TCUとIRP

IRP SPORT SHORT SHIFTER スポーツシフター 86 BRZ BMW TCUチューニング アイシン AT オートマTCUチューニングモジュール(左の筐体)と、IRPスポーツショートシフター(右の超超ジュラルミン棒)。カタチは全く違いますが、目的とする性能はどちらも同じでシフト(変速)速度の改善策です。IRPシフターはマニュアルトランスミッション用ですので、プラスマンパワーと言う事になります。シフトノブの位置がよりステアリングに近くなり、各ギアポジションへの移動距離も短く適正。でも神経質にならなくても普通にストロークが出来る範囲。ユーロ圏ショートシフタートレンドのドンズバ製品。超超ジュラ+NATO由来のCNC+ブラックアノダイズドコートと言った質感も楽しめる製品です。一方のTCUは英国のMI7みたいな超技術集団が仕立てた機密情報そのものが製品。筐体の中身(プログラム)が製品ですので質感を楽しむ事は出来ませんが、オートマチック(トルクコンバーター&CVT)やクラッチペダルレスマニュアルの変速技術の独自(影の開発起業利権かもです)解析と改善で”世界最速と言われる86&BRZ搭載アイシン”のシフトチェンジを更に速く、そしてドライバーの意識により近い変速フィーリングにアップデートする製品です。TCU(トランスミッション制御)はECU(エンジン制御)と全く別ですので、現在のところ、86&BRZのTCU改善はコレしかありません。英国TMCにしか出来ない技術製品です。輸入車方面のTCUユーザーさんは、インストールしても追加データー(TCUのプログラム)がディーラー診断機に現れない(データー量が変わらないらしい)ので安心って事も聞きます。自分にはスポーツカーとドライバーの関係性に持論がありまして、85%はマシンの言いなり(設計思想を重んじてクルマ側に合わせる事)で残りの10~15%は自分の好みで手を加え、つまり自分側にマシンを引き寄せて、お互いの距離を縮めて行ければいいな。と思ってます。TCUとIRPでマシンとの距離を縮めてみませんか?

TCU-TUNING 86&BRZ

IRP SHIFTER

 

昔の広告

ZF SACHS PERFORMANCE STUDIE Z4M WERNHER昨日のblogの続き。アイドルギアの小林さんから当時(9年前)制作途中だった広告画像を頂き掲載しました。TOYOTA-GR広告に似てる、、と思ってましたが比べるとですね、こんな感じです。文字量が多かったのは、多分調子に乗ってた頃って事と、自分が貧乏性で画面を埋めないと不安になったのだと、、あとは当時の社長の稟議関係もあったのかもしれません。この広告で自分が見せたかったのはうねったカーブの舗装路+トップレフトから前(画面中央下)に勢い良く流れるセンターラインのみ。>ここはGR広告のデザイナーさんも同じかもしれませんね。9年前の自分のセンスに今もOKを出せます(笑)。進歩がないと言われればそれまでですが、ぶれない信念と言い切り日々精進。広告のベースとなった画像を提供して下さったStudie鈴木社長に感謝。

GR広告

TOYOTA GR SACHS 86 昨日の読売新聞朝刊全面広告。トヨタの新しいスポーツ車両と店舗展開の概要発表翌日に掲載されました。格好いい広告で、どこか懐かしい気がしました(キーボードを打ちながら思い出しましたので何時か公開します)。で、トヨタスポーツカーの起源はやはりスポーツ800なんですね。航空機技術由来でスタイリッシュ&ライトウエイト&出来るだけのライトコスト(誰でも手に入れられる価格帯)&環境性能。現代でも全く通じるスポーツ800を今の技術で組みなおしてGRコンセプトカーと仕立て直したようです。水平対向は86に通じるアイコンでありまして、企画プランナーなら当然の仕立てですよね。で、自分が思うに、スポーツ800の現役時代つまり1960年代のモータースポーツ含むムーブメントをもう一度掘り起こそう!みたいな動きがあるように感じます。当然いい時代だったようで、ファッションとメディアとスポーツカー&モータースポーツがしっかりリンケージしていた実感があります。イラストレーター大橋歩先生(平凡パンチの表紙)や、穂積和夫先生(VANジャケットのキャラクターアイコン&クルマのイラストレーション)の作品からもそー思う訳でありまして、見てきたこと、考えている事(この先の未来)はだいたい解りますし、共感出来ます。もしかしたらこの一連のプランナーは自分と同世代(少し上の方)かもしれませんね。船橋にサーキットがあった時代にはまだ自分は生まれてません、、が、式場さんと縁のあった母の記憶が今これに繋がっているのかも、、と。「じゃ、今俺の出番じゃね?」とも思ったりする訳でありますが、一介の起業2期生一人親方株式会社代表に出来る事っていっても、、そもそも部品売らないと食べられない身ですし。このBlogをご覧頂いているTOYOTA広報関係者の皆様、何かアウトソーシングが御座いましたら宜しくお願い申し上げます!って事と、弊社親方本店銀座ことハンズインターナショナルさんが本格的に60年代モータースポーツのアイコン”Racingmate(レーシングメイト)”ブランドを再起動させるらしく、この仕事は多分自分も招集されると思いますので展開にあたり準備済みです。後世につなげる前に、同年代の皆さんと楽しむ事。これが大事だと考えて日々精進。 追伸:コスモブラックのBMW-Z3MクーペがKARASUのイメージと言う事はまだ内緒です。

木こりの山麓、続き

IRP SPORT SHORT SHIFTER スポーツシフター BMW E36M3 WERNHER コシカワケンチク 越川建築 木こり知人の木こりの山麓(E36M3-3.2)に乗って、テストコースのデッドエンドまで駆け上りました。車幅の約1.8倍、クネクネワインディングは英国チェチェスターにあるマーチ卿のヒルクライムコース(GoodWood)に近い感じでした。現在の標高800m。日を改めてシフターのファンクションをアピールするムービー撮影を予定。※注:木こりのテストコースは鹿の突撃と、それを追うウインチェスターを構えた狩人の流れ弾(散弾なので流れないのですが)に注意なので絶対近寄らないでください。

IRP SPORT SHORT SHIFTER スポーツシフター BMW E36M3 WERNHER コシカワケンチク 越川建築 木こり木こりチューンの山麓(36)M3と本人。ナイスTシャツ!とか突っ込んで欲しいそうですが、ファイナル変更+AVLシュリックハイカム+木こり油圧制御+エアフロレス6連ダイレクトスロットルで推定+20psUP=340ps、、実際は?ですが、前に進む速度感覚には高揚感がありました。外気温度が適正になった頃、富士本コースチャレンジを再開との事ですので、方面各位宜しくお願い申し上げます。

IRP SPORT SHORT SHIFTER スポーツシフター BMW E36M3 WERNHER コシカワケンチク 越川建築 木こりで、こちらが木こりの集めたE36M3用クイックシフター数本。付けては外しを繰り返し、現在IRPに落ち着いた感じです。

IRP SPORT SHORT SHIFTER スポーツシフター BMW E36M3 WERNHER コシカワケンチク 越川建築 木こりE36M3、並びE36/318isに装着する場合、シフトコンソールトリム本体の切開は最小限で済むみたいです。ブーツインも可能ですのですっきり収納ですね。

IRP SPORT SHORT SHIFTER スポーツシフター BMW E36M3 WERNHER コシカワケンチク 越川建築 木こり切開部分の拡大。純正ブーツ本体、ブーツトリムもそのまま装着可能です。またIRPシフターkitにはラバーブーツが入っておりませんが、ご覧の通り、純正移植が可能ですのでご心配なく。

IRP SPORT SHORT SHIFTER スポーツシフター BMW E36M3 WERNHER コシカワケンチク 越川建築 木こりギアポジションチェンジテスト。カチカチ決まるショートストローク。節度あるシフト感覚。流石リトアニアの精密CNC仕上げ!NATOの心臓部で組み上げられたシフターは冗談抜きのミルスペックですよ。重さ(変速の力加減)はシフター構造とは別の話で、車体の個体差によるものと思われます。※純正の片止コの字型のシフトリンケージに不安のある方は高剛性のH止めチューナーリンケージを追加採用する事をお勧め致します。

IRP SPORT SHORT SHIFTER スポーツシフター BMW E36M3 WERNHER コシカワケンチク 越川建築 木こりシフター上部のボタンがリバースロック(最左上)のリリースとなっております。これは86&BRZ同様の親切設計!高負荷での操作もバッチリですね!後は車両法(車検対策)適合の為シフトパターンを画像のように添付して頂ければ完成です。BMW用はゲトラグ&ZFの4速、5速、6速全て汎用なのでボタン部にもシフトパターンが入りません。※kitには含まれておりませんので、各自ご用意お願い申し上げます。で、この製品は個人輸入でありまして、ドイツから1つ個人輸入した場合のコストチェックの結果、弊社の税別定価¥80,000-は適正じゃないかな?と思った次第であります。、、優れた工業製品は基本儲からないんです( ;∀;)

IRP (Individual-Racing-Parts)

待つ事実に8か月

ザックス入荷 車高調整 86&BRZ サスペンションセット SACHS WERNHER ヴェルナー パフォーマンスコイルオーバー先日の伊勢崎倉庫前にて輸入貨物を解梱&検品。ユーロ圏主導の国際航空貨物基準”ユーロパレット”にセットされた箱の中身はSACHSパフォーマンスコイルオーバー10セットで、弊社の在庫商品。総輸入元ハンズインターナショナル>製品管理ハンズトレーディング伊勢崎>発売元弊社といった供給体制であります。輸入車ユーザーさん向けに製作したフライヤーにこの86&BRZ用製品が掲載されていないのは弊社の専売品でありまして、その責任から常時在庫を心がけてきたつもりでしたが、ドイツサイドのトラブル?により数名のユーザーさんにご迷惑をかけてしまいホント申し訳なく思っております。86&BRZ用SACHSパフォーマンスコイルオーバーが「半年以上待ってでも欲しい製品」と評価されている事だと信じ、8ケ月待った大事な10セットを大切にユーザーさんに届けたいと思います。スポーツ性能重視の車高調整でありながら市場最弱(多分)のスプリングレート(Front 38.50N/mm,Rear42.50N/mm)で性能が成立してしまう(スプリングのテンションに依存しないダンパーの制御)ドイツZF-SACHSレースエンジニア社の逸品をどうぞ宜しくお願い申し上げます。製品詳細は↓にて全部掲載しております。製品番号000299税別定価¥286,000-現在庫数7セット在ります。

SACHS Performance Coilover 86&BRZ

ベイファール2017秋のツーリングに参加

ベイファール BMW SACHS WERNHER ヴェルナー弊社のクライアント&SACHSパフォーマンススペシャルショップであります、BMW専門店ベイファールさんの”秋のツーリング”に参加させて頂きました。自宅から山を一つ越えた横川SAで合流の後、小諸で100%のリンゴジュース&BBQを食べて解散。ゆるく楽しいひと時を過ごさせて頂きつつ、市場調査を実施。参加総数50数台、、F世代モデルがざっくり90%で残り10%がE系。NAエンジン+クラッチペダル付き車両は4台(1Mx2、46M3、90M3)。完全に世代交代完了ですね。因みにE36系は自分ひとり、、我ながらマイノリティー感なのですが、コレをビジネスに繋げて行かないと!と思っております。

ベイファール BMW SACHS WERNHER ヴェルナーお誘い下さったベイファールさんに感謝。ご参加下さった皆さまに感謝。日々精進。

高知にて

マイスターキャラス 高知 ヴェルナー弊社のクライアント、高知県マイスターキャラスさんに訪問したのは今年7月の終わり頃。蔵出し画像です。で、桧垣社長から「しょうじさんコレ乗らない(買わない)?」とお誘いが、、汗。敷居が高すぎだと思います。単発のBMW-R25。

マイスターキャラス 高知 ヴェルナーメーターはこんな感じ。1952年、WW2の敗戦から10年未満の代物。そー言えば群馬の某バイク屋さんで、同年代の”富士重工業”のバイクがフォーセールで、R25と同じような綺麗なシルエットでした。

マイスターキャラス 高知 ヴェルナー同じくマイスターキャラスさんにて絶賛レストア中のアバルト。いい景色ですね。

マイスターキャラス 高知 ヴェルナーエンジンルーム。

マイスターキャラス 高知 ヴェルナーで、こちらが以前blogで掲載したら密かな反響があったゴルフ1のCOX-ABTターンフロー1.6エンジン。ショウルームから社屋に出されてしまって、、。至急の救済案件であります。

OFF THE ROAD

OFF THE ROAD WERNHEROFF THE ROAD WERNHEROFF THE ROAD WERNHEROFF THE ROAD WERNHEROFF THE ROAD WERNHEROFF THE ROAD WERNHER素敵なビジュアルブックを発見しました。ランドスケープの中に有るクルマ、バイク、人の生活。「いいなー、凄い景色だなー、」と、ビールを飲みながら眺めるwのに最適です。で、表紙には濃い緑のディフェンダー90と、山の景色がありまして、即買いしました。ワーゲンバス、ランクル、ゲレンデ、ジムニー、ヤマハXTとページをめくる毎に「そーだよねーいいよねー」と、納得の景色に溶け込むマシン達に混ざって、、自分のクルマBMWのZ3Mクーペが出てきてビックリしました。読んだらカナダ-カルガリーからイヌヴィックまで往復5,000キロのグレートジャーニーと。舗装路でも危うい操縦感覚、、雨なら踏めないと言う非常にメカニカルグリップが弱いZ3Mクーペで、、汗。世の中には凄い人が居るんですね。と思いつつ日々精進。

Off The Road / Explorers, Vans, and Life Off the Beaten Track / ISBN 978-3-89955-594-3

木こりを訪ねて

IRP SPORT SHORT SHIFTER スポーツシフター BMW E36M3 WERNHER コシカワケンチク 越川建築 木こり知人の木こりを訪ね、山梨県の標高800m付近、山奥某所に分け入って参りました。

IRP SPORT SHORT SHIFTER スポーツシフター BMW E36M3 WERNHER コシカワケンチク 越川建築 木こり2階建て+増築済み本宅と離れ(現在新規事業に向けて拡張工事中)に佇むBMW-E36M3の3.2。山奥の隠れ家的風景でありますが、本人は至って元気に営業中。因みにDTMスポイラーはホンモノで構造柱2本入りの本気仕様。位置決めが一番苦労したと本人談。こーゆー画像は日本の方じゃなく、ヨーロッパの方に響くと思われます。

IRP SPORT SHORT SHIFTER スポーツシフター BMW E36M3 WERNHER コシカワケンチク 越川建築 木こり埃っぽい感じが上手く写りました。コスモブラックでナンバー57-61、、自分のBMWと同じ色で同じナンバー、、因みにエンジンも同じ。流石、多感期を共に過ごした中学時代の同級。選ぶモノも同じでナンダカナ。で、あります。

IRP SPORT SHORT SHIFTER スポーツシフター BMW E36M3 WERNHER コシカワケンチク 越川建築 木こりモノクロに変えて廃墟感を出そうと思いましたが、可哀想なので止めました。エアフロレスの後乗せECU制御+AVLシュリックハイカム+オリジナルのポンプ制御でアイドリングもほぼ安定。通称”木こりチューン”。
IRP SPORT SHORT SHIFTER スポーツシフター BMW E36M3 WERNHER コシカワケンチク 越川建築 木こり我ながら”都会っ子の反動”ってのは凄いな。と思う訳であります。本郷界隈の道路環境と住宅事情とか、渋滞と都会の狭さから逃れるべくって言う事と、アウトドアへの憧れですかね、そーゆー事にお金を使えるようになり自分の人生にした結果の図。魔改造山麓(サンロク)M3木こりチューンの右が新規事業予定地。目下釜を増設するべく拡張中、、その釜でカーボンプリグレブ成形は無理な感じです。

IRP SPORT SHORT SHIFTER スポーツシフター BMW E36M3 WERNHER コシカワケンチク 越川建築 木こり魔改造山麓(サンロク)M3木こりチューンのコクピット部。見覚えのある製品が二つ程。一つはPLXマルチデバイス。本牧時代の前職で仕込み予定でしたが専任担当者が退職してお蔵入り。いい製品ですよ!そして、ジュラルミンのノブシャフト一体成型(切削)のドイツとリトアニアの共同生産品”IRPスポーツシフターBMW用”。この製品のチェックの為に詣でたのですが、長くなりそうなので続きを書きます。ムービーも撮影出来ましたので、後ほど掲載予定です。想像以上に普通にカチカチシフトが決まってほぼOK。リバースロックが安心設計です。

GR86

GRMN GR86 TOYOTA SACHS 多くの自動車ジャーナリスト皆さんはドイツのモーターショウIAAへ出張っているようですね。本日明日とプレスデイ、翌日の2日間がトレードデイ。混雑していない会場で思う存分撮影したい!日本よりちょっと涼しくドライな気候の都会(フランクフルトアムマイン)で数日過ごしたい!何度も通った”勝手知ったる異国の街”、、ま、再来年ですかね?今回は行けませんでした。で、本日12日、某所でGRガレージの概要発表があるらしく、もしかしたら自分も呼ばれるんじゃないか?と期待しておりましたが、お声かからず出番ナシw。でGRガレージですが、トヨタディーラー内のAREA86店の全店閉鎖に伴って、更にスポーツカーに特化した環境含めたディーラー整備のようです。CI条件も外車ディーラー並みの要求だそうで、現在全国で40数店舗の建設予定があるようです。またGRガレージって何?って方が大半らしく、本日の発表会に併せて、三栄書房さんと、交通タイムスさんから専門誌が発刊されるようです。自分もそれを呼んで勉強しつつ、これからどーするかを真剣に考えたいと思います。で、お題目のGR86でありますが、当初、富士86スタイルイベントでの展示って感じでしたが見送り>本日のGRガレージ発表に併せて、、も無さそうで、じゃ12月の富士TGRFになりますよね。うーん、、引っ張りますねー。来月の東京モーターショウでは?全ては行ってみないと解りません。

GRMN GR86 TOYOTA SACHS で、今後のGR構成車両(GR&GRMN)にはSACHS(ZFザックス)ダンパーを積極的に搭載して頂けるらしく、ノーマルザックス>アップデートもザックス!と選択して頂けるようにと考えております。現在のところ弊社の手持ち適合は86しかありませんが、準備を考えております。先ずはビッツですかね。