見られたい願望

86 TRD14R SACHS WERNHER ザックス車高調整サスペンションセット パフォーマンスコイルオーバー ヴェルナー2号機こと、前期86D型TRD14Rに乗り換えた恩恵は意外なところにありました。上画像の通り、1G着地した状態でもリアサスペンション(ダンパー)がのぞける事(笑)!普通の人にはホント、どーでもいい事かもしれませんが、クルマに装着してしまえば見えない部品を売る身にとって、最高の副産物性能です。今更ながらトヨタテクノクラフト”プロジェクトグリフォン14R60&14R”ボディパーツデザイナーさんに感謝!スカスカバンパー最高!

86 TRD14R SACHS WERNHER ザックス車高調整サスペンションセット パフォーマンスコイルオーバー ヴェルナー覗き込んだらこんな景色です。GRガレージさいたま中央店オリジナル、ブルーエリアスタビブラケットの青アルマイトの眩しさとマッチしたドイツZFレースエンジニアリング社製ザックス車高ことパフォーマンスコイルオーバーのリアセクション。ロワアームとの接合部分の赤アルマイトパーツが減衰調整ダイヤル。1クリックに対して”カチっ”とした手応えがありますのでブラインドタッチ(1G状態で手を伸ばせば作業可能)でも安心して減衰調整が可能です。86用ザックスパフォーマンスコイルオーバーはリリースから早や6年、同じ製品を売り続ける覚悟と苦労で60台以上のユーザーさんに恵まれました。「新モデルは出ないのか?」そんな声は一切聞こえてきませんが念の為>ニューモデルはありません。リリース時の製品性能は、ほぼ86におけるサスペンションチューニングの臨界点を保持していると今でも感じますし、自分で使っていても”よく出来ているな”が実感です。一方、ニューモデルではなくSACHS(ザックス)ブランドのバリエーションにおける包囲網はトヨタ&スバルの純正装着品から始まって、弊社の純正アッパーマウント対応パフォーマンスコイルオーバー、GRガレージさいたま中央店さんオリジナルのTRD14R60専用フルタップ&前後ピロレーシングダンパーキット、そしてピロアッパー&ストレートスプリングを装備したGRガレージネッツ群馬ジースパイス店オリジナルキット。更につい最近製作にGOがかかった2wayニュルブルクリンクノルドシュライフェ専用レーシングダンパーと。純正品以外は弊社でも対応可能ですので、予算と用途でご用意可能な状態です、、が本命はパフォーマンスコイルオーバー!誰が乗ってもどんなシチュエーションでも快適で安全で速く走れる最善のSACHS(ザックス)です。 製品詳細は下記↓ 日々精進

SACHS Performance Coilover 86&BRZ

凄いよ!ゴードンマーレー先生

ゴードンマーレー トランスカル ライトウエイトスポーツシート 991GT3 TURINGゴードンマーレー先生作のスーパーカーT50のその後が気になりホームページを見ていましたら発見!ウルトラライトウエイトスポーツシート(リクライニング式)デザインbyゴードンマーレー!超格好いい!と思いメモのつもりでブログに掲載しました。”自分の欲しいは他人は欲しくない”この自覚はありますのでコレを売りますじゃなく、自分の前期D型86TRD14Rに装着したいなー。の案件です。千鳥格子のシートファブリックも往年のスポーツカー感で、奇しくも個人的な2号機86の開発テーマとして、911(991)GT3-Turingのような仕立てが最終目標なんです。サーキット専用のTRD14R60に対してツーリング性能を保持した14RはGT3&RSとGT3-Turingの関係性を個人的に突き詰めて行きたいなと思ってます。自由研究みたいな感じですね。簡単に言うとGT3-Turingのオプションに設定される千鳥格子のリクライニングスポーツシートが羨ましくて仕方なかったって事です。箱(車両)には興味ないのですが装備部品は別。

ゴードンマーレー トランスカル ライトウエイトスポーツシート 991GT3 TURINGで、こちらが骨格構造。総重量12kg弱!凄い軽いって程ではないです。VW-UPの純正リクライニング式シートがレカロのモータースポーツシェルシート同等(約5kg前後)と聞きましたのでそれ程でも?しかし86の純正シート推定重量20kg(適当)からの入れ替えであれば左右で16kgの軽量化。個人的にはリクライニング機能は必要ないのですが、車検証記載の変更は行わず現車両法を厳守してスポーツカーを楽しみたい&お取引先各ディーラーさんにも堂々(笑)入庫OKで信頼関係と円滑なビジネスを続けたい。と、思うのであります。

ゴードンマーレー トランスカル ライトウエイトスポーツシート 991GT3 TURINGゴードンマーレーデザインをシートを86に装着したい!と考えているのは私だけじゃないかもしれない、、そう考える根拠がプロダクツの編成で、デザインがGMD社(ゴードンマーレーデザイン)、主要設計がISTREAM社(F1を含む複合マニュファクチャラー、デビットクルサードも参加)、ライセンス生産(大量生産)がTranscal社(トランスカル)この3社がシンジケーション。で、上86の内装画像は英国トランスカル社の仕事でTOYOTA-UK-英国仕様の86オプションシート。少なからずトランスカル社は86市場を意識しつつ、ライトウエイトシートを展開するに違いないと、勝手に確信しています。サードパーティー(チューニングマーケット)でリリースの他、次期86FA24積の英国オプションになったらそのままシートレール(メーカー認証付き)含めてボルトオン。欲しいモノの妄想が広がり、物欲が原動力を生む(と信じたい)。

ゴードンマーレー トランスカル ライトウエイトスポーツシート 991GT3 TURING話がT50に戻りまして、ご覧の通りファンは一つでした。”絶対ツインファンでリリースされる!”と予想していた私のハズレです。予想案件は下記リンクより。 日々精進

READ THE FORM (TRUTH OF GORDON MURRY T50)

限定完売品、あります

インディケーター 86 BRZメーカーは大人気で完売、、しかし弊社では長期在庫の兆し、、販売力の無さが幸いして在庫あります!ゼネラルグラフィック社謹製、インディケーター”TOYOTA86オフィシャルロゴ入りコンプリートパッケージ”。

インディケーター 86 BRZ TOYOTA 86 オフィシャルロゴメタルパネルにエッジング加工されたロゴに萌えますよね?

インディケーター 86 BRZ TOYOTA 86 オフィシャルロゴ現在庫状況ですが、86前期GT&GTL用フルキット(光採集シート付ベースメーターパネル+オフィシャルロゴ入りメタルパネル+ニードルキャップx4+メーターリングx3)パッケージがラスト2台。86後期マルチメーター用フルキット(光採集シート付ベースメーターパネル+オフィシャルロゴ入りメタルパネル+ニードルキャップx2+純正メーターケース&メーターリングx3)がラスト1台。私も欲しいのですが、更に長期在庫のバラ品を組んで、この限定品には手を付けない覚悟です。趣味が解る販売店さん、ユーザーさん、ラストチャンスをお見逃しなく。製品詳細は下記メーカーページご参照願います。 日々精進

インディケーターメーカー製品ページ https://www.86brz.net/products-later/

THE MOVE – ROOTS RACING GERMANY

ROOTS RACING BRZ WERNHER SACHSティムシュリック先生率いるルーツレーシング(VNLニュルブルクリンクチャレンジBRZ)の2020シーズンが動き出しました!昨年末にドイツエッセンモーターショウにてプロドライバー(2019年スバルWRXニュル24のエースドライバー)であるティムシュリック氏とザックスパフォーマンスにおけるパートナーシップが結束され、ストリートでの優位性はZFザックスパフォーマンスコイルオーバーサスペンション(ドイツスバルの限定車ティムシュリックエディションBRZに装着)、ニュルブルクリンクノルドシュライフェに向けたEJ20積み魔改造BRZでもZFザックスレースダンパーと、プライベートも仕事もザックスダンパーが搭載予定のBRZ!ストリート用のパフォーマンスコイルオーバーは1way(伸び縮み同調展開)、VNL用レースダンパーは2way(伸び、縮み独立調整展開)。で、ご要望があれば弊社でもBRZ&86用2wayダンパーのご用意が出来ますのでご予算持ちの方々はチョット気にして頂ければ幸いです。近々に製品仕様と国内販売価格をご案内申し上げます。 日々精進

ティムシュリック先生リコメンド

自由研究

株式会社ヴェルナー 次世代 車いす フロントホイール径を大きくして、安全性能を高めた次世代型のくるま椅子構想。常に思うのですが、フロントホイールが小さ過ぎですよね。私が思うのだから多くの皆さんも同意見かと思います。何らかの規制や規格が原因でホイール径が変更できないって事はないと思いますが、作る側の都合より、ユーザーの使い易さと安全性が最優先。もちろん、フロントタイヤ左右が360°回転して方向転換と最小回転半径を保っている性能も解ります。その性能を保持したまま、現規定サイズ3M(3立方)内にどうやって大径フロントホイール、もしくはそれに代わる機構を組むか?毎回ご覧頂いているエンジニア皆さんも少し考えて頂ければ幸いです。 自由研究で日々精進

2020/01/23追記 ホイール径のヒントではないのですが、チョットビックリした案件。何度見ても不思議、、

SCHNITZER

シュニッツアーセリカこのマシンで「おおおっ!」と反応出来るのは、昭和40年代前半生まれの方で、私達世代の憧れだったと思います。タミヤ模型のパッケージからブルーのボディがメジャーかもしれませんが、ローディンシュトク(チームスポンサー、ドイツの眼鏡サングラスブランド)のセリカGr(グループ)5は少年時代の私にとって強烈な印象を残したマシン。当時はシュニッツアーが何かも解らぬまま、、。で、二十歳を少し過ぎた頃、前職ハンズトレーディングの当時の番頭マネージャーから「ドイツのBMWチューナー2社が日本市場のパートナーを探している。その2社はACシュニッツアー(AC SCHNITZER)社と、カイリーン(KAILINE)社。独断だけど僕の好みで”カイリーンを選んだ!”」と、、。ACシュニッツアーが選べるのにカイリーン(数年後にカイリーン社倒産)。汗出ますよね。思うに、番頭マネージャーの引きの強さ(運の悪さ)だけを弊社が引き継いでしまった気がします。30年近く前のオモシロ昔話はさて置き、GRスープラ用、ACシュニッツアーパーツのご案内です!現輸入発売元アドベントさんのご了承を経て予約開始! 日々精進

A90 AC SCHNITZER

対角線感覚の気持ち良さ

ザックスパフォーマンスコイルオーバーサスペンション SACHS 86 PERFORMANCE 車高調整年末に群馬渋川にあるローカル書店の文具コーナーにてメイドインジャーマニーステッドラー謹製2.0mm径シャープペン&HBの芯を購入。芯はもー少し柔らかく濃いのが好みなのですが、群馬山間部でステッドラーが買えた事に満足。で、上画像のように落書きしてみました。ドラテクや、サスペンションジオメトリー/ロールセンター瞬間回転中心と言ったようなリアルな話ではなく、私の個人的な感覚を可視化しただけ。四角い床は86です。進行方向は画面右上、現在右旋回アペックスに向けて進んでます。右下にあるアール(弧)で想定される速度域が出てしまうので本当は書きたくなかったのですが、カーブ中のイメージで速度も”高め”で見て下さい。①右フロントタイヤから②左リアタイヤのコーナー出口に向かう対角線に注目!ザックスパフォーマンスコイルオーバーサスペンションの優位性を何万文字も使って書いてきましたが、その優位性がこの”対角線感覚の気持ち良さ”に集約されると感じます。微速域から高速までタイヤが方向を変えるストレスを全く感じず、ノーズが”するっと”又は”くぃっと”出口に向く。ノーマルのトルセンデフでもSACHS車高調整さえ装着すればコノ感覚を得られます!と宣伝しつつ、私的感覚の話が続きます。車高調整式でありながらダンパーストローク(1GからリフトUPしてタイヤが路面から離れる位置)もほぼ純正同等&伸び側のハイスピードレスポンスで車体がどんな姿勢であっても4輪の接地感は抜群。①印イン側フロントの圧倒的な路面インフォメーションが優れているので”ノーズの向きの良さ&ステア応答力”が感覚として現れるのかもしれません。速度(タイム)にとらわれず、ただひたすら気持ち良さを楽しむドライブツールがザックスパフォーマンスコイルオーバー。その仕様にままサーキットを走ったら?は既にDVD化されておりますので、下記製品2件リンク確認宜しくお願い申し上げます。 日々精進

SACHS Performance Coilover 86&BRZ

86/BRZ サーキット攻略DVD

 

GR-SUPRA/B48進行報告

GR SUPRA A90 アーキュレー シェーフェルンドGRスープラ用製品開発、進行状況ご案内です。先ずB48搭載4clyモデルのマフラーですが、姉妹車両Z4B48が年末にほぼ完了したらしく、いよいよ動き出します。細部取り付けチェック>実装着>音質デザイン&音量調律>実装着にて再度調整>加速騒音試験>製品化と完成までの行程はこんな感じですが、音源(B48エンジン)と床(マフラーレイアウト)出口(バンパーからの位置)まで殆ど同じですからササっと仕立てて、、と言う程簡単じゃないいんですよね。予定では今月末に車両回漕してアーキュレー&シェーフェルンドエキゾーストビルダーEXエンジニアリング社に入庫、製造過程を要所要所で見学させて頂く予定です。最初の認証はSZ、次にSZ-Rと順次検査認証(車検対応)を取得して行きます。ですのでRZ-6cylはもー少し後になります。

GR SUPRA A90 アーキュレー シェーフェルンドGRスープラ用、その他パーツのトピックとして、ドライヴィジョンECUの開発が始まっております。こちらもB48エンジンSZからスタートしておりまして、目標とするパフォーマンスはノーマルSZ-R以上。86&BRZ同様、使い易さを設計指針に置いて進んでいるハズ、、ですが2拠点の現場からは”苦悩と悶絶”しか今のところ聞こえてきません。ドライヴィジョンECUの今市社長曰く「ドイツ語が特にやっかいで、日々アイネクライムナハトムジークよ(大汗)」と。GRスープラ用ドライヴィジョンECUに関しては開発進展があり次第、随時ご案内申し上げます。その他、お手軽スロコン&サブコンは2月末までのキャッシュバックキャンペーン中なので引き続き宜しくお願い申し上げます。日々精進

CASHBACK CAMPAIGN

TOYOTA&GR用ハイスパークイグニッションコイル

ハイスパークイグニッションコイル86&BRZ&GRスープラ用が好評なハイスパークイグニッションコイルの他トヨタ車、GR車両向け適合のご案内です。プリウス&C-HR用は現在開発中です。引き続き宜しくお願い申し上げます。

MARK-X GRMN (6cyl) 税別定価¥46,800-
VITZ GR&GR-SPORT (4cyl) 税別定価¥31,200-
AQUA GR-SPORT (4cyl) 税別定価¥31,200-
HARRIER GR-SPORT (4cyl,NA&TURBO) 税別定価¥31,200-
VOXY GR-SPORT (4cyl) 税別定価¥31,200-
NOHA GR-SPORT (4cyl) 税別定価¥31,200-
COPEN GR-SPORT (3cyl) 税別定価¥26,400-

HSI A90SUPRA B58/B48

HIGH SPARK IGNITION COIL

シートポジションを再確認

TRD14R 86 SACHS自分の運転を再認識する為に、シートの位置を測ってみました。クルマからのインフォメーションをどう受け取って(感じて)数メーター先を予測しつつ操作するかは人それぞれですが、シート位置は一つの基準点だと思います。位置が良い、悪いって事ではなく、個人的に”どの位置座っているのか?”を数値で見たかっただけです(笑)。

TRD14R 86 SACHS結果から申し上げますと、ホイルベース中心からやや後ろした。ドイツ人の言う”ポポメーター”中心点。前はABCペダル&フットレスト、次がステアリング、続いてニーパッド部、そして尾てい骨位置、下がってシート背面。これが直接的(クルマと人の体が接している)感覚部分。ワインディング走行中、イン側のガードレールギリギリにかすめる感覚はまた別の話で、空間認識の一種と思います。こうして文字を打ちながら思うのですが、趣味の運転って複雑ですよね。実はココを明確にして自社の商品をアピールしたかったのですが、更にドン引きされそうなので中止。マニアなフォーカスポイントはMFゴーストといい勝負だと思うのですが目的が相手より速く走る事ではなく、いかに気持ち良く走るか?気持ち表現の難しさであります。

TRD14R 86 SACHS体感感覚中心点の着座位置が明確になった、、だけ。ハイエースの場合フロントタイヤの上が着座位置でも普通に運転出来るって事は、もしかしたら運転って、空間認識の方が高いのかもしれませんね。クルマの運転より更に複雑な人間の操作を検証していたYAMAHAさんの3年前↓ 日々精進

YAMAHAのバイクブースにて