カテゴリー別アーカイブ: DTE SYSTEM

GRスープラSZにDTEブースタープロ&PPT(スロコン)装着

GR SUPRA スープラ DTE BOOSTR PRO ブースタープロ サブコン パワーアップ プラグイン2.0-4気筒ターボB48エンジンを搭載したGRスープラSZに、ドイツDTEシステム社のパワーアップサブコントローラー”ブースタープロ”と、スロットルコントローラー”PPT”を装着!どちらも欧州車チューニング市場の定番商品で、ドイツのエンジン(BMW製)に即対応出来る安全でお手軽&コストパフォーマンスに優れた製品です。上画像にあるバナー表記+25%モアパワーは製品ラインナップ車種の平均値です。GRスープラSZの場合、ノーマルエンジンが197Ps/320Nmの出力。DTEブースタープロを装着して223Ps/354Nm!比率としては高く感じませんが、元々のSZに搭載されたプログラム(出力特性)がアイドリングプラスアルファのエンジン回転数時に最大トルクを発生させる実戦的かつ使い易い特性です。そのエンジンキャラクターに沿うように”上乗せ”すると26ps出力向上/34Nmトルク向上。税別定価¥48,000-/1馬力換算¥1,846-也

GR SUPRA スープラ DTE BOOSTR PRO ブースタープロ サブコン パワーアップ プラグイン今回の装着車両は毎度お馴染みでお世話になりっぱなしのGRガレージさいたま中央店さんのデモカー。全国のGRガレージに先駆け、DTEサブコン&スロコン導入の他、目下マフラーの仕立てにもご協力頂いておりますので、今後とも要チェックでお願いします。以下、取り付け解説を兼ねてご案内。

GR SUPRA スープラ DTE BOOSTR PRO ブースタープロ サブコン パワーアップ プラグインブースタープロ本体モジュール取り付け位置。

GR SUPRA スープラ DTE BOOSTR PRO ブースタープロ サブコン パワーアップ プラグインハーネスの取り回し位置。エンジンカバーの切り欠きを上手く使って養生して下さい。

GR SUPRA スープラ DTE BOOSTR PRO ブースタープロ サブコン パワーアップ プラグイン同じくハーネスの取り回し位置。エンジンカバーの切り欠きを上手く使って養生して下さい。

GR SUPRA スープラ DTE BOOSTR PRO ブースタープロ サブコン パワーアップ プラグインブースタープロモジュール本体と2本の分岐ハーネス&装着カプラー配置図。SZもSZRもB48エンジンですので同じ位置に接続となります。

GR SUPRA スープラ DTE BOOSTR PRO ブースタープロ サブコン パワーアップ プラグイン取り付けカプラーA1+2。カプラーオンで接続完了

GR SUPRA スープラ DTE BOOSTR PRO ブースタープロ サブコン パワーアップ プラグイン取り付けカプラーB1+2。こちらもカプラーオンで接続完了

GR SUPRA スープラ DTE BOOSTR PRO ブースタープロ サブコン パワーアップ プラグイン簡単安全プラグイン(カプラーオン)接続。接続完了イメージでカバーをスケスケにしてみました。

GR SUPRA スープラ DTE BOOSTR PRO ブースタープロ サブコン パワーアップ プラグインピカっと!光ってこれでOK。製品の詳細は下記リンクご参照願います。

DTE-BOOSTRPRO

 

GR SUPRA スープラ DTE BOOSTR PRO ブースタープロ サブコン パワーアップ プラグイン一方こちらは”感度マイルド(笑)から超マックス”までワイドレンジのコントロールが可能なスロットルコントローラー。こちらもカプラーオンのプラグイン装着が可能です。コントロールパネルのデザインは株式会社ヴェルナーの専属デザイナー(私)が仕立てました。製品詳細は下記リンクご参照願います。

PPT-GEN4

GR SUPRA スープラ DTE BOOSTR PRO ブースタープロ サブコン パワーアップ プラグイン欧州車チューニング事情を知らない方々には、「何でコレで出力が上がるのか?大丈夫なのか?」って方が大半だと思います。でも安心して下さい、、私は10年前から欧州車チューニング市場でサブコン&スロコンを本格的に展開してきました。この欧州車チューニングのトレンドをGRスープラでも是非体感して頂ければ幸いです。 日々精進

撮影快調

DTE SYSTEM GR SUPRA WERNHER雨天決行!ピンボケ上等!シャッターを押して飯が食える身分じゃなく、製品を売らない限り自分、飯食えませんっ。かの”みうらじゅん”先生曰く「私は1人でブームを発掘し、育て、それをムーブメントに成長させる職人、つまり1人電通である。」と。そのプロセスに売上&回収を追加しなくちゃいけない私は”1人伊藤忠商事”かも、、奇しくも昨今の伊藤忠商事株式会社TVCMでは「1人の商人、無数の使命」をコーポレートメッセージとして使われているではありませんかっ!自分が10代の頃、ほぼ毎日通勤するかのように2tトラックで(笑)通った勝手知ったる青山本社ビル(伊藤忠商事株式会社)。社内で見かけた3ピーススーツ+ゼロハリバートン&ルイヴィトンのアタッシュケースを抱えた各エキスパートビジネスマンにはなれなかったけど、自分の目指したものに近付きつつあります。無数の使命、それはユーザーさんが安全に製品を使って頂ける事、製品を気に入って愛着を感じて頂く事。製品を介してスポーツカー人生を豊かにする事。メーカーの意図、開発理念、製品特性、もしネガテイブ要素があれば正確に伝える事。輸入元、販売店さんの利益確保。そして皆様に感謝。下記リンクはハンズ生井さんと共に製品仕込みナウな感じのブログです。↓ 日々精進

GRスープラ にPPT・BoostrPro取り付け・撮影終了!!

お得が延長

ssss122お得が延長ーーーー!大好評のうち終了(弊社は売上ゼロですが、、涙)したドイツDTEシステムキャッシュバックキャンペーン期間が3月末まで延長になりました。この延長を機にバナー画像を刷新。キャラクターはどこかで見た覚えがある”通称-逆切れ延長おじさん”と命名。以降3月末まで”ちゃぶ台をひっくり返す勢いで売れればいいな”の想いを込めて。

ssss357プロモーションはインパクトが大事、、商品の注文がない(売れない)割りには弊社web製品ページのPVがもの凄い事になっているのは多分バナー画像の影響でしょう。一人親方株式会社ですのでweb製作も自作。で、どーしても一本調子が嫌で、他の企業さんみたいに複数人でオペレーションしている感(お金を払って外注)が欲しかったんです。上バナー画像は2月末に無事大佐が迎えに来て捕獲された”通称-マシンガンおじさん”。さてさて、ドイツDTEシステムキャッシュバックキャンペーンが3月末まで延長!GRスープラ用は売れすぎて一部欠品のようですが今月中旬に再度補充されます。B58搭載RZ、B48搭載SZR&SZオーナーの皆さん、このチャンスを是非ご活用してくださいね。 日々精進

CASHBACK CAMPAIGN

GR-SUPRA/B48進行報告

GR SUPRA A90 アーキュレー シェーフェルンドGRスープラ用製品開発、進行状況ご案内です。先ずB48搭載4clyモデルのマフラーですが、姉妹車両Z4B48が年末にほぼ完了したらしく、いよいよ動き出します。細部取り付けチェック>実装着>音質デザイン&音量調律>実装着にて再度調整>加速騒音試験>製品化と完成までの行程はこんな感じですが、音源(B48エンジン)と床(マフラーレイアウト)出口(バンパーからの位置)まで殆ど同じですからササっと仕立てて、、と言う程簡単じゃないいんですよね。予定では今月末に車両回漕してアーキュレー&シェーフェルンドエキゾーストビルダーEXエンジニアリング社に入庫、製造過程を要所要所で見学させて頂く予定です。最初の認証はSZ、次にSZ-Rと順次検査認証(車検対応)を取得して行きます。ですのでRZ-6cylはもー少し後になります。

GR SUPRA A90 アーキュレー シェーフェルンドGRスープラ用、その他パーツのトピックとして、ドライヴィジョンECUの開発が始まっております。こちらもB48エンジンSZからスタートしておりまして、目標とするパフォーマンスはノーマルSZ-R以上。86&BRZ同様、使い易さを設計指針に置いて進んでいるハズ、、ですが2拠点の現場からは”苦悩と悶絶”しか今のところ聞こえてきません。ドライヴィジョンECUの今市社長曰く「ドイツ語が特にやっかいで、日々アイネクライムナハトムジークよ(大汗)」と。GRスープラ用ドライヴィジョンECUに関しては開発進展があり次第、随時ご案内申し上げます。その他、お手軽スロコン&サブコンは2月末までのキャッシュバックキャンペーン中なので引き続き宜しくお願い申し上げます。日々精進

CASHBACK CAMPAIGN

DTE SYSTEM CASHBACK CAMPAIGN FOR GR-SUPRA

ヴェルナー GRスープラ DTEキャッシュバックキャンペーンドイツNo1のサブコンサプライヤー”DTEシステム社”製品の超お得なキャンペーンです。A90GRスープラ用サブコン&スロコン税込み合計金額¥87,870-をご購入頂くと、その場で¥8,800-キャッシュバック!!サブコン、スロコン、キャンペーンの詳細は下記リンクご参照願います。キャンペーン2020年2月末までです。 日々精進

CASHBACK CAMPAIGN

¥979で1馬力アップ

DTEシステム ブースタープロ スープラ トヨタ A90 SUPRA サブコン パワーアップ お手軽ドイツDTEシステム社製”ブースタープロ”。税別定価¥48,000-(2019/11月現在)でエンジンコントロールの出力制御をしてパワーとトルクを上げるサブコントローラー、いわゆるサブコンです。お題目の¥979で1馬力アップはA90スープラRZ(6気筒3.0ターボB58)に装着した時のコストパフォーマンス。1馬力UPにかかるコスト、、¥1,000-切ってます。デフレって事ではなく、ドイツをはじめとする欧州圏での圧倒的な普及率がコストを下げた最大の要因です。”クルマを使い易くする為にパワーを上げる事”。日本では考えにくいかもしれませんが、欧州では普通の事でチューニングと言う行為が特別な人(クルマ好きな人)だけが行う事ではないんですね。で、このサブコンが欧州車におけるチューニングのメインストリームになった訳は、各自動車メーカーの環境性能強化”ダウンサイジングエンジン”にあります。排気量を小さくした分、過給機(ターボ/スーパーチャージャー)で補う。完成されたエンジン単体のキャパシティーを250Psとして、環境性能(排ガス規制/燃費)に必要な装備にマイナス50Psで完成した車両に搭載されると200Ps。その200Psを上級グレードとして、量産モデルは同じエンジンを搭載して160Ps。エンジン型式は同じで違いは制御プログラムだけです。「物理要素(メカニカルチューン)を変えないでなんでサブコンはパワーが上がるのか?そして安全と言い切れるのか?」その答えの1つは”元々のエンジンポテンシャルがある事と、出力は制御プログラムに依存しているから”となります。A90トヨタスープラの研修に参加された関係者皆さんはご存知だと思いますが、国によってはクルマの出力で課税額が変わる国があり、当然その国の人は低出力を買ってサブコンでパワーを補っているようですよ。これが現パワーチューンのトレンドです。

DTEシステム ブースタープロ スープラ トヨタ A90 SUPRA サブコン パワーアップ お手軽さて、ブースタープロの箱を開けますと、3つのパーツがパックされておりまして、1がプログラムがインストールされた本体。エンジンルームに配置します。2がハーネス。100%純正とマッチするカプラーをエンジンルーム内の配線にカプラーオンで接続します。A90スープラの場合ヘッド中央部にあるブーストセンサーと、ヘッド前側のブーストセンサーの2か所に接続して完了。3がハーネスを残して1と付け替える事によりノーマル純正の制御に戻るバイパスモジュール。1~3のパーツは全て欧州自動車メーカー基準の耐熱性能を保持しています(説明書&保証書も付属)。基本エンジンはノーマルですので、各GRガレージさんでもお取組み頂ければ幸いです。

DTEシステム ブースタープロ スープラ トヨタ A90 SUPRA サブコン パワーアップ お手軽ブースタープロ本体(筐体)拡大図。デジタル信号インターフェイス対応&適応型センサーシステム搭載。DTE社が開発した安全で優れたオリジナルファームウエアで超高速処理。注文時にはその時点での最新バージョンをインストールして発送致します。6段階の任意調整可能。詳細は下記リンクご参照願います。 日々精進

A90 DTE SYSTEM

A90SUPRA現状

A90 SUPRA B48 B58 WERNHER TUNINGA90スープラ!ぼちぼち納車が始まったみたいで、各主力パーツメーカーさんもアフターマーケットの売れる法則に則り”トップレンジを中心として納車開始半年以内にフルラインナップでパーツをリリースする事”に必死だと思います。BMWにおける仕立てが国産車では考えられない物理組成だったり、目に見えない電子制御の対応と、、でも、ここで国産チューニングパーツメーカーさんが頑張れば今後の日本におけるBMWチューニングが飛躍的に進化&コストも抑えるでしょうからA90スープラ用製品開発における最大の恩恵は現世代BMWオーナーさんにあるのかもしれませんね。これが確立すれば弊社の業務を即転換(インポートからエクスポートへ)して立ち位置をキープしなくちゃ!とも考えてます。画像はGRガレージさいたま中央店さんのデモカーSZ!「カタログスペックでは200psもないから86より遅い」と、言う事は全くありません。ドイツ公表の197psは測定しても必ず197ps出てます。86のようにカタログスペック200psで実測168psって事はありませんし、なによりSZに積まれたB48の優れたトルク特性がクルマのキャラクターです。SZを創った人の意図を汲み取り、素性を曲げずに体感性能を中心に各パーツをアップデートする。が目下の目標であります。先に書いたアフターマーケットの売れる法則から大きく外れるかもしれませんが、電子制御の介在が最も少ない、機械式の心地よさを更に極めてスポーツカーの普遍的な楽しみが誰にでも体感できる仕立てを目指して。 日々精進

因みに今すぐご用意出来るA90スープラ用パーツは下記3点です。

DTE-POWERCONTROL

PPT-GEN4

HSI A90SUPRA B58/B48

 

DTEサブコンのアフターサービス

DTEシステム サブコンドイツDTEシステムGmbH社のサブコン筐体2つ。左は最上級モデルのパワーコントロール(特性の全く異なる3つのプログラムを内蔵&ブルートゥースで室内から操作可能)右が最強コスパのブースタープロ(筐体のボタンで6段階の調整が可能)どちらもハイスペックチップに搭載された超高速”適応型センサーシステム”を積んだ製品です。製品詳細は下記リンクをご参照頂いて、アフターサービス(有償アップデートプラン)のご案内。ドイツDTEシステム社で新しいプログラムが完成した場合、筐体をお送り頂きプログラムの更新が可能。またクルマを乗り換えた時、ハーネスだけの販売と同時に、次に乗るクルマ用のプログラムに入れ替えも可能と、、何だか至れり尽くせりです。各欧州車純正採用16ピンカプラー&ハーネスまで完全自社製造のDTE、買ってからもキッチリユーザーフォローを怠りません。と、輸入発売元ハンズトレーディングさん談。今後スタートするサービスプログラム担当の内田さんは幸いパソコンと数字に強いのでインストールSSTキットも「説明書ナシでも使えた、、やるしかなかったです。」と。で、現在スタートダッシュ中(本格販売開始)のDTEシステム社パワーコントロールと、ブースタープロ両方のプログラムはドイツで言うラステスト(最終更新済=最新版)ですので、当分はアップデートの必要はありません。ダウンサイジング+過給機搭載+オンザマルチプラットフォーム(単一エンジンを様々なモデルに搭載する)と言う現代のクルマ(エンジン)の組成を生かした新生代チューニングを是非とも体感してみて下さいね。 日々精進

DTE-SYSTEM

最強コスパ(1馬力¥979)ブースタープロ

DTE システム ブースタープロドイツDTEシステム社の宣伝ブログが続きますっ!欧州車方面の皆さん(ハンズさんのクライアント様)は「知ってるし、、」って感じでしょうが、今回は主にBMW製A90トヨタスープラにフォーカスしてご提案したいと思います。タイトルの通り、1馬力上げるためのコストが何と!たったの¥979っ!A90トヨタスープラ最上グレードRZ(6気筒3.0ターボB58エンジン搭載)のノーマル出力/トルクが340Ps/500Nmで、税別定価¥48,000-のブースタープロを装着する事により389Ps/577Nmのエンジンに変貌。このコスパ!しかも安全&簡単で、ドイツって凄いな。と、今更ながら感心します。話はA90トヨタスープラに戻りまして、6発B58エンジン積のRZの他、4発B48積SZ-R&SZ用もラインアップしております。ご参考までにSZ-R258Ps/350Nm>ブースタープロ装着後296Ps/417Nm、SZ197Ps/280Nm>ブースタープロ装着後222Ps/324Nm。

DTE システム ブースタープロここまで読んで頂いて、、「怪しいなコレ&コイツ(DTEブースタープロと説明している私)」って思う方に向けて追加説明。A90トヨタスープラに搭載される4気筒モデル2車種SZ-RとSZ。SZ-Rの258Psに対してSZは197Ps。出力差があるのにエンジン型式は同じ。この事の方が怪しいと思いませんか?メーカー研修の説明では”エンジン出力に対して税額が異なる国への対策”と聞いているかもしれませんね。その税金対策の他、BMWにおける各モデルのキャラクターに併せた特性やプライスレンジのバランスと言った事も要因で、つまりベースエンジンの一定出力はプログラムによって簡単に上げ下げ可能と言う事です。で、DTEブースタープロはエンジンECUに手を加える事なく、追加制御で出力&トルクを上げるのですが、エンジン&搭載ECUポテンシャルの余力を使うって感じの製品です。メーカーのDTEシステム社は、各エンジンの出力安全上限を熟知している技術集団ですので、安全の範囲内のパワーチューニングが楽しめます。下記リンクに製品詳細がございますのでご一読頂ければ幸いです。A90トヨタスープラをご検討頂いている方々はBMW製品欄のB58(6Cyl3.0)エンジンとB48(4Cyl2.0)をご確認してみて下さい。 日々精進

DTE-BOOSTRPRO

PPT-GEN4

PPT GEN4欧州車のスロコンと言えばPPT(ピーピーティー)!前職ハンズトレーディング時代に私が命名して、今回の新作もこの名前(PPT)に落ち着いたそうで嬉しい限り。イニシャル3文字に込めた思いはポルシェ9XXのような普遍性と、すこしずつ進化しつつ、根幹のユーティリティー(使いやすさ)は変わらない。と、言った感じで上画像がGEN4(第四世代/ジェネレーションフォー)の現物です。今回はデザインを請け負いまして、手に取ってボタンをポチポチ押して使いやすさも確認出来ましたので一安心。総発売元のハンズトレーディング内田さん曰く「やっと入荷して出荷が追いつかない、、汗汗」と。売れ続けているようで一安心。弊社も売らなくちゃ!と宣伝ブログが続きます。

PPT GEN4ドイツDTEシステム社製、ハンズトレーディング別注PPT-GEN4スロットルコントローラーの優位性は実用性能です。ただレスポンスが変わる>変ったから商品価値がある、、は、ドイツでは通用しないみたいです。勿論レスポンスが変わって体感感覚が変わる楽しみはPPTにもありますが、それより大事な事はアクセルレスポンスを変えても運転し辛くならない性能です。何故可能なのか?はアクセルオフ>ペダルを戻す(離す)側の制御もしているからで、実は踏む時より、離す時の方が大事だとPPTを体験して解りました。いっぺんにモロモロ書いてもアレだと思いますので、続きは後ほど。詳細は下記リンクご参照願います。 日々精進

PPT-GEN4