ↓お知らせ、ネッツ東埼玉ブルーエリア店オリジナルパーツの一部が弊社でも取り扱い可能となります。製品ページ完成後に再度ご案内申し上げます。

BLUE AREA ORIGINAL PARTS

軽井沢で14R60

株式会社ヴェルナー TRD 14R60 86軽井沢ユーロミーティングも無事終了で、ハンズさん部隊は帰りの渋滞回避の為、サササと撤収。私は山を一つ越えれば自宅なのでのんびりと、、と思った矢先14R60オーナーさんから緊急ミーティングのご依頼を頂き、アウトレットモールの駐車場内を移動。無事ご対面出来ました。

株式会社ヴェルナー TRD 14R60 86で、14R60に専用開発された例のサスペンションセットに関してのモロモロでありました。フロント10kgリア14kgのヘビーレート(14R60純正同等)にも関らず、心地よさすら感じる正しいスポーツカーの”リニアな動き”を実現出来るダンパーキットの購入ご決断だったらしく、私も一安心。使って欲しい方にご購入して頂けるって事で”この仕事してて良かった!”と心から思いました。ユーロな方は86も14R60も区別が?だと思いますので、ざっくりのご案内を致しますと、ノーマルの14R60の操作感と乗り心地はほぼ964/996時代のカップカーとほぼ同等。私もドライヴィジョンの今市社長も全く同じ意見だったので、大きく外れた感覚ではないと思います。この時代にそんなマシンを販売したTRDは凄いな!と思いますが、これを街乗りで使うユーザーさんはもっと凄く&しんどい思いがあると思います。例のダンパーキットに換装する事で2.5世代先のマシンに進化するって考えれば投資金額以上の効果だと思いますよ。

株式会社ヴェルナー TRD 14R60 86夕焼けが眩しい、素敵な一日でした。日々精進 

SACHS Racing Damper & Parts

ザッカー誌020号

ザッカー 交通タイムス社 86&BRZ マガジン交通タイムス社発行、XaCAR別冊86&BRZマガジン020号が各書店にて発売中です!別冊化から5年目ですかね?まさに86&BRZと共にユーザー読者皆様と歩んだ軌跡のマガジンであります。思えば、あの本郷ビルでの緊迫した緊急編集会議(XaCAR誌休刊そして別冊としてスタート)に唯一の部外者である私が何故その場に居たのか?未だに謎なのでありますが、城市編集長率いる編集クルーの先見性は、今になって世間がやっと解って来た感じでしょうか?で、最近思うのでありますが、XaCAR別冊の別冊、Z4&SUPRA特別号!やりますよね。その時は一部編集としてお手伝いしたいのでお誘い待ってます!

ザッカー 交通タイムス社 86&BRZ マガジン今号も濃ゆい内容で進行しておりまして、注目は26~27ページに掲載された”あれもSACHS、これもSACHS?SACHS包囲網をサクッと解説”を書かせて頂きましたので、「今、SACHSが欲しいのだけれど、、」と、ご検討中の86&BRZ皆様にはご一読頂き、マイベストのSACHSを選んで頂ければ幸いです。日々精進

ブルーエリアさんの新作

ブルーエリア ネッツトヨタ東埼玉ネッツトヨタ東埼玉ブルーエリア店さんのオリジナルパーツを拝見させて頂きました。試作から半年?よーやく完成した小さなパーツにワクワク。バイクとか、自転車を趣味にしている方ならその造型仕立てとファンクションに萌えると思います。カメラ趣味の方にもオススメかもです。86&BRZ用のパーツって、ホントいろいろありますが、こーゆー製品が支持される(趣味性の高い)って事が素敵な気がします。86リリースから5年目、この先を見据えた製品構成は”より深く”かもしれません。

ブルーエリア ネッツトヨタ東埼玉左画像>オープン。右画像>ロック。オイルレベルゲージのディップロックです。純正のOリング留めディップ部にボールベアリングのロック機能を追加しました。これ、輸入車用でも売れそう、、と、一瞬考えましたが今のドイツ車ってレベルゲージついてないんですよね。オイル管理をレベルゲージで目視できる事も86&BRZの楽しみかもしれませんね。詳細はブルーエリアさんにお問い合わせお願い申し上げます。