カテゴリー別アーカイブ: JIMNY

ハイスパークイグニッションコイルに換装

JB23 ジムニー ハイスパークイグニッションコイル群馬県山間部に住む人間の生活必需品、JB23ジムニーの定期メインテナンス(自分で買うシリーズ続き)。オイル全部(エンジン、ATF、デフ+トランスファー)交換と、プラグ+コイルも交換。ハイスパークイグニッションコイルに換装!

JB23 ジムニー ハイスパークイグニッションコイルK6Aエンジン上に配置されたクーラーの裏側。

JB23 ジムニー ハイスパークイグニッションコイルコイル比較。

JB23 ジムニー ハイスパークイグニッションコイル同じく比較。

JB23 ジムニー ハイスパークイグニッションコイルお役御免のプラグ

JB23 ジムニー ハイスパークイグニッションコイル換装完了。見納めです。

JB23 ジムニー ハイスパークイグニッションコイルご覧の通り、純正カバーがそのまま使えます。で、ハイスパークイグニッションコイルなんですが、凄く効きます!クルマが”スーっと”軽く動き出すようになりました。低回転時から、安定した高電圧のコイル特性に納得。パワートレインのメインテナンス完了!次はSACHSダンパーの換装、、ですが日本には在庫が無いのでドイツに発注。欧州仕様のシエラ用ですので660ccのJB23に装着すれば、ちょっとだけ高い減衰(対荷重比較)特性が得られるのでは?と、勝手に想像しております。道具(JB23)の手入れは、趣味(スポーツカー)より慎重に。 備えよ!常に!で 日々精進

スズキK6A用ハイスパークイグニッションコイル

スズキK6A用ハイスパークイグニッションコイル

ハイスパークイグニッションコイル スズキ K6Aエンジン JB23 ジムニー”自分で買う”シリーズ。今回は話題騒然を通り越し、各ユーザーさんからの高評価を持って”ほぼ定番化”したコスパ最強&安定した高電圧制御チューニングでお馴染みのハイスパークイグニッションコイルを自分で購入。86じゃなく、先ずは距離が伸びたK6A型3気筒ターボJB23ジムニーに換装します。同時にプラグも交換予定。

ハイスパークイグニッションコイル スズキ K6Aエンジン JB23 ジムニースズキ純正品より全然しっかり作ってある感じ。ハイスパークイグニッションコイルの性能基準は各自動車用メーカーの最高峰エンジンが基準です。VAGは12気筒&10気筒、AMGは8気筒、BMWは8気筒&6気筒、そのハイエンドパフォーマンス対応容量をボトム(軽自動車用)まで下ろしてくる訳ですから悪い訳は何もありません。3本セット税別定価¥23,400-&1年のメーカー保証付き。

ハイスパークイグニッションコイル スズキ K6Aエンジン JB23 ジムニー輸入車専門店のスタッフさんで、JB23ジムニーに乗っている方が結構いらっしゃいまして、関係各位ぜひお求めは弊社からお願い申し上げます。画像の黒ピカは日本の京セラ謹製シールド樹脂。

ハイスパークイグニッションコイル スズキ K6Aエンジン JB23 ジムニー前にも書いた覚えがありますが、自分はコレ(JB23)で十分なんです。運転していて楽しい(ドライビングプレジャーをしっかり感じる)です。175/80-16と言う特異なタイヤサイズと、低圧推奨の空気圧設定を操る醍醐味は暗い趣味にぴったり(笑)。ラジオもスピーカーも(そしてアンテナも)装備しないまま7万キロ以上走破しておりまして、自分にはカーオーディオが不要な事が判明。2号機86のナビ&オーディオ&スピーカーを下ろす日も近いかもしれません。 日々精進

早朝パトロール

JB23 ジムニー 雪 ヴェルナー ハイスパークイグニッションコイル群馬山間部は昨夜から雪が降りました。早速朝一番で近所をパトロール。JB23ジムニーの走破テストを兼ねてグルグル徘徊(笑)。大人気の新型ジムニーJB64も街中でよく見かけるようになりましたが、まだまだJB23は現役!モータージャーナリストの渡辺敏史先生曰く「JB23ボディデザイナーの面取り造形(四角のエッジをシェイプしてアールをつける作業)は神技に感じる。」とおっしゃってまして、私もそー思います。JB64にはない、少し溶けたキャラメル感が愛着ポイントかもです。

JB23 ジムニー 雪 ヴェルナー ハイスパークイグニッションコイル日々精進

JB23眺望

株式会社ヴェルナー JB23 ジムニー自宅付近でドイツ牧歌的風景が楽しめる場所。で、”ここいいな”と思ってましたらプロカメラマンと撮影クルーがちょっと離れた場所でC-HRの置き撮影中。前に訪れた時は麦畑で”サリンジャーの丘”と勝手に命名。現在は蕎麦の小さな白い花が満開でした。さて、我がJB23ジムニー(公官庁仕様)は増税前にタイヤを新型ジオランダーに交換しまして一安心。趣味で乗ってる訳じゃなく、日々の生活の大事な道具ですのでメンテも大事。 日々精進

PPTのプラグイン性能

プラグイン スロコン PPT スロットルコントローラー輸入車&国産車問わず、今一番売れている&売れ続けている(弊社調査)スロットルコントローラーがドイツDTEシステム社のPPT(DTEシステムに特注した操作パネルを装備)。既に欧州車のスロコンにおける代名詞がPPT(プラグインパワースロットル)って事みたいですので、市場の席巻&拡大は今後も間違いなしです!、、弊社ではホトンド売れてませんのでご安心を!輸入発売元は私の古巣、株式会社ハンズトレーディングさんで弊社は末席の取り次ぎ代理店。「しょうじさんの会社でも、もっと売りましょうよ!」と、はっぱ掛け続けられてますが「国産スロコンは織戸さんの”感度MAXスロットルコントローラー”が主流でゼンゼンすき間ありませんよぅー」と言い訳を続けている間に弊社の直販サイトを構築しつつ、自分で売る事と、各GRガレージさんを主とするハンズさんのクライアントさん以外に販売拡張する算段中です。ま、自分で売らなくてもデザイン料が半年後にがっぽり(月販500ケ/年間6000ケ、デザイン料1つ¥100じゃ高いと言われたので¥50で計算して¥30万で、ぼちぼちですね)入って来る”捕らぬ狸の皮算用”。デザイン料の話は半分ですが、PPTのキャッチーな商品名と、リボンとかキャンディを思わせるポップで使い易い操作パネルはどちらも100%私の仕事で、多くのユーザーさんに愛されている時点でほぼ満足、、、じゃだめで弊社も売ります!現在GRガレージさいたま中央店さんにて、ドライビジョンECU施工会時にTTP体感&特別価格販売を企画中ですので詳細確定まで今しばらくお待ちください。

プラグイン スロコン PPT スロットルコントローラー儲け話は置いといて、PPTにおけるユーザーさん並び取り扱い店さんへの優位性をご説明。上PPTの配線カプラーを、各車両のアクセルペダル裏に配置されたカプラーを外して”カプラーオン(結合)するだけ”で取り付け完了!車種別の配線処理や、エンジンルーム内の配置に戸惑う事はまったくありません。各車両の純正のオリジナルアクセルプログラム(速度と踏量)、に沿って、3つのプログラムを実行します。スポーツ、スポーツプラスプログラムではアクセルレスポンスを重視。スポーツ走行や、右折時に出だしが不安(初速が乗り辛い)ミニバン車両などに有効。そしてもう一つのプログラムがフューエルセーブ/エコモードです。穏やかなアクセルオン&アクセルパーシャル中でも定期的にアクセルを戻し燃料をセーブします。よく出来たプログラムですので違和感はまったくありません。この3つのプログラムの効きを細かく(7段階)調整してマイベストセットアップを作る事が可能。これがPPTの最も優れたユーザーインターフェイスと思います。ECUのフォルト/警告灯の問題もまずありませんし、PPTの神髄はなんと言っても”スムーズで自然な操作性”で、アクセルペダル踏む時、踏み続けている時、緩める/離す時全ての操作入力をコントロールした結果の性能です。これが出来ているスロコンはなかなか無いかもしれませんよ。詳細は下記リンク↓ご参照願います。 日々精進 >>追記、先ほどハンズ生井さんにこっそり販売出荷量を聞きましたところ弊社皮算用額¥50万に限りなく近くなりました。 う、売れてますねー。

PPT-GEN4

昨日の雪

株式会社ヴェルナー JB23 ジムニー 雪昨日の積雪の様子。北群馬郡は10cm程積もりました。村の景色も雪でイイ感じでしたので、パトロールを兼ねて出動。、、やはり先人の跡がありまして、小さな村なのに近所の新旧ジムニーが7台で、その所有者の大半は単車2台以上持ち。地名の広馬場どおり、現代の馬(クルマ、バイク)を駆るフィールドに吸い寄せられたような気がします。

株式会社ヴェルナー JB23 ジムニー 雪株式会社ヴェルナー JB23 ジムニー 雪株式会社ヴェルナー JB23 ジムニー 雪株式会社ヴェルナー JB23 ジムニー 雪株式会社ヴェルナー JB23 ジムニー 雪株式会社ヴェルナー研究所建設予定地でくるんと回り、日々精進。

休日的画角

株式会社ヴェルナー WERNHER INC緑が綺麗で休日っぽい感じですが、宝台樹ジムカーナコースに向かう途中でつまり仕事です。

株式会社ヴェルナー WERNHER INCレンズを変えると見慣れた風景も違って見えるかと、、

株式会社ヴェルナー WERNHER INCF値0.95で最大絞り16。そんな状況下でも三脚要らずのスナップ撮影可能なフォクトレンダーにて撮影。秘蔵のノクトン玉を使う時が来た、、毎回ご覧頂いている皆様が飽きないようにと、書いて撮ってる自分が飽きないように。基本文章は”弊社の商品を買って欲しいので宣伝!”なので変わる事は無く、であれば画像くらいは変化球をたまに使わなくちゃ!といった感じです。日々精進

また雪

ヴェルナー WERNHER先日また雪が積もりまして、低圧(空気圧)ライドを少しだけ、、雪かきで疲れて自転車まで体力が回らなかった、、歳ですねw。

ヴェルナー WERNHERこちらも低圧ライド。自宅前の株式会社ヴェルナーテクニカルラボラトリ建設予定地(あくまでも予定です)でスタックの図。ホントの雪国の皆さんの苦労を少しだけ感じた(&雪焼けした)雪の日でした。日々精進

JB23JIMNY

JB23ジムニー ヴェルナー昨日の群馬山間部(自宅付近)の様子です。朝6時半から雪かきを開始して一段落してからジムニーで付近をパトロール。村の自衛隊からヘリが相次ぎ飛び立ち、何事?と思ったら噴火でありました。

JB23ジムニー ヴェルナー私のJB23ジムニーはオートマチックで、本当はマニュアルが欲しかったのですが、万が一の片足運転も可能と言う事での選択。都会の皆さんは”遊びで一台ジムニー買った!”とか聞きますが、私の場合、ジムニーは緊急時のライフラインツールですので遊ぶ余裕はなかったのであります。

JB23ジムニー ヴェルナーエンケイさんのジムニー専用ホイール。16インチでほぼ純正サイズの素晴らしい製品。一目惚れして購入しました。同じホイールを装着したジムニーを観た事がまだありません。

JB23ジムニー ヴェルナー雪景色が似合う(自己満足)。そろそろ販売受付終了(もう生産は止まったようです)のジムニーJB23。ジャーナリストの渡辺敏史先生曰く「この面が取れた四角造形は、ホント神ががってる感じがする。」と。

JB23ジムニー ヴェルナーノーマル車高のクリアランス。エクストレイル以上あります。いい景色。

JB23ジムニー ヴェルナー雪が積もった松林と。

JB23ジムニー ヴェルナー日々精進