カテゴリー別アーカイブ: Motor Cycle

バリバリゴースト、伝説が再始動?

HONDA CONCEPT CB-F  CB750FB バリバリ伝説2 つい先日発表されたホンダCBのコンセプトバイク。例の如く誰に頼まれた訳でもないのですが、2つのモディファイパターンを作成(暇なので)。先ずはコチラ、タイプガンボーイ!ご存知”バリバリ伝説”巨摩郡の愛車CB750FB外装カラーに変更。シートカウルはコンセプトモデルに這わせてCB750FBの造型を移植。タイヤとのクリアランスによりリア泥よけがあった方がバランス良しです。テールランプもCB750FBオリジナルの大きさで、当時のドレスアップ(スペンサーマシン風)手法を取り入れ奥に押し込んだ感じです。因みに86のスペシャルテクニカルショップ”マルマンモーターズまんねん社長様”のCBFも同じ仕様です。さてさてCB750FB巨摩郡仕様/バリバリ伝説仕様ですが、個人的にはアリな気がします。もしかしたらイニシャルD(AE86)からMFゴースト(86)の成功例からしげの秀一先生が既に描き始めているかもしれませんよ。バリバリ伝説の続編、バリバリゴースト(仮題)を。秀吉の妹の息子が新型刀を駆り、巨摩郡の息子がコンセプトCB-Fを駆ってストリートバトル。展開の中盤で往年のマシンをチラ出ししたりすると、私を含めた当時から夢中だった読者皆さんが”おおおぅ!”と、大喜び間違いなし!話を伝え説く事が伝説ですので、続編こそ本筋かもしれませんね。HONDA CONCEPT CB-F  HONDA フレディスペンサー一方こちらはホンモノのワークスマシン風。AMAスーパーバイク、フレディスペンサーのオマージュモデル。拘ったのはシートアングルで、スペンサーの要望を汲んで少し角度を上げました。至って普通の仕上がりですので、似合うのはコチラですね。さて、この2台を切り貼りして解った事はガソリンタンクが圧倒的にデカイ。クランク搭載位置が変わり(高い重心位置)エンジンの前後長が短くコンパクトになった事と、水冷エンジン故シリンダーフィンが不要な事で、従来、バイクの印象を決める部分がエンジンだったのに対し、今はガソリンタンクがバイクの顔って事か、、何て思いました。ホンダCBコンセプトFっ!今から楽しみですね。 日々精進

 

一升瓶を背負った刀(GXS1100S)

SUZUKI GSX 1100S KATANA カタナ 刀湾岸ミッドナイトや、あいつとララバイの作者、楠みちはる先生曰く「連載を持たない時でも鍛錬の為にタイヤを描き続けている。」と。あの迫力と説得力のディテールは毎日の積み重ねなんだと実感。作り話だけど瞬間的なリアルを感じさせる仕立ては、創り手のぶれない姿勢(整合性)。自分も戒めて”言ってる事とやってる(売っている)事がズレないように”心がけます。さて、お題目の”一升瓶を背負ったスズキGSX1100S刀。自分の幼馴染の話なんですが、結婚の許しをもらう為に東京の下町から山口県まで雨の中、一升瓶を背負って刀で走り続け、当時アイドルだった彼女さんと無事結婚。、、東本昌平先生の漫画のようなストーリーですが事実らしい(聞いた話)。「三つ子の魂百まで」とはホント良く言ったものでありまして、小学校に上がる前、たった数年間だけ共に過ごした時間が私と幼馴染たっちゃん(西尾巧君)の”憧れを追う人生”が始まり今も続いているように感じます。 

wernher inc日々精進

BIMOTA-KAWASAKI

KAWASAKI BIMOTOA Z900RSミラノ2019エイクマモトショウにてカワサキH2エンジンを搭載したビモータが話題になってましたがハブステア式に萌えない私は全くのノーマーク。しかし話題の原因はその新作バイクだけじゃなく、欧州カワサキが出資する新しいビモータ”BIMOTA-SPA”だったようでびっくり!そもそもビモータ社が休眠中って事も知らず、、どーりでヴィンテージビモーター専門の会社が起きたり(元ファクトリースタッフが運営するイタリアの会社)している訳ですね。で、私が経営者だったら真っ先に取り組む案件として、現行Z900RSをベースとする新生KBシリーズ、その名もBIMOTA-KB01!フェアリングの有無は好みかもしれません。タンクと画像はありませんが、懐かしデザインのシングルシートを装備して”おじさんの為のカフェレーサー”を製作!手練れたバイクファンなら「これくらい自分で出来る」って事になるかもしれませんが、それはビモータじゃありません。コテコテのイタリアンデザインとb印の神々しい刻印を手に入れるにはお金で解決するしかありません。Z900RS新車価格が約¥135万、ビモータの認証とボディパーツ仮装を装備して¥280万!台数も見込めると思いませんか?

KAWASAKI BIMOTOA Z900RS、、、と妄想しつつ、人の会社の事より自分の会社の事ですよね。先月は起業以来2番目に悪い数字、通称”全面安”を出してしまって今月は押せ押せです。 日々精進

XTのある日常

YAMAHA XT500 短い盆休み中に少しだけ乗る予定がエンジン始動のみ(汗)。画像は朝5時から庭の雑草を手で抜き芝刈り機で刈って、植え込みの端をはさみで仕上げた夕方6時過ぎ。仕事が一段落する来月からライダーに戻ります! 日々精進

人生2度目のリプール

バブアー インターナショナルここ最近、仕事と商品の事しかブログに書いてない事が判明、、このままでは「ヴェルナーは売れなくて辛いんだな、、可哀想」に思われるつまり”痛いブログ”になりかねないので趣味の作業を掲載。今年1月にバブアーコートにオイルを塗る”楽しいオイルプレイ”をリプレイしました。今度は世界のライダーが愛用するバブアー、タイプインターナショナルにぬりぬり(笑)。

バブアー インターナショナルこちらビフォーア。オイルが抜けきって普通に使えそうですが、そーじゃないんですね。裏生地の水玉がいやらしい感じです。丁度今の私50代前半が着ると「キモイおじさん」に見られそうなのですが55歳を越えたらOKな「おしゃれなお爺さん」になれそうな気がします。ま、チャック締めて見せなければいいんですよね、、その前に、誰もあんたなんか見てないからって話しです。あはは。

バブアー インターナショナルこちらアフター。オイルでベトベトです。バブアーリプールのプロフェッショナルが言うには「オイルを塗って半年以上立たないとオイルが繊維に浸透しない。」と、ありまして、前回塗ったバブアー、タイプビューフォートSFのオイル浸透に8ヵ月かかりました。乾かないうちに着ると虫とか泥とか、、気長に浸透を待ちます。 日々精進

人生初のリプール

NOVUS MOTO

WERNHER乗り物の動力が内燃機関から電気モーターへと変わる大転換期直前の今、この先も乗り物の仕事を続けたいので自由研究しております。画像は目下キックスターターにて世界中から開発予算獲得中の電動バイクメーカーさんの製品。何故か86と。で、このスリムで自転車みたいなバイクが200N/mのトルクを持ってるって事と、お買い得とも思われる提示価格にびっくり。モーター出力単価って、私が思っているより全然安くなっている気がしますし、製品の普及と共に更に安く、、パソコンのメモリ同等の市場普及価格になるんでしょうね。ココがマニュファクチャラーになれる人生最後のチャンスかな?とも思ってます。フォルクスワーゲングループAudiが、傘下のドゥカティをハーレーに売却する直前で思い留まった案件は”オール電化の道”が確定したからだと理解してまして、それは更に洗練された造形を持つドゥカティの誕生を意味します。自宅から喫茶店(カフェ)まで行けて見せびらかしつつヒョイとまたがり立ち去る>カフェレーサーの意味を考えると上画像のような質量で十分と、、。クルマの動力含め、大転換期に日々精進

私的問題、無限MRV

MUGEN MRV1400無限さんのOHV1400ccVツインエンジン単体を販売するかもしれない件、このまま完成車として販売すればいいんじゃないか!と、当たり前のように今頃思ってきました。オンボードディスクのエアスクープも素敵ですね。 日々精進

SUBCAR TAIWAN謹製、特注ヘルメットバイザー完成

ヘルメットバイザー レザー 革製 サブカー台湾 呂さん SUBCAR TAIWAN先日海外通販で買ったヘルメットにバイザーが付属されて居なく、少し残念と思いつつ、サイズが奇跡的にぴったりだったので良し!で、バイザーを買い足さなくちゃと思ったのですが国内正規ディーラーが無い製品&バイザーボタンのピッチも独特、、これはもう台湾在住の呂先生にお願いするしかない!と、革製のバイザーを特注。

ヘルメットバイザー レザー 革製 サブカー台湾 呂さん SUBCAR TAIWAN留めボタンの三角点距離をお伝えして後は全てお任せ。「黒い革材が少しだけ残ってたからヘルメットのデザインに馴染むように黒にした。そして、スペシャル社長仕様のエアランナー(空冷エンジン)ボタンもつけて置いたよ。」と。国を越えて共通の趣味趣向が分かり合える事が何より嬉しい。呂先生に感謝!

ヘルメットバイザー レザー 革製 サブカー台湾 呂さん SUBCAR TAIWANバイザーをお湯でうるかしてヘナヘナにした後、水分を拭き取り3点ボタンを引っ張りながら留めた後、好きなカタチに整える。バイザーの先端をそり返してダックテール風仕上げも可能ですが、今回は見た目正統派ダートレーサー風にて完成。日々精進

ヘルメットを新調

カブ主案件

HONDA CT50 HUNTER CUB物置から発掘!そーいえば、これを持っていたんだっけ、、これさえあれば安心なCT50ハンターカブでカブ主案件。10年ほど前に自分と同じ年の製品が欲しくなり、ロレックスのヴィンテージを物色したのですが、予算が全然届かずじゃあ他の分野でとモロモロ探したところ1968年製のこれが手元に来ました。思えば20代は消費の時代でお財布も軽く&運動量も多く今買えるモノの中から選んだ気がします。30代後半から40代前半はほぼ物欲のまま”欲しいモノを買い勉強&趣味の精度を上げる事を実行”。40代後半からこの先の50代は”趣味を吟味して研ぎ澄ます事”と考えています。研ぐ=減らすです。本当に人生の伴侶と成りうるモノだけを残して60代以降を共に生きるって感じで、CT50ハンターカブはアリな気がして楽しみ。

HONDA CUB CT50 ハンターカブ老後の楽しみを磨きつつ、日々精進