カテゴリー別アーカイブ: P3GAUGE

GRガレージさいたま中央店、試乗会のECU施工会ご案内

来る6月9日、GR Garageさいたま中央店さんにて当日のドライビジョンECU施工が可能となりましたので、再度のご案内です。

ドライビジョンECU アニョキング FA20 ECU TUNING 86 BRZ パワーアップ「本流の道を知らずしては、我一流の道慥(たしか)にわきまえがたし。」宮本武蔵/五輪書-風の巻より抜粋した一文で、ドライビジョンチューニングECUの組成を物語っているように思い掲載致しました。FA20に搭載されたECUプログラムを全域(全面)に渡り検証、一つのプログラムとその指令の相互関係を全てチェックし開発用紐付けデータを構築。開発当初は「果てしない荒野を彷徨うような遠いゴールを目指す作業」と、ドライビジョンECUの今市社長(上本人画像)談。プレバージョンのプログラムが完成すると同時にテスト車両にインストールしてログデータを回収するためにひたすら走る、、ただ走るだけではなく様々なシチュエーション(車速、エンジン回転速度、エンジン回転数、アクセル速度&開度、シフトチェンジ、クラッチリリース)を元に、一般道路で想定される渋滞や、あえてラフな操作や、低回転走行負荷等等、どんなスキルの方が乗っても綺麗にスムースに快適に速く走る事が出来る柔軟性能を実現出来る数値を構築して行きました。「、、、テストドライブまで今市社長がやったんだ、、こんなおじさんなのに大丈夫?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんので念の為に書きます。今市社長のドライビングスキル、、一例ですが袖ケ浦フォレストレースウエイのタイムでルマンドライバー澤圭太選手より遅れる事1秒以内(ロータスエキシージ)です。関東圏3か所のサーキットに通い、ドライビングレッスンをむさぼり、ランボルギーニ、ポルシェ、ロータス、AMG等ハイエンドスポーツカーで修行を積み上げた敏腕です。その修行の中で見えた理想は”ノーマルを越えたノーマル性能”、、言い方を変えればメーカーのマイナーチェンジの1.5先を行くユーティリティーを持った先進性でつまりドライビジョンECU-FA20が理想であり、その使い易さから現在まで多くのドライビジョンECUに共感頂いたユーザーさんが居ます。6月9日、GRガレージさいたま中央店にて是非お越し下さい。 詳細は↓ 日々精進

SACHS86体感試乗会

GRガレージさいたま中央店、試乗会のご案内

GRガレージさいたま中央店GRガレージさいたま中央店さんでの試乗会日程が決まりました!来月6月9日、日曜日のワンデイで朝から晩まで張り付きで常駐致しますので、助手席同乗走行でザックスパフォーマンスコイルオーバーサスペンションセットや、ドライビジョンECUの動力性能を体感できると思います。ドライビジョンECUの実施工会は7月21日に開催致しますので、早期のご予約、ご質問等ございましたらGRガレージさいたま中央店、高木さん宛てにお問い合わせ頂ければ幸いです。

GRガレージさいたま中央店一応弊社ホームページスライダーにもダイレクトリンクバナーを張りました。リンク先は下記同様です。ザックス、ドライビジョンECUの他、ドイツDTE社製スロコンPPT-GEN4のお試し等も企画中です。インディケーターメーターkit、パワーフレックス、CPMロアブレース、P3マルチゲージ、タケダモメンタムエアクリーナー(在庫わずか)、パーソナル診断機8BITのデモンストレーションも可能。またまたA90スープラチューニングの早期ご相談も私の守備範囲なので皆様どうぞよろしくお願い申し上げます!あ!86&BRZ用ザックスパフォーマンスコイルオーバーサスペンションセットの国内在庫ラスト1台はココ(GRガレージさいたま中央店)にあります。 日々精進

SACHS86体感試乗会

P3マルチゲージ

86 BRZ P3マルチゲージ 追加メーター86&BRZ(&輸入車にも)オススメの追加メーター”P3マルチゲージ”が静かに人気、、売れているのではなく、どこかで話題になっていて弊社の製品ページに辿り着く流れが見えます。「欲しい」じゃなく、「こんなのけしからん!(怒)」って事も大いにアルので恐縮しながら宣伝。表示出来る項目は全てクルマの言う事(ダイアグノス開示範囲)で、OBDポートに接続して表示しています。これからの季節、吸気温度や、油温度と水温の温度差をリアルタイムにチェックしつつ、アクセル開度指数にも気を配り、FA20エンジンと密接なコミュニケーションを保ってドライブを楽しんで欲しいです。ご覧の通り、モニター画面はクライメイトルーバー(フィン)一枚分ですので、エアコンの風量も変わらず、全閉にすればもうすぐ終わりのヒノキ花粉も防げます。唯一”メーターを追加した後付け感”が全くないのが製品の優位性でもあり、響かない人にはまったく興味が無い、時には怒りさえ覚えるシンプルさが特徴です。表示は華氏摂氏の切り替えが可能で、あたりまえですが摂氏モードでのご使用をお勧め致します。製品詳細は下記リンク↓ご参照下さい。 日々精進

P3 MULTI GAUGE 86&BRZ

受注一時中止のお知らせ

P3マルチゲージ弊社86デモカーにも装着して、ご購入下さった大半の方がそのユーティリティーにご満足下さったP3マルチゲージでありますが、輸入元の指導により当面の間、受注を一時中止致します。価格改定の後、再度ご利用頂ければ幸いです。駆け込み(偶然)で予約注文頂いた方々、ラッキーだったと思います。

P3マルチゲージ念の為、キット全景。OBDの車両情報をメーターに表示、ドライバーは任意で情報をボタンで選択できます。私の場合は、スロットル開度指数を常時表示して、後は油温と水温の温度差を確認と、、あ!吸気温度も夏場は良く見ますね。因みに昨年の埼玉近辺で吸気温度100℃を越えてました。状況を正確に知り、どうクルマを動かすか?機械との対話は孤独な趣味でいいと思うのですが、、。

P3マルチゲージエアコンの吹き出し口のルーバー1枚分を使い、クルマの言うOBDデータを常時表示します。シンプルで後付け感は全くありません。メーター付け足した感が欲しい方には全く響かないですね。コクピットロケーションを崩さずに車両情報を表示したい、、せっかくデーターがあるのだから>メーカー(トヨタ&スバル)の回答は皆さんご存知の通り後期モデルに搭載されたメーター内のマルチディスプレイ。そう考えるとP3マルチゲージの設計思想は正解って気がします。受注再会まで、今しばらくお待ちくださいますよう、宜しくお願い申し上げます。 下記製品情報です 日々精進

P3 MULTI GAUGE

欧州車ラインアップ↑

P3 MULTI GAUGE 86&BRZ

86&BRZ詳細↑

GR GARAGE長野店、試乗会

株式会社ヴェルナー 試乗会 86&BRZ GRガレージ長野 長野トヨタ 今週日曜日の10/7日、長野トヨタGRガレージ長野店さんにて体感試乗会を開催致します。SACHSパフォーマンスコイルオーバーサスペンションセットの同乗走行でその優位性を体感して下さいっ。当日のイベント特典はCPMロワブレース体感&工賃サービスやパーソナル診断機8BITの実演販売なども予定しておりますので、是非お越しくださいます様、お願い申し上げます。詳細は下記バナーから↓

SACHS86体感試乗会

株式会社ヴェルナー 試乗会 86&BRZ GRガレージ長野 長野トヨタ 当日は朝一番からスタンバイ致します。SACHSパフォーマンスコイルオーバー(減衰調整式車高調整)サスペンションセットの他、密かに人気のSACHSパフォーマンスクラッチも実搭載しておりますので、ちょっと踏力が要るのですがその使いやすさとニュル24エントラー65%以上が装着している実績をご提案できるかと思います。アルマモノブロックブレーキ、IRPシフター、どの86とも似ていない音&誰ともかぶらない(流通量/販売実績が極端に少ない、、力不足で申し訳ありません)シェーフェルンド加速騒音適合エキゾーストの視聴も大歓迎です。また、ほとんど買って持ってる(汗)った方もいらっしゃるかもしれませんので、その際は次期A90スープラ用チューニングのご相談と開発進行も打ち合わせをさせて頂きたくお願い申し上げます。台風の心配も少しありますが、皆様お気を付けてっ!秋の佐久でお待ちしております。 弊社86&BRZ製品構成はこちら↓ 何でもご相談OKです。 日々精進

86&BRZ Select/製品02

ガラス交換完了

ヴェルナー 86 bmw z3m coupeおはようございます。86フロントガラスの交換も無事完了!明後日5日の日曜日、ネッツ東埼玉ブルーエリア店さんでのECU施工会に間に合いました!「気になるっ!、、乗ってから決めたい!」って方も、この86助手席でタコメーターとスピードメーター、そしてクルマが前に進む加速感覚を体験出来ますので是非とも宜しくお願い申し上げます。あ、同時にサスペンションの体感試乗もです。SACHS(ザックス)パフォーマンスコイルオーバーサスペンションセットの国内在庫は2(弊社ヴェルナーの在庫)+1(ブルーエリア店さん在庫)の計3セットです。お盆休み前までに”SACHS車高調整ユーザーになれる方”は全国で3名のみっ!先月から86用SACHS車高調整の製品ページのPVが上がってまして(1日平均80-120名)この在庫分完売と同時に値上げする作戦を見透かされている感じがします(汗)。日々精進

TRD 14R60 UPDATE

ブルーエリア ネッツトヨタ東埼玉 TRD14R60 SACHS ザックスパフォーマンスサスペンションTRDが組み上げたスペシャルな86(限定車)14R60。先ほどGoonetで調べましたが中古車が4台販売中でして、中には500万を切った価格の販売車両も、、、お買い得だと思います(汗)。そんな14R60っ!新車から乗り続ける(持ち続ける)方&魅惑の中古車を買う方にも注目して頂きたいお店があります。100台の限定車(実販売は80台弱)をターゲットにした専門店”ブルーエリア(ネッツトヨタ東埼玉)”さんであります。近々正式にご案内申し上げますが、来る4月22日(日曜日)のワンデイでSACHS(ザックス)パフォーマンス体感試乗会を開催致します。メインは弊社デモカー86&SACHSパフォーマンスコイルオーバーサスペンションセットの同乗走行、並びトヨタ純正SACHSパフォーマンスダンパーが装備されたヴィッツGRの試乗となりますが、14R60オーナーさんのご希望があればブルーエリアさんの14R60(SACHSレーシングダンパー装備)の同乗走行も検討致します!3台3種類のSACHSダンパー付車両を用意します!4月22日です!86S富士見パノラマの一週間前です!皆様宜しくお願い申し上げます!

ブルーエリア ネッツトヨタ東埼玉 TRD14R60 SACHS ザックスパフォーマンスサスペンションで、こちらはブルーエリア店舗さんの地下にあるピット。気鋭のカーウエブマガジン”STREETCHIC(ストリートシック)”さんの取材風景。ブルーエリアさん14R60徹底解剖(総力取材)の公開まであと少しっ!世界が驚きに包まれ、、まさにChic(海外86ファンが涙を流して喜ぶ予定)となるハズです。今から楽しみですねっ。

ブルーエリア ネッツトヨタ東埼玉 TRD14R60 SACHS ザックスパフォーマンスサスペンション輸入車ユーザーさんとか86方面じゃない方が見たら「なんで改造車がディーラーピットに入れるの?」何て思うかもしれませんねっ。魅惑の86ワールドは間口も広いですが奥も深いのであります。その奥行き感(ブルーエリアさんが目指す市場)が弊社と合致致しまして、現在進行形でタッグを組ませて頂いております。

ブルーエリア ネッツトヨタ東埼玉 TRD14R60 SACHS ザックスパフォーマンスサスペンションブルーエリアさん14R60右フロントストラットを下から覗く図です。SACHSパフォーマンスコイルオーバーサスペンションセットでお馴染みの赤アルマイトの減衰ダイヤル付ダンパー。パフォーマンスレンジ(ストリート性能メイン)製品では無くレーシングレンジの構成(フルタップ式レースセットアップインナーパーツ、ブルーエリア14R60専用減衰設定)のSACHSダンパーです。詳細はコチラ↓

SACHS Racing Damper & Parts

TGRF2017-6

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル ブルーエリア高木さんの14R60っ!ブームの兆しは来春かな?と思っていたドイツ経由リトアニアの超超ジュラスポーツシフターIRP-Shifterが突然動き始めたようで嬉しい限り。86&BRZ各オーナー皆さんがボーナスでご購入だったそうで、国内在庫が完売になりました。先ほど追加オーダー分のお支払をドイツに送金致しましたので、もーしばらくお待ちください。入荷の目途、スケジュールは随時ご案内申し上げますっ。

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル 大盛況のブルーエリア高木さんのブースっ!何時もありがとうございます!パワーフレックスの追加分は手配済みです(`・ω・´)ゞ

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル 高木さんの14R60。来年に向けてモロモロ再チューンと聞いておりますっ!まだまだ進化しますので、お楽しみにっ。で、86がリリースされて5年目って事もありますので、今後はメンテナンスパーツ+αの追加機能を持ったご提案にも心がけて参ります!詳細はブルーエリアの高木さんまでっ。

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル こちらはブルーエリアのレース部隊。レースもあって(ノウハウとテクニックとセンス)店舗もある。と、86乗りの間では理想的な環境(奇跡のディーラーとも言われているようです)であります!レースご苦労様でした!引き続き宜しくお願い申し上げます。

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル 一方早めのレース部隊撤収だったネッツ群馬さんの関口室長と、来季のレーサー活動がほぼ決まったらしい荻原選手。関口室長の近々展望も良い方向で、親子鷹の戦いも続くようですので一安心。自分も競女(キョウジョ)こと競争女子関係を勉強してですね、お金稼ぎたいw(ともちゃん写真集とかキャラクターステッカーとかクリアファイルを売るw)と思ってますので、来季も関口さんと荻原選手について行きます!2017年12月の中旬、ツルブルクリンクスタートの少し手前。

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル 輸入車のお客さんにも解る有名人レーサー登場!アデナウ代表取締役社長兼レーサー密山社長っ!毎度お世話になっておりますっ!年末の物入り時期にドレクセラデファレンシャル等大物受注に感謝しつつ、来シーズンに向けてS耐TCRのパーツ営業も始めますので、どーぞ引き続きご指導宜しくお願い申し上げます。

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル ゼッケン番号328(ミツヤ)は来季も続投っ!埼玉方面のトヨタは熱いっす!

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル 交通タイムス社XaCAR別冊86&BRZマガジンの大野田編集長。最新号を会場内でじゃんじゃん手売りする姿を見て流石だなーと思いました(自分で作って自ら売る姿勢は尊敬であります)。で、今後の構想(ドイツの某ファクトリーで輸入車じゃなくて86レーサーがあった件w)モロモロ”タイムスの健さんこと広告部の高橋さん”にお伝えしておりますので、ご検討宜しくお願い申し上げます!

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル やっと今回の本命に辿り着きました。GR86(ジーアールハチロク)とGR開発統括部の宍戸さんのツーショットっ!今回はありがとーございました!まだ乗れていないのでナントもなのですが、いいに決まってます!SACHS(ザックス)ダンパー専用チューンとミシュランのPS4の17インチっ!GRMN86&14R60はそもそもタイヤサイズが違いますからベーシックの86へのお手本には出来なかった(主にサスペンション&フットワークチューニング方面)のですが、GR86はほぼ実現可能なディメンション!フロント7.5Jx17&215/45-17+リア8.5Jx17&235/45-17!デビュー5年目を見越して、そろそろ動力チューニングも一段落したからリアタイヤを太くしてみたいな、、な方って多いと思います。このGR86がズバリのお手本ですね。問題は8.5Jのワイズでありまして、GR86には以前の車両規定対策のフェンダーガードが追加されております。規制緩和された現車両法ではどーなのか?モロモロ検証しながら弊社デモカー86試乗車にも取り込んで行こうと考えております。ワークス(トヨタGR)と弊社(欧州スタンダードを目指すスタンドアローン)手法(使う部品)がかなり似て来てます、、汗。寄り添うって感じではないのですが目的の為のパーツ選びって考えますと、やはりザックスとミシュランになりますよね。GR86に大いに期待しつつ、弊社デモカー86の2018年ヴァージョンにもご期待下さいねっ。

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル 通りすがりの86ラリーマシンを一枚。いまだカメラの設定が合わず解らず(*´з`)

TGRF2017 トヨタガズーレーシングフェスティバル 毎年のルーティーン的にポスター。ひし形の2色とバックの黒。綺麗ですね。

86&BRZの夏対策

P3マルチゲージ 86 BRZ 14R60 14R P3 GAUGEメイドインUSA,P3マルチゲージのインジケーター部分画像です↑左奥に見えるカプラーをOBDリーダー(P3ゲージの本体)にカプラーON!そして86&BRZステアリングコラム左下のOBDポートに接続してセットアップ完了です!インジケーターにある2つのボタンを使って表示項目を選択するのですが、今私が良く見ているのが吸気温度です。この熱い時期、、気温30度以上であれば停止状態で+35~40度なんですよ。結構衝撃的でした。勿論走り出せば温度は下がるので問題はありませんが、エンジンがどんな状態にあるのか?を常にモニタリング出来るって事は大事だと思います。また速度に対して温度低下が可視化できますので、効率の良い数値ドライブが可能だと思います。エアコンの吹き出し口も開閉&回転可能ですのでオススメの逸品です!詳細は↓

P3 MULTI GAUGE 86&BRZ

AFE TAKEDA 86 BRZ 前期 後期 タケダ エアクリーナーで、こちらがAFE(アドバンスフローエンジニアリング)社のスペシャルモデルTAKEDAモメンティウムスポーツエアクリーナー。TAKEDAシリーズ最高峰のデザイン性能(私的見解)と吸気効率を誇るヒット商品!

AFE TAKEDA 86 BRZ 前期 後期 タケダ エアクリーナー純正風の質感(ポリケースのエンボス加工)。前期と後期に対応。詳細はコチラ↓

aFe TAKEDA MOMENTUM

P3-MULTIGAUGE

P3 GAUGE マルチゲージ MINI R53 WERNHER米国、P3カーズ社製マルチゲージの代理店を商っておりますが、ナカナカ売上(装着実績)が伸びないっすねー。と思ってましたらネッツ東埼玉ブルーエリアの高木さんから別注ブルーゲージの86用をバックオーダー頂き、高松のアウトシュタットさんでゴルフ7Gti用のご注文を頂き感謝と安堵の日々精進であります。画像はBMW-Mini-R53系のモジュール一式です。エアコン吹き出し口にセットされたスイッチ(押して表示項目を選択)付きモニター+車体側OBDデータを読む本体(四角い筐体)+ハーネスで、本体をOBDポートに接続するカプラー式+任意の機械式配線。以上がkit内容です。本国にはブーストだけを読むkit(当然機械式の配線が必要)があるようですが、こちらはOBDデータのみを表示します。

P3 GAUGE マルチゲージ MINI R53 WERNHERモニター部の拡大。自分も86に搭載しておりまして、主にスロットル開度と吸気温度を見てますね。便利ですよーーー。

P3 GAUGE マルチゲージ MINI R53 WERNHERで、こちらが新旧のMini-GP。右の新しい方R56系は目下BMW専門店のStudie(スタディ)鈴木社長が購入されて魔改造中のようで皆さん注目の1台。そして旧型R53系GPでありますが、床まわりサブフレーム+サスペンションアームはほぼR56と同じだった記憶があります。つまりR56系のSACHSパフォーマンスコイルオーバーが装着出来るんですね。86用SACHSパフォーマンスコイルオーバーと全く同じフロント倒立ストラット+リアマルチリンク式倒立ストラット(コイルオーバー)のR56用SACHSパフォーマンスコイルオーバーの優位性は前職で散々乗って体に染み付いて居るほど。何故、今MINIのGPなのか?私の考えは>コンパクト&そこそこ軽量260psのFFでジムカーナに出たら勝てそうに思う事と、齢49歳。50前までに大型ディフューザーとウイングが標準(完全車検対応にて)装着されたマシンに乗ってみたい症候群、、かもです。買えそうかな?(実際は買えないのですが)と思わせる該当車両は前記MINI-GP新旧の2台と、TRDの14Rですね。日々精進。

■MINI用マルチゲージのページ