「VW」カテゴリーアーカイブ

エンジンオイル添加剤

ハイスパークエンジンオイル添加剤 アルティメイト Ultimate毎度お馴染みハイスパークイグニッションコイルジャパンからお預かりした次期新製品(近々発売予定)のエンジンオイル添加剤を試してみました。今回は嫁車のフォルクスワーゲンUP-GTI(1リッター3気筒ターボエンジン-6速MT)に入れた初見-プチインプレッション。因みに現在までUP-GITに使い続けているオイルはパワークラスターのレーシンググレード(0w-20)。エンジンオイルの交換直後に入れるのが正しい使い方のようです。

ハイスパークエンジンオイル添加剤 アルティメイト Ultimate先日交換ししたばかりなのでオイルは綺麗なハズですが念の為。

ハイスパークエンジンオイル添加剤 アルティメイト Ultimate温間&水平地面にてオイル量チェック。OK。

ハイスパークエンジンオイル添加剤 アルティメイト Ultimateオイルの汚れ、、大丈夫なはず。

ハイスパークエンジンオイル添加剤 アルティメイト Ultimate現物の液体はほぼ泥でした。液体の主成分は”レアメタル系鉄の粉”。ボトルの重さ(比重)で内容物がだいたい解っちゃう(GRガレージさいたま中央店-高木さんはボトルを持っただけで成分をホボ当てました)と思うのですが現段階ではレアメタルとの表記に。因みにエンジンオイル粘度に影響が出るような科学成分は入っていないとの事です。

ハイスパークエンジンオイル添加剤 アルティメイト Ultimate注入完了!何となくの罪悪感アリ(笑)。かく言う自分は出来るだけエンジン内にはオイル以外入れたくない派。今回のハイスパークアルティメイト添加剤はその効果が自分が頭の中で理解できたからトライしました。鉄粉=ベアリング効果。実にシンプル。

ハイスパークエンジンオイル添加剤 アルティメイト Ultimateハイスパークアルティメイト添加剤を入れてエンジンスタート!そのまま軽くアクセルを数回踏んで数秒、、先ずエンジン音が静かになりました。そのせいで今まで聞こえなかったタービン音がクリアに聞こえてきた(凄く嬉しい)。じゃ、チョット動かしてみましょか!と普段通りアクセルを踏まずにクラッチをつないで発進>>いつもよりグングン前に進みました。そのまま調子に乗ってアクセルをあけずに2速へシフト>>アクセルオフのままゆるい坂道を登りきってチョット驚き。このアップGTIに搭載される1リッター弱の3気筒ターボエンジンはエンジンのアイドリング回転数時点で最大トルク(約200nm)を発生するダウンサイジング思想の最高傑作機関(個人的見解)なのですが、微速域のトルクが更に盛られた気がしました。もしかしたら上画像の速度メーターを振り切る(200までは出ます)ポテンシャルが生まれたのかも!初見はこんな感じです。次回は全開最高速チャレンジ!

ハイスパークエンジンオイル添加剤 アルティメイト Ultimateで、持ち主の嫁さんから「クルマいぢった?なんか凄く走るんだけど。」と。ハイスパークエンジンオイル添加剤アルティメイトのテストレポートは続きます。 日々精進

3台3様、操る楽しみ

株式会社ヴェルナー3台並んだ駐車場の風景。手前からD型8614R-通称2号機で自分が買った2台目のトヨタ86。個人的な趣味と仕事(パーツ販売の為の宣伝)の道具。乗れば気持ち良く楽しいですし、多分”誰が乗っても(ドライビングスキルを問わず)この安全快適快速性能を体感出来る仕立て”でつまり換装&追加したパーツの選択は今のところ間違っていないハズ。たとえ自社で推し続け販売するパーツが売れなくても仕事の成分が減るだけで、その分趣味の幅を広げればいいや。と、最近そんな風に思ってます。同じクルマを2台乗り継いでも飽きないって事はやっぱり自分に合っているんでしょうかね?続きまして真ん中のJB23ジムニー。これは新車で購入して12年目。走行距離9万キロ弱で群馬県山間部で暮らす為の大事な道具であり操る楽しみもあり。ジムニーのいわゆるドライビングプレジャーは路面状況を問わない高い走破性と、その性能根幹である専用設定された特異なタイヤサイズ175/80R-16(純正指定サイズ)!と、個人的に思います。135km/hで巡行可能+高い車高+大口径極細タイヤ+短いホイールベースで操る事。因みに自分のジムニーにはラジオもアンテナもスピーカーも付いてない公官庁仕様。Porsche964RSに負けないくらいストイックでしょ(笑)。さて、一番奥(UP-Gti)が3台で唯一200km/h出るクルマで自分のじゃないのですが(嫁車)洗車&クリーンな燃焼室維持のためのベタ踏み&メンテ全般の管理は自分がやってます。6速マニュアルトランスミッション0.9リッター3気筒ターボでアイドリング回転数で最大トルク(200N/m)を出す優れたエンジン。SACHSダンパー純正装備で良く走ります(榛名の上りは圧倒的に自分の86より速い)。ドイツの優れた性能とデザインを持った道具って感じです。FFとパートタイム4WDとFRで 日々精進

VWゴルフ8R&GTI用イベンチュリーエアインテーク

イベンチュリーエアインテーク ゴルフ8フォルクスワーゲンGolf-8R/Golf-Gti用イベンチュリーカーボンエアインテークレイアウト画像。ゴルフ8Rの納車遅れの話は聞いておりまして、納車される前にモデルチェンジ/フェイスリフトに移行か?、、、VW各専門店さんのデモカーも調達できない厳しい状況ではありますが、イベンチュリカーボンエアインテークを買っておきませんか?バンパー造型は変わってもエンジンレイアウトの変更は先ず無いと思います。業販可能!通販はヴェルナーウエブショップにて!何卒宜しくお願い申し上げます。 日々精進

VW NILS

VW NILS EURO6 欧州規制次期欧州規制Euro7が結構ヤバイ。と言う話が出ておりますが、日本の法律(車両法規制)じゃないのでそれほどでも、、と、思います。しかしその規制をクリアしないと売る事の出来ない仕立てになりますから今後欧州車のカタチが大きく変わる可能性もあり?で思い出したのが昔ドイツでガン見してきたフォルクスワーゲンコンセプトNILS。単座+1人ウルトラライトウエイト電気自動車で特徴的な細いタイヤ。Euro7では更なる排ガス(成分と音量)規制+要求燃費+ブレーキダスト&タイヤカスの規制があるそう。ブレーキダストはつい最近XaCARさんの記事で「出来るだけブレーキダストを放出しないように空気を取り込まないデザインのホイール装着が義務化」みたいな感じで書かれておりました。ドイツは本気、、そんなに積極的に規制する割には50km進むのにたった15分のベタ踏みは止めないのが流石のドイツ不思議の国。話をタイヤカスに戻しまして、タイヤが細ければカスの量が少ない=NILSが将来的なドイツ車のスタンダードな姿かも?と思った次第。これはコレで凄く格好良く見えてリア駆動&四輪ダブルウィッシュボーン&ウルトラライトウエイト個人的にはこれでOK!と言いつつも、規制の結果、共産圏のように皆同じクルマに乗るって事は絶対にない(特にドイツではビートルの悪夢があり)と思いますので各タイヤメーカーさんとブレーキメーカー(どちらも持つコンチネンタルが優勢か?株買っときますか!)さんが頑張っているようです。「細いタイヤなんて嫌なんだけど!」ですよね。実は既に持続可能(と言える解釈を持つ)なタイヤってあるようですのでご心配なく。 日々精進

VAパフォーマンスUP-GTI CUP EDITION

VAパフォーマンス UP GTI CUP EDITION弊社のクライアント、ワーゲン&アウディ専門店VA-PerformanceさんがセットアップしたフォルクスワーゲンUP-GTIが富士本コース2分09秒のレコード達成!(ドライバー坂本選手)。モディファイの追加予算約100万円で2分09秒881! 日々精進

DTEキャッシュバックキャンペーン中

DTE VW GOLF8GTI CLUBSPORTドイツDTEシステム社製品のキャッシュバックキャンペーンが静かに展開中。自慢じゃありませんが、未だキャンペーン売上ゼロ!と、言う事で宣伝です。フォルクスワーゲンゴルフ8GtiクラブスポーツにDTE-パワーコントロールを装着してみたら結構いい数字が出ましたとの事です。

DTE VW GOLF8GTI CLUBSPORT日々精進

CASHBACK CAMPAIGN

日々精進的、草ヒロ

草ヒロ 草むらヒーロー VW GOLF3 GTI ゴルフ ワーゲン COX 朽ち果てた姿が萌えポイント。今から22年前の全日本ラリー選手権のリザルトを持つフォルクスワーゲンゴルフ3Gti-RallyでTeamCOX+SACHS+HANSの2号機(ラリー専用車)。搭載したダンパーは2way(今から約22年も昔で2wayですよ!)のSACHS(ザックス)レーシングダンパー改ラリー減衰&ストローク仕様。まさに、、レジェンド的草むらヒーロー(個人的見解)。現輸入車用チューニングダンパーはKW社製品が席巻してますが、こうやって積み上げた時間を越える事はできまい、、(負け惜しみです)。※画像提供SHコーポレーションさん

草ヒロ 草むらヒーロー VW GOLF3 GTI ゴルフ ワーゲン COXフロントフェンダーに貼られた自分の前職ハンズトレーディング旧ロゴ。オートテイルウントツーベハー(自動車部品と用品)の掛け声は現在のハンズトレーディングさんの用品部(本社埼玉)と部品部(横浜+群馬)に引き継がれていたんですね。※画像提供SHコーポレーションさん

草ヒロ 草むらヒーロー VW GOLF3 GTI ゴルフ ワーゲン COXこのまま朽ち果てるのか?はたまた救世主(草ヒロを救う草ヒロ)が現れるのか?車両は秦野の某所にありまして、価格相談でお譲り可能(未確認)と言う話もあるような、、。※画像提供SHコーポレーションさん

草ヒロ 草むらヒーロー VW GOLF3 GTI ゴルフ ワーゲン COX 画像変わってこちらがTeamCOX+SACHS+HANS1号機。ナンバー付きワンメイク車両レース(JAF戦)GTI-Cupを戦ったマシン。当時のドライバーはカーグラフィックの塚原元副編集長さんでした。時代を積み重ねたSACHSブランドとその活動を振り返ると”けっこー昔から一生懸命やってたんだなー。”って事。その反面、”結局何にもなんなかったなー。日本国内の各自動車&バイクメーカーへのSACHSダンバー普及活動には貢献したけど、自分達の利にはならなかった、、涙。”しかし、この活動から22年後の今、FL5(シビックタイプR)の各オーナーさんがZF(SACHS)電子制御ダンパー性能に満足してドライブを楽しんでくれている事が救いの一つかも。 日々精進

ナツカシのVWデモカー、、こんなのありました!

VW UP-GTI

VW PU GTI PORSCHE今年初、嫁車VWアップGtiを洗車しました。ドイツ人が見たら完全な違法行為ですが環境問題にゆるい日本では自宅前洗車は合法行為。自分のクルマではないのですが側にあると嬉しい。勿論、運転しても楽しいスポーツカー(個人的見解)です。永年ドイツ車、特にフォルクスワーゲン車両で仕事してきましたので思い入れもあり。タイヤハイトを変えて換装したミシュランPS4(195/45-17)&純正SACHS(ザックス)ダンパー搭載でポルシェ911の新車は手に入れられそうにないけど、コレ(UP-Gti)があればOK!

VW PU GTI PORSCHE上画像(スケールモデル写真-ドイツシュトットガルトポルシェミュージアムに出向き自分で撮影)はポルシェがデザインしたフォルクスワーゲンのプロトタイプEA266の原型(だと思う)。実車よりリアクォーターガラスの底面が切れ上がってスポーティー。このクルマの現代解釈がUP-Gtiと言ってもいい気がする(個人的見解)。EA266はリアエンジンのリア駆動。対するUP-GtiはFF。根本的に違う!そー言われればそれまでですがデザイン上では凄く似ていて「ジェネレーションはポルシェに由来する(嘘ですよ)。」と、勝手に思い込んで新車のポルシェ911が買えない虚しさを紛らわす感じ(笑)。またFFレイアウトに関しても、既にどーでも良くなりました。速度高め、舵角少な目、ステアスピード遅めな自分のドライビングススタイルにおいてFFのネガティブ要素はほぼ無しです。と、フォルクスワーゲンUP-Gtiを褒めても何の得にもならないのですが、現ユーザーさんのマインドとモチベーションを上げて「パーツ買おうかな?」と思って頂ければ幸いです。

VW PU GTI PORSCHEドアのインナートリムのご覧の通り。「、、安っぽい。」と言うご意見が大多数なのでしょうが、そもそも安い(車体価格税別¥210万)んですよ。で、個人的にこのドア一枚ものの樹脂パネルが凄く気に入ってます。カセットテープ全盛期時代に使っていたC-BOX(ドイツフィッシャー製)を彷彿とさせる質感。楽しいドライブ+カセットテープで聴く音楽=最高の空間。そんなノスタルジーを感じる。因みにセンターコンソールの全て樹脂成型品でセットアップされています。

VW PU GTI PORSCHEリアバンパーもお気に入りポイントの1つ。緻密な造形とペイント面と無塗装樹脂面の白黒バランスが最高。(個人的見解)

VW PU GTI PORSCHE物理キーシリンダー。鍵をステアコラムに差し込んでイグニッション、、絶滅寸前の大事な儀式。

VW PU GTI PORSCHEマニュアルトランスミッション+3ペダル。これ以下ではなく、以上でもない自分にとっての最適化された装備。

VW PU GTI PORSCHE5ナンバーサイズ。ご覧の通り夕暮れ田舎の駅舎風景にも馴染む佇まい。 日々精進

VW + PORSCHE

年越し案件、その1

株式会社ヴェルナー2022年内中に到着しなかったドイツからの荷物を受け取り検品。フランクフルトアムマイン空港で3週間足止めだったみたい。内容物は某メーカーに使って頂く材料一式。いつもありがとうございます!今年もよろしくお願い申し上げます。 日々精進