カテゴリー別アーカイブ: VW

今週のオススメ

24h Nurburgring 2011 35 GTI VW GOLF無冠の名車GTI35(Gti誕生35周年記念スペシャル耐久マシン)。予選ではダントツの速さで優勝候補でしたが、そこは何が起こるか解らないニュル24h。結果3台全てリタイヤ。ワークス陣営消沈&後にもこのマシンの画像が出回らない状況で、現地のカメラマンさんに写真頼んでおいて良かったと思う今日この頃。この残念なマシンに搭載されていたダンパーが下画像。あ!リタイヤの原因はダンパーではなく駆動系のトラブルですので(念の為)。

SACHS RACING DAMPER PORSCHE こちらがニュル24GTI35に搭載されたフロントストラット全景。4Way+1の減衰制御を持つSACHSレーシングスルーロッドダンパー。当時のレースエンジニアリング社の製品レンジではツーリングカー(FIA規定の乗用車ベースのレースマシン)向けにも関らず最高峰のフォーミュラレンジとして扱われ、その意図は複雑な制御にあったように思います。ポルシェ997のR系エンデュランスマシンにも標準搭載された逸品。レース用ダンパーが実践投入され、その技術を乗用性能に転換した製品がザックスパフォーマンスコイルオーバーサスペンションでありまして10月末までキャンペーン中です。

SACHS PERFORMANCE VW GTI CUP RACE COX そして今週のオススメが”(自称)不朽の名作PQ35プラットフォーム用”ザックスパフォーマンスコイルオーバー。当時日本のGti-Cup(Golf5Gti)にもワンメイク認証搭載され、

SACHS PERFORMANCE VW GTI CUP RACE COX 同じプラットフォームの6Gti-Cupでも引き続き採用されたレースでも使える乗用スポーツサスペンションとしてSACHSブランドが再認識されました。勿論ワンメイクレース用(JAF認証オーガナイザーCOX専売品)とは減衰設定が異なりますが、アウターケース&インナーパーツはザックスパフォーマンスコイルオーバーと互換性があり元は同じ製品で、レース用ダンパー由来の証拠でもあります。PQ35プラットフォーム、ゴルフ5&ゴルフ6、8J-TTを今だ現役で楽しんでいらっしゃる方々って、少なくないと思うんです。この先も乗り続ける為の選択としてご検討頂ければ幸いです。キャンペーンは10月末まで。

株式会社ヴェルナーストラット径55mm品番118541、伊勢崎倉庫の在庫残2-3台のようです。製品詳細&キャンペーン詳細は下記リンクご参照下さい。 日々精進

SACHS Performance Coilover 118451&118453&118456

SACHS PERFORMANCE CAMPAIGN 2019

ゴーマウンテン2019

群馬 伊香保 空冷ワーゲン フラットフォー ゴーモーターサービス ゴーマウンテン2019群馬 伊香保 空冷ワーゲン フラットフォー ゴーモーターサービス ゴーマウンテン2019群馬 伊香保 空冷ワーゲン フラットフォー ゴーモーターサービス ゴーマウンテン2019群馬 伊香保 空冷ワーゲン フラットフォー ゴーモーターサービス ゴーマウンテン2019群馬 伊香保 空冷ワーゲン フラットフォー ゴーモーターサービス ゴーマウンテン2019群馬 伊香保 空冷ワーゲン フラットフォー ゴーモーターサービス ゴーマウンテン2019群馬 伊香保 空冷ワーゲン フラットフォー ゴーモーターサービス ゴーマウンテン2019群馬 伊香保 空冷ワーゲン フラットフォー ゴーモーターサービス ゴーマウンテン2019群馬 伊香保 空冷ワーゲン フラットフォー ゴーモーターサービス ゴーマウンテン2019群馬 伊香保 空冷ワーゲン フラットフォー ゴーモーターサービス ゴーマウンテン2019毎年恒例、群馬伊香保、ゴーマウンテン2019をさささっと見てきました。主催のゴーモーターサービスさんには毎回お世話になっておりまして後方支援のつもりです。100%マニュアルトランスミッション&SACHS(ザックス)製クラッチ搭載なのでSACHSクラッチパーツが沢山売れそうなのですが、そこは米国経由品が最安でありまして開拓の余地がありません(涙)。さて、水平対向空冷4発の皆さんは相変わらず楽しそうでなにより。フラットフォーつながりで”86でもいいんじゃないすか?”個人的に思ったりもしますが、こーゆーのは世界観が大事。ヴィンテージバスTyp1にSUBARU-EJ20ターボに換装していても外観がスタンダードならOK?皆様群馬にお越しいただきありがとうございました。道中お気をつけて。 日々精進

鍛造モノブロック

VWR レーシングライン フォルクスワーゲンレーシング 鍛造モノブロックブレーキ キャリパー先日レーシングラインジャパンさんにて初入荷分の鍛造モノブロックブレーキキットの現物を見てきました。いんや素敵!箱まで格好いいです。この新型導入に伴い従来製品は廃盤となります。今回の初荷は3セットのみで多分既に完売ですね。ローター径355mm税別定価¥518,000-とローター径380mm税別定価¥545,000-。適合はVAG-MQBとなります。

VWR レーシングライン フォルクスワーゲンレーシング 鍛造モノブロックブレーキ キャリパーベルハウジングとローター留め部表、並びキャリパーのハメ具合。見えなくなるのでホイルつけたくなくなる衝動があります(笑)、、あえて見せないディスクタイプデザインのホイールを選択するのもアリですね、、とにかく妄想が膨らむパーツです。

VWR レーシングライン フォルクスワーゲンレーシング 鍛造モノブロックブレーキ キャリパー裏。鋳造ロータークーリングフィンとピアスボルトのスプリングシム。
VWR レーシングライン フォルクスワーゲンレーシング 鍛造モノブロックブレーキ キャリパーキャリパー裏。鍛造インゴットのNC刃跡が凄みですね。あとローターもそうなのですが、至る所にシムスプリングが装備されていて徹底した防振が施されている様子。ストリートパフォーマンスを徹底的に追及すると、レース用より繊細で細かい装備が必要になります。

VWR レーシングライン フォルクスワーゲンレーシング 鍛造モノブロックブレーキ キャリパーご覧の通り、スティーレンAPラディカルより大胆な肉抜き。パッドのハウジング面のそうですが、両サイドの3ピストン脇にも通風穴があります。デザイン性能と一言で片づけるのは簡単ですが、レースパーツのような最先端造型&ライトウエイトを乗用性能に転換するのは想像以上の苦労があると思いますよ。これが買える人はそういった価値に理解がある方だと思います。

VWR レーシングライン フォルクスワーゲンレーシング 鍛造モノブロックブレーキ キャリパーキャリパーのデザインは100%レーシングラインUKのオリジナル。デザイナーは相当の数寄者といいますか、オタクですね(リスペクト)。製造は旧APロッキードのロッキード製作ファクトリーのマニュファクチャリングと聞きました。勿論パッドの互換性は現ブレンボグループのAPと互換性があります。画像はありませんが、ナックルアームに結合するブラケットは鋳鉄製となります。レーシングラインジャパンの高麗さん曰く「この製品パッケージ中、一番イケテない(格好良くない)のですが、アルミじゃなく鋳鉄じゃないとダメなんですね。制動にかかる応力(制動性能そのものと、強度、ノイズコントロール)には質量(重さ)が必ず要りますから。レースカーなら常時ガチャガチャノイズ出ても止まればOK、でも乗用じゃソレ、アウトですから」と。応力への理解、残さなくちゃいけない質量が乗用性能の基礎となります。

VWR レーシングライン フォルクスワーゲンレーシング 鍛造モノブロックブレーキ キャリパーキャリパーカラーは3色+クローム(近々入荷)です。久々いいもの見てワクワク。日々精進

RACING LINE

STAGE3 FORGED MONOBLOCK

VWR RACINGLINE FORGEDMONOBLOCK ブレーキ レーシングラン VW AUDIVWRレーシングライン社の新作ブレーキキットに搭載されるキャーリパーの図です。ステージ3フォージド(鍛造)モノブロック!ご覧の通り、継ぎ目なしの完全一体成型でアウター部分の大胆な肉抜きによりライトウエイト性能の装備されているようです。ブレーキパーツ見て久々に”凄い製品!”と興奮しつつ、レーシングラインジャパンさんの入荷に併せて近々実物見てくる予定です。あ!この新型ステージ3の導入により従来モデルは廃盤となります。

VWR RACINGLINE FORGEDMONOBLOCK ブレーキ レーシングラン VW AUDI想定キット税別価格¥50万前後、、。今週金曜日以降に詳細決定のようですので、全国のMQBプラットフォームの皆様、今しばらくお待ちください。 日々精進

RACING LINE

ライ麦畑で

ヴェルナー スポーツカーライフ2.0北海道みたいな景色の画像が欲しくて近所をうろうろ(自宅からワインディングを抜けて20分)しながらUP-Gtiのモロモロ検証。着いた先で撮影しましたが、、群馬ですよね(笑)。UP-Gtiの方は純正装着されたSACHSダンパーのセットアップも私の好みで”ノーマルのままでいいんじゃないかな”と思ってきました。元COXカスタマーセンターの佐藤さんから「クラッチすべります。弱いです」と聞いていたのですが今のところ私には解らず、、アイドリングで200N/mのトルク出しちゃう凄いエンジンですからスタート時のクラッチをリリースしてから(完全につないでから)アクセルを踏んで使ってます。半クラのシチュエーションは多分街乗りなら皆無でしょうが検証を続けます。話はタイトルに戻りまして、”ライ麦畑(でつかまえて)”、、サリンジャーの小説って事と、青春感のざっくりな内容まで知ってますが読んだ事はありません。で、最近”読まないで書く読書感想文!”と言うのがあるらしく、対象はドストエフスキーとかで、如何にもタイトルの響きが想像を掻き立てますよね。私の場合、サリンジャーがデリンジャー(縦2装弾のマイクロハンドガン)に感じてまして”ライ麦畑での捕り物(スパイ対警察等)”をつい想像してしまいます。すいません、どーでもいい話ですが、多分世界のハードボイルド小説ファン私含めて5名はこんな風に思っていると考えます。 日々精進

EA888 FLUIDAMPR

fluidampr EA888 GOLF7R

上画像にリンクボタンを設置致しました。気鋭のエンジニア集団motoiq社が独自にゴルフ7R用フルーダンパークランクプーリーをテスト。その結果、、5,900rpmで7PSパワーアップ!&3,500rpmで14.91N/mのトルク向上と。あ!数値のパワーアップ&トルク向上は、元々の性能を取り戻した。エンジン振動のロスを回転パワーに還元出来たと言う事です。先ずこのフルーダンパーでロスを補って、更なるチューニングに挑めばその性能もロスなく追従するって事ですね。リンクレポートはエピソード1からエピソード3まで詳細に記載してありますので是非ともご覧ください。

VW AUDI KTM EA888 クランクプーリー フルーダンパーVAG EA888フルーダンパークランクプーリー検品完了の図。7Gti&7R&7.5R等ハイチューンのターボチャージャーエンジンには効果大&VW&AUDI純正エラストマ式ダンパープーリーの賞味期限もそろそろじゃないんですか?と思いこれから売上が伸びれば嬉しいです。

VW AUDI KTM EA888 クランクプーリー フルーダンパー製品は全てブリスターパックをこじ開け、外傷やオイルの漏れ&オンリーワンプロダクトナンバーをチェックします。今のところNG製品はありません。それもそのはずDARPA認証+超合金ケース(ハイテンションスペシャルカーボンドコッパー=高硬度特殊炭素銅)で60,000PSIの引張強度を保持した製品です。その超合金ケース内にオイルで浸されたカウンターウエイトリングが内蔵されております。

VW AUDI KTM EA888 クランクプーリー フルーダンパーワーゲン純正エラストマープーリーの消耗劣化(経年による硬化でダンパー効果が減少)を気にする事無く、メインテナンスフリー&半永久的に性能を維持し続けるフルーダンパークランクプーリーは弊社お勧めの逸品です。メイドインニューヨークで日々精進 詳細は下記↓ご参照願います。

FLUIDAMPR EA888

UP GTI POWERFLEX

VW UP GTI WERNHER「フォルクスワーゲンアップGTIはスポーツカーなのか?」のこたえは”当然YES”。オール電化プラットフォームMBEがリリース直前のVW社にあって、このクルマが販売された事が奇跡のように感じます。電気化ゼロ+電子化はほんの少し(2世代前程度)3ペダルマニュアル6速トランスミッション、ライトウエイト性能、怒涛のトルク200N/mをアイドリング付近で発生。最先端性能を抑えた(控えた)ファンな組成はトヨタ86のFF版と言った感じです。お値段210万はお買い得ですよお客さん!と言う訳でありまして、ぼちぼちVW Up Gti用パーツのピックアップを開始致します。先ずはパワーフレックススポーツブッシュから。

POWER FLEX VW UP GTI WERNHERフロントセクション。

 

POWER FLEX VW UP GTI WERNHERリアセクション。 各VW専門店さんに詳細ご案内申し上げますので、お取組み頂ければ幸いです。 日々精進

POWER FLEX

PPTのプラグイン性能

プラグイン スロコン PPT スロットルコントローラー輸入車&国産車問わず、今一番売れている&売れ続けている(弊社調査)スロットルコントローラーがドイツDTEシステム社のPPT(DTEシステムに特注した操作パネルを装備)。既に欧州車のスロコンにおける代名詞がPPT(プラグインパワースロットル)って事みたいですので、市場の席巻&拡大は今後も間違いなしです!、、弊社ではホトンド売れてませんのでご安心を!輸入発売元は私の古巣、株式会社ハンズトレーディングさんで弊社は末席の取り次ぎ代理店。「しょうじさんの会社でも、もっと売りましょうよ!」と、はっぱ掛け続けられてますが「国産スロコンは織戸さんの”感度MAXスロットルコントローラー”が主流でゼンゼンすき間ありませんよぅー」と言い訳を続けている間に弊社の直販サイトを構築しつつ、自分で売る事と、各GRガレージさんを主とするハンズさんのクライアントさん以外に販売拡張する算段中です。ま、自分で売らなくてもデザイン料が半年後にがっぽり(月販500ケ/年間6000ケ、デザイン料1つ¥100じゃ高いと言われたので¥50で計算して¥30万で、ぼちぼちですね)入って来る”捕らぬ狸の皮算用”。デザイン料の話は半分ですが、PPTのキャッチーな商品名と、リボンとかキャンディを思わせるポップで使い易い操作パネルはどちらも100%私の仕事で、多くのユーザーさんに愛されている時点でほぼ満足、、、じゃだめで弊社も売ります!現在GRガレージさいたま中央店さんにて、ドライビジョンECU施工会時にTTP体感&特別価格販売を企画中ですので詳細確定まで今しばらくお待ちください。

プラグイン スロコン PPT スロットルコントローラー儲け話は置いといて、PPTにおけるユーザーさん並び取り扱い店さんへの優位性をご説明。上PPTの配線カプラーを、各車両のアクセルペダル裏に配置されたカプラーを外して”カプラーオン(結合)するだけ”で取り付け完了!車種別の配線処理や、エンジンルーム内の配置に戸惑う事はまったくありません。各車両の純正のオリジナルアクセルプログラム(速度と踏量)、に沿って、3つのプログラムを実行します。スポーツ、スポーツプラスプログラムではアクセルレスポンスを重視。スポーツ走行や、右折時に出だしが不安(初速が乗り辛い)ミニバン車両などに有効。そしてもう一つのプログラムがフューエルセーブ/エコモードです。穏やかなアクセルオン&アクセルパーシャル中でも定期的にアクセルを戻し燃料をセーブします。よく出来たプログラムですので違和感はまったくありません。この3つのプログラムの効きを細かく(7段階)調整してマイベストセットアップを作る事が可能。これがPPTの最も優れたユーザーインターフェイスと思います。ECUのフォルト/警告灯の問題もまずありませんし、PPTの神髄はなんと言っても”スムーズで自然な操作性”で、アクセルペダル踏む時、踏み続けている時、緩める/離す時全ての操作入力をコントロールした結果の性能です。これが出来ているスロコンはなかなか無いかもしれませんよ。詳細は下記リンク↓ご参照願います。 日々精進 >>追記、先ほどハンズ生井さんにこっそり販売出荷量を聞きましたところ弊社皮算用額¥50万に限りなく近くなりました。 う、売れてますねー。

PPT-GEN4

PQ35/50mmストラット

フォクトランド販売が終了したザ・ビートル。プラットフォームは皆さんご存知の通りPQ35でありまして、2.0Tがフロント55mm径ストラットでリアマルチリンク(ゴルフ5&6Gti同等)、カブリオレが50mm径ストラットでリアマルチリンク。ここまでが従来の弊社対応可能車種でした(上2グレードだけSACHSパフォーマンスコイルオーバーサスペンションの設定アリ)。で、残された1.2T等ザ・ビートルのメインストリームであるフロント50mm径ストラット&リアトレーリングアーム用車高調整サスペンションセットのご用意がフォクトランドのテックライン車高調整サスペンションセットでご用意が可能です。上画像は急いで組んだホームページ用バナー画像。

フォクトランドドイツフォクトランドのテックライン。その性能、お値段以上です。詳細は下記リンクご参照願います。 日々精進

VOGTLAND-ADJUSTABLE SUSPENSION

空冷フォラットフォー

ビートルバギーメディアの整理をしていて発見!ずーっと以前のチェックショップさん主催イベント”トラックアンドショウ”エントリーの凄いビートル。富士スピードウエイショートコースを激走する姿(主にサスペンションの動き)感動!いいなーと思い、仕立てる予算を密かに調べましたがチョット無理な気がして断念。何事にも囚われない自由な感じが最高に格好いいです。WW2終戦直後に発売されたフォルクスワーゲンビートル。その生い立ちから多くのドイツ人は遠慮したにもかかわらず世界的な大ヒット製品になり、現在でもチューニングの手法や新設計パーツがリリースされその進化は止まらない様子。単車で言うとXT500からスタートしたヤマハSR400/500のような存在で、共に組成の良さからの圧倒的な台数&ユーザーの多さとその分の熱量が進化の推進力に思います。86&BRZもこんな風になれば嬉しい。

ビートルバギーリアセクションはこんな感じです。エキゾーストマニフォールドのレイアウトに萌える方向け。最近では空冷フラットフォーエンジンを下ろし、スバルのEJ20ターボに乗せ換えの強者チューンもあるそうな、、だったら空冷シリンダーの86&BRZだってアリじゃない?なんて事も思います。クーリングの問題等いろいろありますが水(ラジエター&クーラント&ポンプ)が要らない優位性と、過去の遺産となりつつある空冷フィン付きシリンダー造型を装備出来る偏った”盆栽趣味”的な楽しみ方も始まるかもしれませんよ。因みに一部の単車(ヤマハSRD200)で水冷から空冷に戻すチューニングが静かなブームのようで、専門店さんは大忙しみたいです。空冷&水冷問わず同じフラットフォーエンジン同士、文化を継承してこの先の未来でも楽しめるようにお互い頑張りましょう。 日々精進