並べてみたくなる質感

IRP SHIFTER LANCER EVOメイドインリトアニアの逸品IRPシフターランサーエボリューションの入荷検品風景。全ての箱を開けてキズ&出来る限りのファンクションをチェックして発送準備、、ですが今回も左右ストロークを調整するアジャスターが抜けてました。幸い在庫品を使い無事完成!ご予約頂いておりましたランサーEVOオーナーの皆様、永らくお待たせ致しました。順次発送致しますので今しばらくお待ち下さい。 日々精進

IRP-LANCER EVO

アドバンスフローエンジニアリング

AFE TAKEDA 86 BRZ アドバンスフローエンジニアリング タケダ エアインテークシステム弊社86用パーツを自分で買いましたシリーズの続き。米国アドバンスフローエンジニアリング社のタケダモメンタムコールドエアクリーナーBOX装着の図!エンジンルームがいい景色になりました。コアサポート付近がスッキリしたのと、サウンドクリエーターを外し(装着も可能)全体的にシンプルに仕上がりました。インテークパイプのフレキシブル(ジャバラ)がなくなった事もクリーンルックの要因です。エンジンルームに馴染むポリ素材エンボス表面仕上げ&社外品(チューニングパーツ)である事の造型アピール度の高いバランス!ここら辺に拘る人はこのaFeタケダしか選択の余地はないと思いますよ。

AFE TAKEDA 86 BRZ アドバンスフローエンジニアリング タケダ エアインテークシステム吸入量純正エアクリーナーBOXの約1.5倍(下記リンクCFMデータ参照)の86&BRZ用アドバンスフローエンジニアリングタケダモメンタム!正規輸入元完売、代理店の弊社も完売!日本国内で唯一、GRガレージさいたま中央店さんに数セット(勿論正規品)あるかもしれませんので気になる方は是非お問い合わせしてみて下さい。 日々精進

aFe TAKEDA MOMENTUM

スペンサーのCB

フレディスペンサー HONDA CB見ないで描くAMAスーパーバイク/フレディスペンサーのホンダCB900F。良く描けた!と思って実車画像を見たらメーターのカタチが違いました。AMAレーサーも乗用のツインメーターで残念。で、ホンダCB-Fでありますが、自分ら世代は”バリバリ伝説”の洗礼を受け、フロント19インチのCB750FB赤メタタンク”通称巨摩郡カラー”を手に入れるべく頑張った時があったのではないでしょうか?漫画の影響による中古車プレミア価格、、ちょうど今の赤い前期86(MFゴースト)と同じような現象です。で、けっきょく当時の自分はCB750Fを手に入れる事無く(代わりにカワサキZ750FX1の中古が当時の愛車)現在に至ります。ホンダからエンジン主要パーツのリバイバル生産&販売も開始したらしく今からでも遅くないような気がしてなりません。

HONDA CB900F フレディスペンサーそんなソワソワ感(笑)の中、現在CB750Fを所有されていらっしゃる方へのエール(レストーションを開始して乗りましょう)のつもりで2021年3月初めのブログ記事と致しました。 日々精進

WINDING WORKS

ワインディングワークスニッバチの売れない月に弊社から製品をご購入下さった皆様に感謝。ありがとうございます!画像は静かな月末風景。群馬山間部は相変わらずの暴風ですので三畳事務所にてヘルメットの手入れ。そー言えば、弊社のお取引先BMW専門店ベイファールさんから”5月13日富士ショートコース走行会”のご案内を頂きました。スケジュールが合えばハンズの生井さんと共に向かいたいと思います。参加ご希望の方はベイファールの杉井さんにお電話してみて下さい。 来月も宜しくお願い申し上げます。 日々精進

ベイファールさん走行会に参加

スーパーバイクの冷却デバイスを86に搭載

サムコホース カモフラージュ柄 86 BRZ ラジエターホース SAMCO自分の好みで仕入れた86&BRZ用SAMCO(サムコ)クーラントホースのスペシャルカラーオーダー”アーバンカモフラージュ柄”。売れないので結局自分で購入しました(笑)。よーく考えれば”売れるハズない”よね。と、今更ながら一人納得。86&BRZのユーザーさんがSAMCOのブランドにビビっと来て「カモ柄オシャレでいいじゃない!」って考えて居たのは自分だけでした。純正ホースから換装する事によって特別何も変わりませんが、ボンネットを開けた時の景色に遊び心(前髪を遊ぶ的な?)に見えて、実は遊んでる場合じゃない極限状態でも安定した熱交換/循環を可能にするホース。FIM-Super Bike & Super Sportや、Moto-GP御用達ブランドSAMCOを自分の2号機に装備して自己満足(売れない負け惜しみカモ?)。自分の単車が空冷なのでSAMCOが使えないって事もあり、その代償行為。

サムコホース カモフラージュ柄 86 BRZ ラジエターホース SAMCO気を取り直して86アルアル画像です。冷間時のクーラントリザーブタンクのレベルに注目して下さい。このレベルで”少し足りないから足そう”とするとオーバーフローします。

サムコホース カモフラージュ柄 86 BRZ ラジエターホース SAMCOこちらが温間(水温安定)のレベル。ちょと入れ過ぎました。

サムコホース カモフラージュ柄 86 BRZ ラジエターホース SAMCO86&BRZもそろそろ本格的なメンテナンス時期のクルマが多いと思いますので、クーラントの管理と、ゴムホース経年硬化(劣化)をチェックして早めの交換をお勧めします。 日々精進

カモ柄バカ一代

イグニッションキー

YAMAHA XT500 単車の鍵。キーシリンダーに差し込んでイグニッションON!軽量化の為にバッテリーも下ろしているので一瞬だけ”緑のニュートラルランプが灯火”します。ココからが大変で左グリップにあるデコンプレバーを握り、キックペダルをゆっくり踏みながら右足裏の感覚でピストンの上死点で止め(XTには上死点確認窓がありません)”スルッ”とキックペダルを蹴り下ろす。と、ドドドドド!とエンジンが動き出します。単気筒500ccだから気合いを入れて、具体的には”左足もステップに置きスタンディングで右足で勢いよく蹴り下ろす”、、初めは自分もそーして苦労しましたがコツ(静かにスルッと)を覚えたので楽々です。エンジンを組んでもらった故-佐藤さん(AAA代表)も「キックペダルストロークは大きくなくても大丈夫」と、おっしゃっていました。さて、話をお題目の”イグニッションキー(&キーシリンダー)”に戻します。

86キーシリンダー穴自分の86も単車のように、鍵をキーシリンダーに差し込んでエンジンスタートさせたいんです。以前であれば普通の鍵を差し込むエンジンスタート行為(儀式)がなくなり気分が揚がらないって事と、スマートキーがクルマの部品としての所在が曖昧な感じが気持ち悪いんです。室内の何処に置いていても、自分のポケットでも、持っていればドアが開き、そのまま乗り込んでクルマをスタートさせる。あらためて文字にすると「便利よね」って事になるのですが、全くもって自分の目指すスポーツカーらしくない、、。で、じゃあスマートキーの86をキーシリンダースタート式(Gグレード&TRD14R60等)にするにはどれだけパーツが必要なのかをザックリ考えるとステアリングコラム&ギアボックスASSY交換+メーター(イモビライザー)交換もしくはメーターを追加で乗せる+ECU&OSの書き換え+ドアロックエレメント(アクチュエータ)交換+ハーネス交換等まだまだありそうで、事実上無理です。上画像は1号機の86GTのコラムカバーを剥がした画像。もしかしたらキーシリンダーあるかも?と期待を込めたのですがダメでした。モロモロ考えた折衷案として乗用レースカー(GT4とかWTCC)に装備されるちゃんとした鍵置き場を設置する事。BMW M4GT4こんな感じ。 日々精進

2号機86のアップデート

ヴェルナー TRD14R2号機こと、D型86TRD14Rの構成パーツアップデート&追加パーツで自分の目指す性能にかなり近付いた気がします。作業&セットアップは毎度お馴染みGRガレージさいたま中央さんにお願いしました(いつもありがとうございます)。まず視覚的に大きな変更点が”エアクリーナーBOXの換装”。純正BOX&サウンドクリエーターを外し、米国アドバンスフローエンジニアリング社製タケダモメンタムコールドエアインテークシステム(湿式)に換装。在庫が売れなくて”自分で買うシリーズ品(笑)”。おかげさまで弊社在庫(勿論正規輸入元の製品)完売!正規輸入元のチェックショップさんの在庫も完売!あとは日本で唯一、AFE(アドバンスフローエンジニアリング)社の86&BRZ用タケダモメンタムを在庫して頂いているGRガレージさいたま中央店さんに数セットあるのみ!依然コロナ禍が続く米国で奇しくもコロナ(地名)にあるAFE社も影響下にあり、未だ稼働率が低く次回納期に時間がかかります。気になっている方は是非GRガレージさいたま中央店さんにお問い合わせしてみて下さい。86&BRZ用AFEタケダモメンタムは純正のサウンドクリエーターを残して装着する事も可能です。迫力あるインテークサウンドを室内で楽しむ事のもアリですね。因みに音ですが、自分の2号機に装着したところ”ンガーーーーーー”って感じの機関音が増しました。※エンジン環境によって音は変わるかもしれません。各パーツの詳細はのちほど、 日々精進

PORSCHE 959 RALLY

POESCHE 959 RALLY WERNHER昨日都内で用事を済ませ、実家に立ち寄りその後巣鴨のミニカー屋さん。画像が戦利品のポルシェ959ラリー(ホットホイール2019年モデル)!見た瞬間にイイ仕立てにトキメキました。裏の製造国を見ましたらタイランドなんですね。どーりでチューニング(クルマ&バイク)先進国になる訳ですよね。ヨーロッパも米国も日本も、、もうタイのカスタム&チューニングムーブメント&カルチャーには追い付けないと思います。さて、どうやら昨年の今頃もポルシェのミニカーを巣鴨で買ってたようで(笑)。 日々精進

PORSCHE 917

ザックスパフォーマンスコイルオーバー

ザックスパフォーマンスコイルオーバー 86 BRZブログのタイトル”(86&BRZ用)ザックスパフォーマンスコイルオーバー”ですが、もうほとんど書く事が思い浮かばない状態です(笑)。それもそのはずで6年以上も同じ製品を推し続け、記事を書いてきましたので自分の気持ちが打ち止め状態。この気持ちを立て直す為に少しの間86用ザックス関連記事はお休み。その分カタログのテキストに注力します。

ザックスパフォーマンスコイルオーバー自他共に認める”痛車”状態だった2号機86TRD14Rも撮影が完了して現在はほぼすっぴん状態。現車だと”痛い感”なステッカーを貼った86ですが、これが2次元(画像)になると画になる不思議。現在制作中のカタログページに凄く映えました。

ザックスパフォーマンスコイルオーバー緊急事態宣言下のコロナ禍にありますので試乗会の予定はありません。しかし、準備だけは怠らずに日々精進

86(&BRZ)用ザックス車高調は気持ちいイイ~ぃ

FA20&FA24フルーダンパークランクプーリー

86 BRZ クランクプーリー フルーダンパー FA20 FA24水平対向4気筒2.4リッターエンジン(FA24)を搭載した新型86&BRZ用のアップデートパーツのプランニングを考えつつ、手持ちのモノ(取り扱い製品)が装着可能か?否か?の下調べ。で、フルーダンパークランクプーリーEJ20用とFA20用を並べて撮影。EJ20用がFA24用と互換性があれば嬉しいので新型発売後に現物確認した後、正式にご案内致します。プーリーを交換するだけでフルバランスドエンジンのような(振動軽減による)シャープな回転感覚が手に入るフルーダンパーを引き続きよろしくお願い申し上げます。 日々精進