鈴鹿サーキット試乗会、御礼。

sachs wernher ザックスダンパー ヴェルナー先日、小雨降る鈴鹿サーキットにお集まり頂いた皆様に感謝!着実に、、ゆっくりとではありますが、我々の86用SACHSサスペンションセットの凄さにご理解頂ける方が増えてきました。次元の違い、それこそが本来の86のポテンシャル。性能をスポイルすることなく、積み上げて行く。ザックスパフォーマンスコイルオーバーはそんなサスペンションセットです。

レギュラーメンバー(笑)ですね。エリア86マスタースタッフ敏腕ドライバー各位も驚く高性能!事実、エリア86マスタースタッフさんや、マスタースタッフトレーナーの皆さんのザックスパフォーマンスコイルポーバーの装着率、、つまりユーザーさん。と言う方が結構いらっしゃいます、、。毎度ありがとーございます!

sachs wernher ザックスダンパー ヴェルナーマスタースタッフさんの86用ザックス装着率、、、えー、、実は以前から輸入車用製品でも同じ現象が起きておりました。自動車メーカーの開発、各エンジニアさん等関係者需要が非常ーーーに高いサスペンションセットが通称RS-1ことザックスパフォーマンスコイルオーバーなんです。じゃ、普通の方がユーザーな場合、、そうですね、私は”素人ではなくかなりの目利き”だと思って尊敬しております。

sachs wernher ザックスダンパー ヴェルナーコースインオペレーション風景。サスペンションも凄いですが、私たちの86、、いい音してました。流石アーキュレーのシェーフェルンド!

sachs wernher ザックスダンパー ヴェルナーこちらはピットインオペレーション!ね!格好いいでしょ!レーサーだからバックできない、、のではなく、格好の為、エリア86マスタースタッフさんが率先して押して下さいました!

sachs wernher ザックスダンパー ヴェルナー今回の走行会イベント最大の功労者!スポーツカー86を心から愛して、ユーザーと共に”日本のスポーツカー文化を伝承する”その信念の元、ほぼ一日中走り回りながらのお仕事、、本当にご苦労様でした。私も皆さんの一員でありたい、、、今回のご苦労様でした!ありがとうございます!皆様、引き続き宜しくお願い申し上げます!

久々の趣味ネタ。

sachs wernher ザックスダンパー ヴェルナーえーここ最近、、(ここ数年かも)製品とプロモーション以外の掲載が殆ど無い事に気が付きました。以前はもっとゆるく、、更新しておりまして、多分ソコが方面皆さんのツボだったんじゃないかな?と思い情報のバランスに気を使いながら久々”趣味のネタ”です。さて、伊国のバイクマガジンRiders!、、某ハースト社現地法人婦人画法社の某松延さんが編集長に就任するのをただひたすら待っておりまして、その間は有名洋書屋さんにて稀に入手しながら拝見しております。今回の特集は表紙のマシン(だと思う)。これこそが今の私の理想!Magniです!MVアグスタブリターレ800cc3気筒!例の逆回転クランクを搭載した最新水冷エンジンを、往年の銅管パイプフレームで組み上げたスペシャルフレームに搭載。ネオクラシックカフェレーサーのあるべき姿だと思いました。

ドイツにて、空前の秋田犬ブーム。

sachs wernher ザックスダンパー ヴェルナー前回、ドイツZFレースエンジニアリング社の弊社担当、セールスエンジニア”ダニエルさん”が来日した際、「ハチ公を見に行きたいのだけれども、、」と。聞く所によると、リチャードギアの映画がドイツ国内で大変好評らしく、秋田犬が空前のブームだそうです。これに便乗して輸出ビジネスを考える程、今輸入業務(ユーロ建て輸入製品の販売)が窮地であります、、が、命有る扱いなんて無理なので、私は引き続きドイツの優れた製品を輸入して販売に努めますよ。、、、私の田舎が秋田でありまして、ちょっと誇らしい話でもありました。

某実、訪問。

TRD トヨタ ヴェルナー

某日、秘密会議と言う名目で社食をご馳走になって帰ってきました。86方面の相談、、えーNGな件を全てご指摘頂き先に進みます。クルマが心底式だった町田先輩に自社の86に乗りませんか?と聞いたところ、「趣味で仕事を思い出すのは嫌なんだ」と納得しつつ少し寂しい気がしました。

SHOWAチューンのダンパーセッターがSACHS試乗!

sachs wernher ザックスダンパー ヴェルナー業界に激震が!、、、走るかもしれません(嘘)。SPKさん主催、86カスタマイズドパーティー商品構成で一番売れているサスペンションセット(純正形状)がSHOWAさんだと思います。開発目的は我々ザックスと同じ、純正性能をスポイルする事無く性能を底上げする事。ただ手法はSACHS、SHOWA異なりまして、SHOWAさんはコストパフォーマンスに優れた(OEMですしね)純正形状シェルと中央発條のスプリングをセットして販売されています。売れている!そしてユーザーの評価も良い!、、私もそうだと思います、、。そんな状況で気になるSHOWAさん、、がブースにお立ち寄り頂き、テスト試乗して下さいました!わー!SHOWAさんもSACHSパフォーマンスコイルオーバーが気になっていた!とおっしゃって頂き、ただただ光栄です!で、気になる評価は「ほぼOK-GOOD」でした。リア側の突き上げ感を指摘されるかな?と思ったらその通りで、その対策は86が戻ってきたら作業します。(前々から思っていたリア7~9mm車高上げ)

TOYOTA86 CUSTOMIZE CATALOGUE 2015

sachs wernher ザックスダンパー ヴェルナー昨日、弊社の86製品セールスパートナー”ネッツトヨタ前橋おおしま店”さんを訪問。2015年度の86最新カタログ一式を頂きました。で、アクセサリーカタログ07ページにSACHS(ザックス)ダンパーが掲載されておりました!勿論これは私たちの扱い製品ではなく、ドイツZFがZFジャパン経由でトヨタさんに納めさせて頂いた製品です。と言うわけで私には全く関係ないのですが、この製品があって(製品企画があって)通称RS-1ことSACHSパフォーマンスコイルオ-バーサスペンションセットが製品化できた事を考えれば、それはもう嬉しいですよ!20年以上SACHSブランドに携わってきましたが、こんな嬉しい事は久々です。

sachs wernher ザックスダンパー ヴェルナーさて、86方面の皆さんの興味ドコロはトヨタ純正SACHSダンパーセット税別¥70,000-と弊社のSACHSパフォーマンスコイルオーバー税別¥320,000-の性能差だと思います、、、、が、個人的には比較するモノではなく、今買える純正形状のベスト1と、車高調整のベスト1。どちらもSACHS。純正形状SACHSの優位性はずばり”固定減衰のセットアップ!です。構造自体は至ってシンプルな正立ツインチューブ伸び、縮み共に初期レスポンス(クルマの動き出しと同時に減衰が追従)を重視。中~高速域はヨーロッパ車のスポーツモデル同様のなだらかな立ち上がりです。ドイツ設計でレクサスISF純正同様韓国工場にて生産(脅威のお手頃)。車高はあまり下げない方が使いやすいと思います。一方の車高調整、通称RS-1ことSACHSパフォーマンスコイルオーバーはドイツ設計、ドイツのレース部隊(主にカレラカップ&シロッコカップダンパーエンジニア)が一台一台手作業によるハンドメイドビルド。前後倒立式!車高と1way減衰の変更が可能。減衰調整はダンパー下部のダイヤルにて簡単に調整が可能。ストリートの優位性、つまり乗り心地に関しては助手席の彼女&奥様から文句が出ること無く、サーキット走行までしっかり対応できます!語りつくせません、、が大きな違いは”走りの質感”が純正SACHSより、更に洗練されている。と言った感じでしょうかね?、、兎に角時代はSACHS!引き続き宜しくお願い申し上げます。

Porsche 986Boxster PCS.

sachs wernher ザックスダンパー ヴェルナーPorscheとTOYOTA86と矢沢永吉をコヨナク愛する北海道のクライアント様からご注文を頂きました!初代ボクスター用ザックスPCS(パフォーマンスクラッチ)。時を経て986がいよいよ輝く時が来ましたね。986ボクスターオーナー様に感謝!SACHSのPCSを指定して下さってありがとうございました!

sachs wernher ザックスダンパー ヴェルナー今回ご指定頂いたのはこの製品。カバー(プレッシャープレート)と、オーガニックディスクです。カバーはご覧の通り純正品(Porsche純正のSACHSが供給)然としたプレス成形のハウジングにセットアップされています。これでクラッチユニットの全体的な強度はほぼ純正同等(圧着力は別)であり、これこそがザックスPCSの最も優れた特性と言えます。スポーツクラッチを選ぶ際、皆さんが見落としがちな”壊れる性能”がちゃんと装備されております。オーバーリードした場合、エンジンクランクとミッションを保護してクラッチユニットだけ綺麗に壊れる事。真のチューニングとは、元の性能を犠牲にしないで積み上げて行く事だと重います。その性能を担保した上で、ダイヤフラムスプリングとプレートの炭素鋼材を見直し、ディスクは環境配慮(ニュルブルクリンクノルドシュライフェ指定)と高負荷性能を可能にしたザックス独自のスポーツオーガニック摩材を採用。サスペンション同様、組み上げてしまえば見えない製品ですが、その性能はタイヤが動き出した瞬間から常に発揮されます。安全で高性能!ニュル24時間エントラーの約70%が選ぶ訳もそこにあるように思います。

■協力 マルマン・モーターズ様>web>http://www.maruman-motors.com/

全国の敏腕86マスタースタッフが集合。

sachs wernher ザックスダンパー ヴェルナー先ず、ご試乗下さったエリア86マスタースタッフ皆様、ご協力下さったグッドイヤータイヤ様、主催の三栄書房皆様に感謝!この度はありがとうございました!”ドライヴィングキッズウイズトヨタ!”この掛け声の通り、心底クルマを楽しむオトナの姿がありました!格好いいすね!山口さん、松本さんありがとうございました!、、松本さんのマイ86にはスグにでもSACHSパフォーマンスコイルオーバーが必要かもしれませんね!

sachs wernher ザックスダンパー ヴェルナー主催の三栄書房さんから、事前情報を頂いておりまして、、、何と!弊社のデモカー(試乗車)が一番人気!で何としても乗りたいクルマ、、つまり店舗販売した製品だと聞きビックリしました!私たちの活動は一部のエリア86マスタースタッフさんを介して、トヨタ本部(主に企画部)から「ここ(弊社)は他のサードパーティーとは少し違ったアプローチで面白い!サービスフォローに関しても好感が持てる」と聞いておりましたが、まさかのフル稼働!(試乗の開き時間、事実上ゼロ)で、まさかの本人(と思われる)企画上層部の方にもご試乗頂き「これはいい!」と太鼓判を頂きました。弊社デモカー性能のセットアップを”先代Porscheのケイマン&ボクスターに近い、、もしかしたらソレ以上のシャーシ性能かもしれませんよ。”とお伝えしたところ、、「あ!そうだね、俺の(987ボクスター)よりイイかも、、。」と、ご理解頂きました。やはり企画部は外車の話も通じる方々でした。

sachs wernher ザックスダンパー ヴェルナー当日は86のチーフエンジニア多田さんともお話させて頂き、(この話はおもしろいので次回)更に旧知のレーサー”田ケ原選手!”にも会場で遭遇。ご協力頂いたグッドイヤータイヤの開発者から実戦的な空気圧のヒントを頂きました。びっくりしたのがSPKさんが販売するSHOWAサスペンションセットのセッターさんが興味を持ってご試乗下さった事です。「GOOD!」のインプレッションと、更にの改善点、、これは私もアレ?と思う部分でしたので、早速取り組みます。改善策はリアの車高を現状から8mmほど上げればOKかと思います。あ!そうそう!プロドライブホイールの鈴木さんにも感謝!ありがとうございます!

sachs wernher ザックスダンパー ヴェルナーDRIVING KIDS WITH TOYOTA ! 皆様に感謝!

2015年、ジャイアン野口。

sachs wernher ザックスダンパー ヴェルナー2015年になって初めてアルツモトーレンバウさんに訪問。で、アルツ代表”ジャイアン野口”こと野口社長はご覧の通り”木こりの泉”から出現した如く、穏やかで爽やかな雰囲気でした。先に開催された関西方面重鎮新年会(弊社会長と社長が参加したらしい)では忠賢席の中心人物(本人は緊張と、、)となり業界を背負う自負と共に今年の”ジャイアン野口単独リサイタル”の準備に余念がありません。そんなこんなで弊社SACHS2015年プロモーションにもご賛同頂き、新作RS-1パフォーマンスコイルオーバーF2X3Xをご購入頂きました。今回もありがとうございます!