ドイツZFレースエンジニアリング社、ダイエルベッカー来日。

ZFレースエンジニアリング ダニエルベッカー ヴェルナー

私のドイツ語の先生兼、ドイツZFレースエンジニアリング(旧SACHSレースエンジニアリング)社のアジア統括セールスマネージャー”ダニエルベッカー氏”が静かに来日。新製品リリースの明確なプレゼンを持たず何で今頃来たの?と消極的になっても仕方がないので顧客訪問&XaCARさんに取材して頂きました。えー、因みにダニエル氏、クルマより音楽が好き。ドラムの腕は相当らしくドイツ人ならではのスコーピオンズ超リスペクトだそうです。最近マツダを新車で購入したらしく、何故自社商品SACHSパフォーマンスコイルオーバーが装着できるドイツ車を買わないのかが不思議でなりません。ドイツでのサスペンション新製品開発の初期ロッドは通常50台からで、その50台、、今は凄く重いんです、、。で50作った後は1台からでも買えるので、世界のSACHS代理店は誰かが言い出す(初期50の引き受け)の待って、必要な分だけ買うって作戦のようですが、、その前に、50人くらい居るでしょ。ZFの社員って13万5千人!居るんですよ(そのうちレースエンジニアリング社は約80名)社内リサーチと社販割引でどんなクルマのサスペンションでも50台は内輪で捌いてほしいと思う今日この頃。

ZFレースエンジニアリング ダニエルベッカー ヴェルナー

で、インタビュー取材です。ライターはおなじみのヤマモトシンヤ先生。今回もありがとうございました。詳細は次号のXaCAR誌をご覧頂ければ幸いです。

ブルーエリア高木 ZFレースエンジニアリング ダニエルベッカー ヴェルナー

で、こちらも毎度お世話になっておりますマイネッツ浦和美園店、ブルーエリアマスタースタッフの高木さん。関東圏で初のZFレースエンジニアリング社公認の取扱店となり私も一安心。引き続き宜しくお願い申し上げます、、、インタビューに同席頂き、モロモロの機密情報は、、角のは禁止ですが(笑)どんどん営業トークとしてご活用頂ければ幸いです。

ZFレースエンジニアリング ダニエルベッカー ヴェルナー ヤマモトシンヤ

無事取材を終えたダニエルとヤマモトシンヤ先生。次はドイツで!と言う事なので自分も来年ですかね?同行しようと思います。Danke!!

David Douglas Duncan

David Douglas Duncan 300SL SACHS WERNHER

写真家デビッドダグラスダンカン。その存在を知ったのは松延さんのジェントリー誌にて。盗まれた愛車300SLを買いなおし、愛車と共に世界を旅して写真を撮る。理想の人生、、って感じです。でメルセデスW196-300SLにもSACHSダンパーが実装備されております。同時代のレーシングメルセデスにもSACHSダンパーが搭載されておりましたから定番的な選択だったと思います。